ヴァージニア・ウルフの『灯台へ』の翻訳に『嵐が丘』などの古典新訳と、名だたる作品を鴻巣友季子さんは手がけてきた。「鴻巣訳」と呼ばれ、読者の心をつかむその独自の視線と鋭い言語力は、膨大な読書量と文学に精通する知識に裏打ちされる。書評家としても信頼が厚い。今、力を入れるのは、後進の育成。かつての自分を重ね合わせながら、後輩を力強く励ます。



*  *  *
 2月中旬の東京。大隈講堂に隣接する早稲田大学エクステンションセンターで、鴻巣友季子(56)が講師を務める社会人対象の「翻訳とは何か」第2回が開講されていた。定刻5分前に教室に姿を見せた翻訳家は空席を認めると「出歩くの嫌ですよね」と頷き、講義を始めた。

「日本は翻訳大国です。読者のレベルは高く、要求水準も高くて、加工するのには抵抗感がある一方で読みやすさも求める。翻訳家は大変です」

 講義にしろ、講演にしろ、鴻巣の話はひとつのテーマが深い上に波紋を描くように広がっていく。

 何しろ『風と共に去りぬ』の新訳を終えた後に、作者マーガレット・ミッチェルの人生まで辿って『謎とき「風と共に去りぬ」』を書き上げた人なのだ。この日の1時間半も、日本語にない罵倒語をどう訳すかという課題から現代文学の構造にまで話は及び、翻訳者としての心構えにも触れた。

「どれだけその視点に入り込んでいるか」

 世界を舞台に活躍する作家が増え、かつて裏方と見られた翻訳家は知的で創造的な職業と認知されるようになった。鴻巣は「この人の訳なら」と思わせる翻訳家の一人だ。フェミニズム文学を先導するカナダのマーガレット・アトウッド、南アフリカ出身でノーベル文学賞受賞者のJ・M・クッツェーら「世界文学」の重要作品から、大古典『嵐が丘』の新訳まで、その仕事は「鴻巣訳」と呼ばれて、独自の視線と鋭い言語感覚、表現力で読者の心をつかむ。

「翻訳とは批評である」を信条とする鴻巣には書評家としての顔もある。膨大な読書量と古今東西の文学に精通する知識は、当然、翻訳にも反映されていく。いずれの顔も作家や編集者からの信頼も厚く、中島京子(56)は2冊目の小説『イトウの恋』が文庫化されたときに解説を頼んだほどだ。

「たまたま読んで面白いと思うものが、鴻巣さんの訳が多かった。翻訳が優れてるんです。読みやすくてユーモアがあって、解釈が面白い。私も翻訳をやったことがありますが、語学力はもちろん、知力も日本語力もいる。尊敬します」

 緊急事態宣言をはさんだ1カ月ほど、鴻巣の体調はすぐれなかった。当人は「コロナ・コンシャスです」とわかっていたが、買い物はリモートワーク中の夫に任せ、自宅から出ることはなかった。そんな不調でも2冊の訳書を出版、毎日小学生新聞に連載した小説版「ロミオとジュリエット」を完結させ、文芸誌に「コロナと文学」など評論や訳文を次々寄稿した。

 それは彼女にとって特別な日常ではない。締め切りが迫れば1日14時間パソコンの前で格闘し、没頭すれば洗濯機を回したことなど忘れてしまう。救急車で運ばれたことが数回、ヴァージニア・ウルフの『灯台へ』を訳し終えたあとには帯状疱疹が出た。なのに、「倒れそう」と呟きながらも新著の告知から政権批判までツイッターでの発信は絶えない。ワーカホリック、ハイパー、働き者、情熱家、文学おたく、厳しくてフェア。人が鴻巣を形容する言葉はいろいろあって、ドイツ文学者の松永美穂は「完璧主義者」と規定した。

 ノーベル文学賞決定の日に鴻巣と共に受賞作解説のために新聞社で待機するのが、ここ数年の松永の行事だ。鴻巣は資料をいれた分厚いファイルを何冊も積み重ねて「誰が来ても大丈夫」といった態度で、また実際大丈夫なので心強いのだ。

「色の違う細かな付箋をびっしり貼った池澤夏樹さんの著作を池澤さんご自身に見せていらっしゃった姿も、印象に残っています。書評家としての努力の跡を隠さない。本当に勉強家です」

 鴻巣には、欧米文学が日本に入ってきた明治時代にまで遡って翻訳を研究した著作もある。文芸誌に批評を書くときは20冊は読む。そうした姿勢は、翻訳家に言わせればひとえに翻訳、もっと言えば書くことへの情熱ゆえだ。

 1963年、54歳の父と45歳の母の結婚25年目に誕生した第1子。育った東京・世田谷の家には祖母や30歳年上の義兄もいて、家族から熱烈歓迎された。ゼネコンで都市開発を手がける父はハイカラ好みで、酒の飲み方にも一家言あり、ルー大柴のように英語まじりで話した。日常着が着物の母は三味線や鼓を教える邦楽家で、PTAの会長も引き受ける活動専業主婦。娘は父から考え方を、母からは行動力を受け継ぐのだが、明治生まれの父と大正一桁生まれの母は友だちの親と並ぶと祖父母のようで、少し哀しかった。

「小さな頃から親との別れが早く来るんだと、強迫観念のようなものがありました。人間が死ぬとわかったときは怖くて夜中に目が醒めて、パパとママは息しているかなと確かめに行っていた」

(文/島崎今日子)
                                                               
※記事の続きは「AERA 2020年7月13日号」でご覧いただけます。