人類と感染症との闘いの歴史からいま、何を学ぶのか。新型コロナの不安とはどう付き合うか。AERA 2020年5月4日−11日号では、「新型コロナ50人の提言」を特集。2人の専門家が語る。



*  *  *
●歴史が伝える感染症後に開く新しい時代
佐倉統さん(59)東京大学教授

 カミュの『ペスト』をはじめパンデミックの歴史を伝える本が売れているといいます。人類の歴史は、感染症との闘いの歴史といっても過言ではなく、そこでは似たような光景が繰り返されてきました。

 普段は抑制されている利己的な振る舞いや潜在的な差別、排他の意識が表に出てきます。対策面では、「隔離」や「封鎖」は14世紀のヨーロッパの黒死病(ペスト)のときにすでに行われていました。感染症が大流行すると自警団が結成されるなど、感染者や弱者を社会的に「管理」する行為も盛んになります。

 しかし、そこに現代の情報技術が結びつくと、大いに増幅され、格段の威力を持つことに私は懸念を抱いています。

 新型コロナ対策が、現段階で一番うまくいっているのは韓国です。感染者の行動履歴を徹底的に追跡し、管理するシステムが機能しているからです。中国も、武漢での最初の流行は破壊的でしたが、上からの管理を強化することで事態を好転させました。対照的なのが危機に瀕している西洋社会です。自由と個人主義を尊重してきました。

 今後、各国が感染症対策の強化を図ろうとするとき、韓国モデルが採用される可能性が高いのではと思います。日本でも新型コロナの状況次第では「国がもっと管理すべき」という論調が高まるかもしれません。

 しかし、国による行動管理の強化はプライバシーを侵害しかねず、歯止めが利かなくなると全体主義を招きかねない危険性もはらんでいます。一時の感情に押し流されて決めるのではなく、冷静にリスクと便益を比較考量したオープンな議論を重ねていくことが重要です。

 感染症の歴史を見ると、流行は必ず終息しています。「出口が必ずあること」に希望が見いだせます。また、黒死病は教会の権威を失墜させ、ルネサンスや宗教改革の新たな時代への転換を促しました。今あぶり出されているさまざまな問題と真摯に向き合い、解決した先には次の新しい時代が切り開かれる可能性があることを歴史は伝えています。それを生かしていくのは私たち自身です。

●不安を抑えて心のブレーキを適正に働かせる
三浦麻子さん(50)大阪大学教授

 新型コロナを避ける心理がどのような発言や行動につながっているか、注意深く見ています。1月下旬ごろは中国など海外の人たちに対する否定的な言動が現れていました。それが海外にいる日本人にも向けられ、帰国者に対する排斥的な態度へと発展していきました。

 人間には「行動免疫システム」が備わっています。体内にウイルスが入ると検知して退治しようとしますが、同様に心も感染者を見分け避けようと働くのです。また、人は不安が極めて大きいとき、原因を特定したくなります。「あいつが悪いからこんなことになったんだ」と「原因らしきもの」を叩くことで安心感を得て、心のバランスを取ろうとするのです。排他的な言動や差別がパンデミックで繰り返されるのは、こうした心理メカニズムが働くからです。

 トイレットペーパーの買い占めも起きましたが、注目されるのは「トイレットペーパーが品切れになる」というデマ自体ではなく、「品切れになるという、誤ったデマが流れている」というデマ是正を意図した情報が、逆に人々を購買に走らせた点です。多くの人が誤っていることをわかりつつも、「ありえる」と感じたからでしょう。客観的な真偽よりも、主観的に信じやすい、あるいは信じたい情報の方が真実っぽく見えてしまう傾向が強まっているのです。

 現在、私たちは「心のブレーキのかかりにくい状態」にあるという自覚が必要です。あまり反射的に行動しないことです。また、不安を抑える方法を自分なりに考え、実践する心がけも必要です。ネガティブな情報に常にさらされていると不安は膨らむばかりなので、情報に接しすぎないようにするのも一つでしょう。不安や恐怖、抑うつにとらわれているのは自分だけではありません。オンラインで人とつながったり、感謝の日記をつけたり、趣味でリフレッシュしたり、個々人が心のブレーキを適正にかけられる状態にすることが、社会にとっても今とても大事です。

(構成/編集部・石田かおる)

※AERA 2020年5月4日−11日号