皇嗣妃となって2年目を迎えた秋篠宮妃紀子さま。9月11日、誕生日にあたり記者会の質問に答えた文書では、昨年に比べて文字数が倍増。ご自身の具体的な思いも語っており、率直な思いを伝えようという姿勢がうかがえる。紀子さまの変化に迫った。AERA 2020年10月5日号から。



*  *  *
 そもそも「妃」というのは、夫あっての立場だ。一歩下がって、自分の意見は控えるというスタイルも十分に選択可能だ。それでなくても近頃の紀子さまは、一部メディアからヒール役を担わされている。余計なことは言わず、聞かれたことに最小限答えるという戦略が得策かもしれない。だが、紀子さまはそうはしなかった。

 大学で秋篠宮さまと出会い、そのまま結婚した紀子さまは、外務省勤務だった皇后雅子さまとの対比から「従う」人のように思われがちだ。だが紀子さまは意志の強い、働く女性なのだ。

■率直に語りかけていく

 結核予防会と恩賜財団母子愛育会の総裁を務めているが、どちらも名ばかりの役職ではない。結核予防については2018年、国際結核肺疾患予防連合から「名誉会員」の称号が贈られている。長年の予防活動への貢献が認められてのことで、王族や皇族では初めてだという。

 紀子さまは5月末に結核予防会、6月末に母子愛育会にメッセージを送っている。宮内庁ホームページからも閲覧できるが、コロナ禍で働く人々への感謝と励ましの言葉だ。秋篠宮さまも総裁を務める恩賜財団済生会に、同様のメッセージを送っている。秋篠宮さまは「天皇家の次男」という立場を十分に自覚し、平成の時代からいつも率直な発言をしてきた。紀子さまも皇嗣妃という立場を得て、秋篠宮さま同様、率直な発言をしようと決心されたのではないだろうか。

 眞子さまの結婚問題についての回答にも、それが表れたと思う。昨年は「長女の気持ちを推測するなどして現状や今後についてお伝えすることは、控えたいと思います」だったが、今年はずっと具体的に、「共感したり意見が違ったりすることもありますが、お互いに必要だと思うことを伝え合いつつ、長女の気持ちをできる限り尊重したいと思っております」という回答で、「結婚を認める方向」ととらえる報道もあった。

 その解釈が正しいのかどうかはわからない。個人的には、昨年も紀子さまは同じ気持ちだったのではないかと想像している。娘の気持ちを尊重したいという母親としての素朴というか純粋というか、そんな感情。それをはっきり表しただけのことのように思うのだ。

 皇室をウォッチしている一人として振り返るなら、紀子さまへのバッシングは雅子さまの調子が上向くにつれ増えていった。先述したように、雅子さまと紀子さまは対比的な存在だ。皇室という場所で自己実現ができず、「適応障害」という病を得た雅子さま。その姿から紀子さまを見れば、「過剰適応」に見える。公務に子育てに励む紀子さま。その姿から雅子さまを見れば、「怠けている」という批判も出てくる。

 この対比は、紀子さまが皇室にとって41年ぶりの男子となる悠仁さまを出産したことでより複雑になった。最近はそこに、眞子さまのお相手・小室圭さんの「借金」問題が加わった。これが報じられて以来、一部のメディアにとって秋篠宮家は「消費してよい」存在になり、その最前線に立たされているのが紀子さまではないかと思う。

 そのような事態に対し、紀子さまは一つの姿勢を示した。それが今年の誕生日の文書回答だったと思う。それは、54年という人生で培った「実力」と「自信」を背景に、己というものを率直に国民に語りかけていくという姿勢。それは実にまっとうで、とても強い戦略でもある。そんなふうに思っている。(コラムニスト・矢部万紀子)

※AERA 2020年10月5日号より抜粋