邪馬台国の女王・卑弥呼は占いを用いて国を治めたと言われるほど、日本における占いの歴史は古い。現代でも多種多様な占いが流行し、悩める人々は、これまた多種多様な「占い師」の元に集う。
 そんななか、24時間365日いつでも悩める人に寄り添ってくれるのが「電話占い」だ。1分あたり数百円の利用料で、どんな悩みでも聞いてくれて、占いで未来を導いてくれる。電話で気軽に利用できることから、5,6年前からブームになり始めた。しかし、その「裏側」は私たちが想像する以上に闇が深いようだ。



*  *  *
「人の悩みに寄り添って、少しでも社会に役立つことがしたいと思って、この仕事を選びました」

 東京都に住む主婦の美代さん(仮名=33)は、1年ほど前から半年間、「電話占い」師として働いていた。占いサイトに登録をして、指名が入れば相談者と電話をして、その通話時間に応じてギャラが振り込まれるシステムだったという。

 しかし美代さん、占いに関しては“ズブの素人”。有名占い師に師事したり、専門的な学校に通ったりした経験はまったくなかったという。とはいえ、独学で心理学の勉強をしていたことから、何か人に寄り添う仕事がしたいと考えていた美代さん。ネットサイトの求人募集で見た、電話占い師の求人にダメ元で応募したという。

「担当者との面接では占いの知識はないことを伝えたうえで、仕事への熱意と心理学の知識をアピールしました」

 結果は、なぜか合格。こうして美代さんは“占いの知識がない電話占い師“としてデビューすることが決まった。

 デビューするにあたって研修を受けた際、担当者からこんな言葉をかけられた。

「電話占いを利用してくる人は、問題解決よりも話し相手が欲しい人がほとんどです。だから寄り添う気持ちが一番大切なのです」

 占いの知識が全くない美代さんにとって、救われるような言葉だったという。

 デビューの日が決まり、美代さんのプロフィルが作られた。そこには「声だけであなたのことが分かる」「電話越しでオーラを感じる」など、本物の占い師っぽいフレーズが並んでいた。そして「自宅で撮影した写真とは思えない仕上がりに驚いた」というほど、見事な(?)プロフィル写真が仕上がっていた。

 業界としては若い部類に入ることから、“逆サバ読み写真”にされていて、まるで自分とは思えないほどの「オバサン占い師」がそこにいた。ちなみに、担当者からは「落ち着きのある雰囲気のほうがウケがいいから」とアドバイスされたという。

 利用料は1分当たり200円台と他の占い師よりも安い設定だった。設定料金が安いこともあり、待機すると最低1回は電話が入ったが、自分の収入にはつながらなかったという。

 美代さんいわく、料金が安い占い師は、サイトが設定した「無料通話分」の範囲で電話占いを楽しむ層が利用者となることが多い。料金が高い占い師と比べると、気軽に長く話せるからだ。しかし、無料通話分は収入には反映されてないので、タダ働きになることも多かったという。また、占いに特有のこんな事情もあると明かす。

「私も入ってから知ったのですが、電話占いは料金が高い方が人気が出ます。利用者は『高い方が当たる』『当たるから高いのだ』と思い込み、その分、占いで出た結果も信じ込もうとするからです。そうするとまたリピートする、という好循環が生まれやすいんです」

 とはいえ、高い料金設定にするのはリピーターを多く獲得するための「下積み」が必要だ。美代さんの待機時間は月に約100時間、そのうち稼働時間は10時間にも満たない。月収は3万円程度しかなかった。テレビを見ながら着信を待つ日々が続いた。

 ただ、そんな美代さんでも、わずかながらリピーターがついた。20代の女性会社員や主婦などが多かった。相談内容の9割が恋愛関係。もちろん、愚痴だけでなく、時には“占ってほしい”と言われたこともあったが、

「私は占わなくてもあなたの様子が電話越しで分かるから大丈夫よ」

 などと言ってかわし続けた。

 また、「相手が私に対して好意を持っているか、占いで見てほしい」などの相談をしてくる相手に対しては「相性は悪くないと出ています。でも人気があって、恋のライバルも多そうね……」と当たり障りのないアドバイスに終始。「仕事が順調にいくか占ってほしい」という相談には、「努力が全てです。占いではいい方向に進むと出ていますよ」など前向きな返答をすることで相手を納得させた。

 それでも特に問題は無く仕事ができた。むしろ、毎日のようにかけてくる人もいたくらいだった。そうしたリピーターの存在は、仕事へのやりがいにもつながった。しかし、在籍期間が長くなるほど、相談者に占いができないことを隠し続ける罪悪感がふくらんでいったという。担当者に占いのスキルがないことについて相談をしたこともあったが「気にしなくて大丈夫ですよ」と一蹴された。独学で勉強をしようとも試みたが、占いに関する通信講座はあまりに高額で断念した。

「正直、月収3万円プレーヤーには厳しい金額でした」

 占いができない罪悪感を抱えたまま、相談という名の愚痴を延々と聞き続けるだけの日々……。人に寄り添う仕事がしたかったのに、まるで違う状況になっていることに耐えきれなくなった美代さんは、担当者に辞める旨を伝えた。デビューからわずか半年後だった。

 借りていた物品を返却するなどの事務作業が終わると、プロフィル情報はあっという間に消された。もちろん相談者に辞めることは伝えられないままだった。

「今でも、あの時の相談者さんは何をしているかな、大丈夫かなって思い返すことはあります。正直、最初は楽な仕事だと思って応募したところもあります。でも実際はかなりメンタルを消耗する大変なお仕事で、中途半端な気持ちでやってはいけないと感じました。ただ、憧れの仕事に携われてうれしかったことも事実です。だからこそ、頑張って再スタートしたいと思っています」

 今度は胸を張って占い師と言えるように、現在は独学で占いを学び、心理学を勉強し直しているという。

 もちろん、全ての電話占い師が美代さんのような“ド素人”ではない。電話占いサイトを利用する際は、口コミなどをよくチェックして、自分の目で占い師をよく見極めてほしい。(取材・文=吉田みく)