その凄惨さに多くの人が衝撃を受けた千葉県野田市の栗原心愛(みあ)さん虐待死事件。懲役16年の実刑判決を出された、父親の勇一郎被告はどのような人物なのか。事件の背景や裁判の様子を取材したAERA 2020年3月30日号の記事を紹介する。



*  *  *
「被告を懲役16年とする」

 3月19日午前11時過ぎ、千葉地裁201号法廷。裁判長の判決言い渡しを、証言台に立った栗原勇一郎被告(42)は身じろぎせず聞いた後、一礼して自席へ戻った。

 千葉県野田市で2019年1月、小学4年の栗原心愛(みあ)さん(当時10歳)が死亡した事件。心愛さんを虐待死させたとして、傷害致死罪などに問われた父親の勇一郎被告に対し、千葉地裁は懲役16年(求刑同18年)の実刑判決を言い渡した。

 黒のスーツに青のネクタイ、めがねを身につけた勇一郎被告は、判決理由が朗読される約1時間、まっすぐ前を見たまま。表情を変えることなく淡々とした様子で聞いていた。

 懲役16年は児童虐待事件としては異例だ。過去、同種の虐待事件では10年前後の判決が多く、東京都目黒区で5歳の女の子が虐待を受け死亡した事件では昨年、東京地裁が父親に懲役13年を言い渡した。今回の判決は、勇一郎被告が心愛さんに食事や十分な睡眠を与えず、冬に冷水シャワーを浴びせるなど「もはや虐待の言葉では表現できず、拷問、なぶり殺し」と強く訴えた検察側の主張に沿った量刑となった。もちろん、その罪を考えれば、どんな量刑も見合うものではないのだが。

 しかしなぜ、尋常では考えられないほど凄惨で非道な事件が起きたのか。

「典型的な虐待加害者による事件です」

 DV被害者の支援団体「エープラス」代表理事で、多くの虐待加害者とも関わってきた吉祥(よしざき)眞佐緒さん(50)は言う。

「まず、外面がいいのが虐待加害者の特徴。その一方で家庭では自己中心的。この家は俺の家で、俺を中心に回っていると考えているからです」

 吉祥さんは6日の被告人質問を傍聴したが、被告の自己弁護に終始した発言が印象に残った。この日は心愛さんの死亡当日の様子について被告への質問が続いた。検察官から、心愛さんに食事を与えなかったことなど虐待の詳細について踏み込んで質問されると、被告は「覚えていない」と繰り返し、亡くなる2日前から風呂場に立たせ続けたことについては「心愛が自分から『立っている』と言ったので」と自己弁護を繰り返した。

「虐待加害者は『覚えていない』と言えば、それ以上追及されることはないとわかっています。一方で、認めたら自分の人生が台無しになるとわかっているので、全力で否定してきます」(吉祥さん)

 被告は法廷で何度も「ごめんなさい」と謝ったが、これも虐待加害者に共通の行為だという。

「謝れば許されるという経験を何度もしているからです。謝ることで今までのことをなかったことにしてもらう。リセットボタンを押す感じです。逆に、『謝っている自分は偉い』と考えていると思います」(同)

 それも、自分の方こそ被害者という意識があるからだと、吉祥さんは話す。

「心愛さんが亡くなったのも、心愛さんに原因があったと考えているのではないでしょうか。心愛さんを立たせたのも押さえつけたのも、したくなかったのにさせられたという被害者意識です。それなのに自分は犯人に仕立てられ、逮捕された。そんな俺ってかわいそう、という思いです。だから、よく泣きます。法廷で被告が流した涙は、自分がかわいそうと思って流す涙でしょう」

 勇一郎被告の暴力性、残虐性はどこからきたのか。吉祥さんは言う。

「勇一郎被告が育った家庭もまた、父親の権限が強かったという報告があり、家では男である自分が王様だと刷り込まれていったのではないか。そんな歪んだ価値観の連鎖が起きたのではないかと思います」

(編集部・野村昌二)

※AERA 2020年3月30日号より抜粋