歌舞伎座が5カ月ぶりに上演を再開した。しかし、前後左右の座席が空けられ、幕あいの弁当もなく、大向こうも禁止と異例ずくめ。「待ってました!」と叫ぶことはできないが、なぜこのコロナ禍で再開を目指したのか? 再び舞台の幕を開ける意義などについて話を聞いた。



 東京・東銀座の歌舞伎座では、連日さまざまな演目がかけられ、大勢の客で賑(にぎ)わっていた。だが、新型コロナウイルス感染拡大で状況は一変。2月26日に千秋楽を迎えた「二月大歌舞伎」を最後に、興行の中止を余儀なくされた。

 4月はメンテナンスによる休館が決まっていたが、5〜7月は「市川海老蔵改め十三代目市川團十郎白猿襲名披露」興行が予定されていた。しかし、コロナ禍で延期になった。

「3カ月間の興行を短くする案もありますが、やはり“完全なる形”で取り組みたい。襲名を大切に思う興行側の姿勢として受け止めてほしい」

 歌舞伎座の橋本芳孝支配人は、苦渋の決断だったと振り返る。

 緊急事態宣言が発出され、歌舞伎座前も人の流れが途絶えた。早く再開したいという思いはあっても、役者やスタッフ、客の安全確保を考えると、容易なものではなかった。

「安全が確認でき、安心していただける状況になるまで待つしかない。でも、立ち止まっているわけにもいきません」

 宣言解除後も、客席、楽屋、舞台上が密にならず、安全に公演できるか模索する日々が続く。一方で、「再開までしばらく待って」という思いを込め、「ゆるりと歌舞伎座で会いましょう」を合言葉にしたポスターを作製。劇場前に掲示し、ツイッターで発信もした。

 そして6月29日、興行元の松竹が8月1日から公演を5カ月ぶりに再開すると発表。同時に、感染拡大防止対策のため、異例ずくめの公演となることも明らかになった。

 通常は昼夜2部制だが、1演目ごとの幕あいなしという史上初の4部制に。座席は前後左右と花道沿いは2席以上空け、桟敷席もなし。通常の半分以下の823席となった。

 客は入場時に手指消毒を行い、劇場内ではマスク着用。歌舞伎ではおなじみの大向こうや掛け声も飛沫(ひまつ)が飛ぶため禁止。幕あいがないため、館内での弁当や軽食、土産販売もしない。橋本支配人はこう語る。

「歌舞伎座は演目鑑賞だけでなく、お芝居という総合的な楽しみを味わっていただくところ。お客様と舞台の双方向性があり、そこで帯びる熱が相乗効果となって盛り上がります。大向こうも幕あいの弁当もお芝居見物ならではの楽しみですが、それらを我慢していただくのは本当に残念です」

 通常の昼夜2部制では、1部に約300人ものスタッフが携わる。4部制にして各部スタッフを最小限にし、演目の選定は登場人物の数や内容などからも吟味したという。

「親子獅子による毛振りが見せ場の『連獅子』に出演する役者は4人。唄や演奏などを行う地方(じかた)も人数を減らしています」

 出演者と裏方も各部で完全入れ替え。万が一、どこかの部で感染者が出ても、他の部の公演を続行できる余地を残した。

 楽屋でも検温、消毒、マスク着用などの注意を払い、関係者同士の「あいさつまわり」も禁止。舞台を支える裏方にもかなりの負担がのしかかる。それでも、舞台を再開したいという一念で、関係者は一致団結していると橋本支配人は言う。

「まずは舞台を開けたい。お客様に見ていただきたいという気持ちが一番。でも、8月の再開はあくまで第一歩。万が一何かあれば次の歌舞伎の興行や、日本の演劇そのものへの影響も大きいことを肝に銘じています」

 4部制にしたことで、昼夜2部制なら1等席1万8千円の観劇料(税込み)が、今回は8千円に(2等席5千円、3等席3千円)。しかも客席は半分以下に減らしているため、興行側としては収益面でかなり厳しいのが現実だ。それでも橋本支配人は、「歌舞伎の伝承」のためにも、一日も早い再開が必要と考えている。

「400年以上続いてきた歌舞伎は、日々の稽古や裏方の準備だけでなく、毎日舞台に立つことで伝承されるもの。興行がなくなるとそれが途絶えてしまう。先日、ある三味線屋が廃業に追い込まれましたが、歌舞伎は特殊な技術を持った人たちの集まりですから、彼らの存続のためにも公演を行う意義があるのです」

 厳しい現実を列挙したが、悪いことばかりではない。上演時間が短く、通常より安価な4部制は、「歌舞伎は上演時間が長くて高いので行きづらい」という人にとっては観劇のハードルが下がることになる。

「歌舞伎座が建て替えられて7年ですが、まだ行ったことがないというお客様もいます。制限がある中でも歌舞伎の魅力や面白さを見つけ、劇場の空間を体感していただけるチャンスになるはず」

 今回は、桜満開の吉野山を背景にした舞踊「吉野山」や、男女の数奇な縁を描く「与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)」といった有名な演目を、松本幸四郎、市川猿之助、片岡愛之助、中村勘九郎、中村七之助といった人気役者が演じる予定だ。橋本支配人は言う。

「コロナだけでなく豪雨災害のような天災もありますが、歌舞伎を通して明るい希望をお伝えしていきたいですし、演劇の火を消してはいけないと思っています」

(ライター・吉川明子)

※週刊朝日  2020年8月14日−21日合併号