「会う」ことが基本にあった就職活動は、新型コロナウイルスでどう変化しているのか。オンライン化により物理的な壁以上に心の距離感も浮き彫りになった就活では、企業と学生のミスマッチも懸念されている。入社後の離職率を下げるために、何ができるのか。発売中のAERA2020年10月26日号では、コロナ禍の就活を特集。ここでは、マイナビHRリサーチ部の東郷こずえさんの話を紹介する。



*  *  *
――新型コロナウイルスが就活市場を直撃しました。

 誰も想像していなかったことなので、インバウンド需要や五輪に向けて、建設やホテル、観光業の採用は盛んに実施されていました。就活生にとっての人気企業銘柄も毎年同じで、弊社のランキングでも大手旅行会社や航空会社といった有名企業が並んでいました。

 ところが、新型コロナウイルスにより、観光やウエディングのように明確なビジョンを持って準備をしてきた学生が選考を受けることすらできなかったり、機会が減ったりした方もいたと聞いています。昨今、入社前から職種を決めるジョブ型雇用推進の動きもありますが、仕事や業界を絞り込んで動くと、不測の事態が起きたときに志望を曲げる必要が出てくるという課題が浮き彫りになりました。

――スカイマークはITスタッフの採用のみ再開しました。文理の差は広がるのでしょうか。

 今、航空業界が置かれている状況は少し特殊だと感じています。人口減少時代と言われ、新卒採用の対象となる年代は今後も減少を続けていきます。数年後にはとてつもない人材不足になり、採用しづらくなることは明らかです。今の状況が10年20年続かないと予想していれば、増やさないまでも採用は続けるという選択を取るのではないかと考えています。

 そもそも、理系学生の数が少ないので、厳しくなるところから強化しようと考えるはずです。とはいえ、良い学生であれば文理問わず採用したいと考えている企業も多くあります。来年度の採用意欲を尋ねると、8割は継続すると回答がありました。

――残り2割はどのように考えているのでしょうか。

 未定が多いです。やめるともやめないとも言い切らない。新型コロナウイルスがどう動くかわからず、決められないという回答が多かったです。

――コロナ禍を乗り越えた21年卒生にとって、今回の就活は社会人生活にどのような影響がありますか。

 21年卒生の場合は、入社するまでのコミュニケーション機会や懇親会がなくなり、組織への帰属感を醸成する時間が圧倒的に少なくなってしまいました。入社後にどれだけエンゲージメントを高められるのかという課題が後々出てくると考えられます。

 入社予定の企業とのコミュニケーション不足に不安を抱かれているなら、採用担当者の方にそれを伝えてみてください。大学が閉鎖している中で学生を呼べないと考えている企業も多いです。場合によっては対策を行ったうえで機会を用意してくれる可能性もありますし、直接会うことはできなくても、オンラインで話す場などを作ってくれるはずです。

――学生からアプローチをすることも大切ということですね。コミュニケーション不足によって、数年後の離職率が上がってしまう可能性もあるのでしょうか。

 未知数ですが、起こりうるかもしれません。企業はそれを念頭において、内定者フォローや新人研修を組み立てる必要があります。20年卒生も入社後すぐに在宅勤務になったりと、対面コミュニケーションが不足しています。子育てではありませんが、一番大事な時期に関係性を作ることができなかった企業も多かったのではないでしょうか。例年より、新入社員の心が離れないようなケアが必要かもしれません。

――コロナ禍の影響はまだ続きそうです。今後の就活はどのようになるのでしょうか。

 新型ウイルスの影響を最も受けるのは21年卒生ではなく、現3年生である22年卒生です。21年卒生はインターンさえ行っていれば、企業の人とコミュニケーションをとれたため、その後の選考がオンライン化しても、人となりがわかる状態でした。

 ところが、今の3年生はインターンの多くがオンラインでした。100%オンラインで完結して入社することはあり得ないと思いますが、このコミュニケーション量で就活を完結させるのは企業にとっても初めてのこと。本当の初年度は今年ですが、心配なのは来年の就活生です。

――インターンシップの内容や実施数にも変化はありましたか。

 中止や延期をした企業もありましたが、マイナビの掲載数が激減したわけではありません。参加しようと思えば門戸は開かれていますし、今夏参加したという学生も7割を超えていました。ただ、合宿型や大学経由の産学連携系の多くが中止になったと聞いています。そういう意味では、機会減少になっているとは感じています。

――予測できない状況のなかで、学生はどのように動けばいいのでしょうか。

 4年生で就活中の方は、とにかく動くしかないと思います。世間で雇用情勢が厳しいとしても、新卒採用は未来の組織に必要な人を採用しています。まだ募集している企業もあるので、目の前にある現実を信じて就活を続けてほしいです。

 実は私、氷河期世代なんです。当時はそういうものだと思っていましたが、100社以上エントリーしてもなかなか決まらず、本当にしんどかったのを覚えています。そのとき「10社に1社内定が出る」と言われていたのですが、実際、30社面接を受けたときに、突然3社から内定がでました。後から思うと、10分の1の割合でコンスタントに内定がでるのではなくて、あきらめずに動き続けた結果、活動した社数の10分の1くらい内定がでる、ということだったのだと思いました。

 3年生は思うことが色々あると思いますが、門戸は開かれているのでインターンシップなどに動いてほしいという思いが一番です。オンラインだからこそ、授業の合間に参加できるなどハードルも低い。他大学の人と話して刺激を受けたという方も多くいます。就活が始まると余裕を持って考えられなくなるので、時間がある今がねらい目です。

(構成/編集部・福井しほ)

※AERAオンライン限定記事