新型コロナウイルス感染拡大に伴い、「コロナ差別」が日本各地で起きている。長野県、徳島県、岩手県の状況を伝えるとともに、なぜ差別が起きるのかを東京都立大学教授で社会学者の宮台真司氏に読み解いてもらった。



 政府はゴールデンウィークを前に、都道府県をまたぐ不要不急の移動の自粛を呼びかけた。そんななか、長野県佐久市で、飲食店の駐車場に止めていた県外ナンバーの車の写真がツイッター上にさらされる嫌がらせが発生した。

 その後、ツイートは削除されたが、ブログなどで取り上げて告発したのは地域ブロガーの櫻井泰斗さん(37)。6年前、同市の隣の長野県軽井沢町に移住してきた。

「ツイートには『狭い店に来られたら脅威』というようなことが書かれており、それに賛同する声が多かったのには危機意識を覚えました。県外ナンバーというだけで、観光か他に事情があるのか、事実確認もなしに、私刑に処す。行き過ぎた差別です」

 佐久市移住交流推進課によれば、4月末から、車のナンバー変更が済んでいない人を対象に、「私は佐久市の住民です」と書いたカードを配布。それを車の後方のリアガラスに貼ってもらうようにしたという。

 だが、前出の地域ブロガーの櫻井さんは、これでは問題の解決にはならないと指摘する。

「別荘も多い地域。佐久市民ではなくとも長期滞在している”別荘族”もいます。住民だというカードが貼れない人に更に差別が向かうのです」

 徳島県でも、県外ナンバー車とのトラブルが発生した。

 同県の飯泉嘉門知事は記者会見で、県外ナンバー車に「暴言やあおり運転、投石、傷つける」などの差別的行為をするのはやめるように呼びかけた。県危機管理政策課の担当者はこう話す。

「県のほうに、『あおり運転をされた』という被害の電話がいくつかありました。投石や車にキズをつけるというようなことがあれば、器物損壊に当たり犯罪行為。警察に通報して下さいということになります。そういうことがあると思われましたので、冷静な対応をお願いしますと県から呼びかけました」

 県内では、コロナウルス感染者の治療をした病院の関係者や家族にまで嫌がらせが及んでいるという。

「徳島県の病院に入院中の方に感染が確認され、その病院の関係者や家族の方が施設の利用を断られるなどの嫌がらせがあったようです」(前出の県危機管理政策課の担当者)

 岩手県では4月17日、千葉県から里帰りしていた妊婦が破水し、二つの県立病院に救急搬送されたが、次々と受け入れを拒否された。

 その後、女性はPCR検査で陰性が確認され、民間病院で帝王切開による出産をしたという。県内ではこんな疑問の声も出ている。

「妊婦の感染の疑いがゼロではなく、院内の感染対策が準備不十分で、受け入れできなかったようです。妊婦の感染の有無にかかわらず、救急の症例でもありますので、受け入れたほうがよかったのではないか」(県庁関係者)

「不要不急で県境をまたがないように」という要請は、「県境」を意識させ、地域共同体のムラ意識をも呼び起こすことになったようだ。

 新型コロナ対策をめぐっては、安倍晋三首相の方針にはない、独自の感染防止策を掲げた地方自治体も相次いだ。東京都立大学の宮台教授は、こう評価した。

「日本も州(state=国)の集まりであるアメリカに少し近づいています。政府が頼りにならないので各自治体が独自に決定していくわけです。そもそも政府には各地方の事情を把握する力は全くない。知事たちが『安倍とともに去りぬ』を避けたいのは当たり前です」

 そのうえで、コロナ差別について、こう読み解いた。

「コロナ禍で不安なのは当然。諸外国も似たようなもの。問題は日本人がゼロリスクを求める『安心厨』だらけなこと。背景は二つです。第一に、同調圧力になびく者は、同調しない者を見つけると自分を否定されたと噴き上がる。第二に、オカミ依存で思考停止する者は、オカミに逆らう意見や振る舞いに、不安をあおるのかと激高する。どちらも『不安だからこそ仲間と知恵を出し合う工夫』ができず、『不安なのはお前のせい』と差別に走る。それが恥さらしだと自覚できないほど感情的に劣化した連中がうようよしています」

 不安だからこそ、みんなで知恵を出し合いたい。(本誌・上田耕司)

※週刊朝日オンライン限定記事