天皇陛下が即位されて、新時代の令和が幕を開けてから5月1日で1年を迎える。雅子さまも即位関連の儀式・行事にすべてご出席をされて、皇后としての務めを果たされた。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大の余波は皇室にも及んでいる。ジャーナリスト・友納尚子氏がリポートする。



 現在の雅子さまは、御所からお出掛けになることはほとんどないといわれている。御所内で国内の福祉施設や被災地の仮設住宅などで新型コロナウイルス感染被害が広がっていないかということや感染対策について気になさっているという。職員や関係者に尋ねながら国民に気持ちを寄せていた。

 今年2月に日本国内でクルーズ船の乗員、乗客が新型コロナウイルスに感染した直後から、両陛下は宮内庁の医師などからウイルスの特徴などについて折に触れてお聞きになってこられていた。

 3月になると、即位後初の外国訪問先となる予定だった英国のチャールズ皇太子に新型コロナウイルスの陽性反応が出たと発表。両陛下は大変ご心配をされたといわれた。その2日後に英国のジョンソン首相も感染していることが判明した。

 同時に日本国内でも感染が拡大していることから、多くの情報を得られようとする姿勢が見受けられたという。宮内庁職員もマスク姿で従事する毎日だった。

 そんな中、唯一、明るいニュースは、愛子内親王殿下が学習院女子高等科のご卒業(3月22日)を迎えられたことだった。

 卒業式はマスク着用を原則として、卒業する生徒とその保護者のみが出席。両陛下は、感染予防のためご出席はなさらずに玄関先で愛子さまを見送ったといわれた。愛子さまは一度だけ振り返り、大きく手を振られたといい、式にはお一人でご出席された。

 マスク姿の愛子さまは、報道陣から「ご卒業おめでとうございます」と声を掛けられると、

「ありがとうございます」

 と笑顔で応えられた。

 卒業式後の夕方、両陛下は愛子さまの卒業にあたってご感想を発表されたが、愛子さまのご成長と学校関係者などへの感謝の意とあわせてコロナ感染についても次のように述べられていた。

<現在、新型コロナウイルス感染が拡大していることを案じ、我が国の国民、そして世界の多くの人々が直面している様々な困難や苦労に深く思いを致しています>

 コロナウイルス感染は、国内外で確実に拡大していった。4月5日には、英国エリザベス女王がビデオメッセージを公開。日本のメディアの中には、陛下も国民に向けてビデオメッセージを発表するのか期待する記事もあった。

 両陛下は、一向に終息しないウイルス感染の情報を日々収集され、国民のために何ができるのか模索なさっていたという。

 同月10日、両陛下は新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の尾身茂副座長から、現状についてのご進講を受けられた。

 陛下は尾身副座長を含めた現場で力を尽くす医療関係者に感謝の言葉を述べられた。さらに感染者の人数が増えていることも憂慮されたという。

<この度の感染症の拡大は、人類にとって大きな試練であり、我が国でも数多くの命が危険にさらされたり、多くの人々が様々な困難に直面したりしていることを深く案じています。今後、私たち皆がなお一層心を一つにして力を合わせながら、この感染症を抑え込み、現在の難しい状況を乗り越えていくことを心から願っています>というお言葉を尾身副座長に掛けられた。

「陛下は『オーバーシュートを回避するにはどういうことが必要なのか』ということや『国民が一丸となって乗り越えないといけない病気なんですね』と何度も仰っていたといいます。SARSとの違いやヨーロッパとの違いにもずいぶんご関心を示されていたと尾身副座長はお話しになっていました。また両陛下はEUは感染拡大でロックダウンをしているのに対し日本の場合は、8割の接触削減とした理由についても、ご関心を示されていたそうです」(宮内記者)

 両陛下は、コロナウイルスについてよくお調べになっているご様子で、ご進講のときも熱心にメモを取られていたという。

 陛下が新型コロナウイルスに感染した方々や家族にお見舞いの言葉を述べられたのは、2月23日の60歳の誕生日に先立った会見、愛子さまのご卒業のご感想に次いで3回目だった。陛下はビデオメッセージでなくとも国民に伝わるタイミングでご発言なさっていた。

 宮内庁も定例会見の中で、「陛下は折に触れ国民にお気持ちを伝えていきたいというお気持ちがあることを拝察」と述べていた。

 赤坂御所に2回目の専門家を招いたのは、4月15日のこと。厚生労働省の鈴木康裕医務技監は、政府の実務担当の統括でもあることから、両陛下は治療薬とワクチンの研究・開発に向けた取り組みについて理解を深められたという。

 続けて23日には、日本赤十字社の社長、副社長からも医療現場の現状についてお聞きになる予定だったが、延期となった。

 日赤は雅子さまが名誉総裁を務められているが、5月の全国大会は中止となった。

 次のご進講は、コロナの影響による経済、行政の話を予定しているというが、感染状況によっては異なってくるかもしれないという。初の園遊会も中止となった。

※週刊朝日  2020年5月8‐15日号より抜粋