お笑いタレントの志村けんさん(70)が新型コロナウイルスに感染して重度の肺炎となり、入院していると、所属事務所が3月25日発表した。



 発表によると、志村さんは17日、倦怠(けんたい)感があったため自宅で療養。19日に発熱・呼吸困難の症状が出たという。20日に訪問診察をした医師の判断で東京都内の病院に搬送され、重度の肺炎と診断されて入院した。新型コロナウイルスの検査を受け、23日夜に感染が確認された。

 現在も入院中で、感染経路は不明だ。ただ、濃厚接触者の特定はすでに終わり、対象者は自宅待機しているという。

 所属事務所は「医療関係者の皆様、番組スタッフ並びに共演者の皆様、いつも応援して下さっているファンの皆様に、多大なる感謝と、ご心配をお掛けしてしまっていることをお詫び申し上げると共に、本人も症状の回復に全力を努めておりますので、どうか静かに見守っていただけますと幸いです」とした。

 志村さんは、日本テレビ系「天才!志村動物園」などにレギュラー出演している。「キネマの神様」(山田洋次監督)に映画で初の主演が決まっており、4月から出演場面を撮影する予定だった。

 新型コロナウイルスの感染拡大は、全国的に続いている。24日午後11時現在、東京都では17人の感染報告があり、都道府県別の感染者数で最多となった。

 著名人の感染も少しずつ増えている。

 日本サッカー協会は17日に、田嶋幸三会長(62)が新型コロナウイルスの陽性反応が出たと発表している。2月28日から海外出張で英国、オランダ、米国へ渡航し、8日に帰国した。田嶋会長は、日本オリンピック委員会副会長のほか、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会理事も務めている。

 米国では、俳優・トム・ハンクスさん(63)と妻で女優のリタ・ウィルソンさん(63)が感染した。ハンクスさんが11日にツイッターで明らかにしたもので、豪州に滞在中に体調不良のため検査を受けたところ、陽性と判明したという。「みんな気をつけて!」などと書き込んでいる。(本誌取材班)

※週刊朝日オンライン限定記事