来年1月、初めて行われる大学入学共通テスト。新型コロナウイルスによる「学習の遅れ」を理由に第2日程での受験ができる。本試験で傾向を見てから受験が有利?という見方もあるが、どうなのか。AERA 2020年7月6日号で分析する。



*  *  *
 今年度の大学入試の日程が、6月19日、ようやく正式に発表された。新型コロナウイルスによる長期休校に伴う高校の「学習の遅れ」への対応が問題となっており、「9月入学」の議論や、全国高等学校長協会から「入試の1カ月の繰り下げ」の要望も上がっていた。

 日程については、総合型選抜の出願を2週間遅らせる以外は、当初の予定と変わらない。ただし大学入学共通テストについて、本試験の2週間後に行われる追試験を「学習の遅れ」を理由に、「第2日程」として受験可能とした。従来、追試は病気などのやむをえないケースに限られていた。浪人生は対象外だが、現役生についても対象者をどう定めるかは検討中だ。

 この第2日程の方針が報じられるや、「本試験と、どちらを受験するのが有利なのか」「公平性は保たれるのか」など、さまざまな声が上がった。とりわけ共通テストは、来年1月が初年度で過去問がない。2度のプレテストが実施されたが、英語民間試験と国語・数学の記述式問題導入が見送られた後、方針変更を受けたプレテストやサンプル問題の提示もない。このため本試験で共通テストの傾向を見て、第2日程を受験するほうが有利では、との声も上がる。

 駿台教育研究所進学情報事業部の石原賢一部長は、第2日程の受験について次のように見る。

「本試験を見て対策するといっても、2週間ではたいしたことはできません。私大入試との重複もあるし、個別試験の勉強時間が圧迫されるデメリットの方が大きい。一般的に追試は本試験よりも難易度は上がります」

 関西の公立高校で進路指導を担当する教員(56)は言う。

「共通テストの本試験を受験したら、3日後に予備校の合格ラインの発表がある。それをもとに面談し、国立大学の出願先を決めます。出願締め切りは例年のパターンだと2月3日。第2日程だと受験後、3日しかない。多少延びても、落ち着いて考える時間はなさそうです。関西では近畿大や龍谷大が、第2日程の日に一般入試を予定している。入試を一つだけずらしても無理が多く、実効性に乏しい」

「学習の遅れ」への対応として、文部科学省は入試の「出題範囲の配慮」も大学側に要請している。高3で履修することの多い科目について、共通テストの出題範囲は変わらないため大学側が科目数を減らしたり、個別試験についても生徒が問題を選択できるようにしたり、発展的な学習内容からは出題しないなどの工夫を求めている。

「中堅以下の大学は対応するが、難関大は変わらないだろう。センター試験で行っていた、履修状況に応じ選べる理科の選択問題は共通テストではなくなったが、復活させてほしかった」(石原さん)

「大学ごとに出題範囲が違うようであれば、全範囲を勉強せざるをえない」(前出の高校教員)

 大学入試センターは2010年、新型インフルエンザが大流行したときに、通常は本試験の1週間後に行う追試験を2週間後にし、会場も全国2カ所から47都道府県に広げた。今回は、その経験をベースに「専門家の助言を受けながら安全対策の準備を進めている」という。石原さんは最大の心配は、秋冬に「第2波」が来ないかだと語る。

「新型インフルエンザ流行時には、受験生が優先的にワクチンを接種できる措置がとられました。今回も受験生に優先的にPCR検査を実施し、症状のない陽性の場合は別室受験をさせるなどして、感染を拡大させない方法を考えることが重要です」(編集部 石田かおる)

※AERA 2020年7月6日号より抜粋