古い航空写真や地形図を見ると、日本中に天然の良港があったことがわかる。津々浦々、河口に形成されたラグーンがそれだ。ラグーンに形成された遺跡や古墳時代の洞窟遺跡の発見が相次ぎ、人々が船を操り、活発に往来していたようすが明らかになってきた。



 海沿いの遺跡や内陸の遺跡との関係性、文字史料、水中遺跡を合わせての歴史研究が進められているという。『海から読み解く日本古代史』の著者、近江俊秀氏が、その一例を紹介する。

*  *  *
■離れた場所なのに同じ文化…の謎

 方言や食文化など日本列島には多様な地域文化が認められるが、地域の枠を飛び越え共通の文化が認められることがある。たとえば「海女漁」と呼ばれる素潜り潜水漁がそれである。石川県輪島市や三重県の鳥羽や志摩が有名であるが、このほかにも太平洋側、日本海側の漁村に点在する。民俗学者の大林太良によると、海女漁の分布に重なるようにして、頭上運搬など漁業とは直接関係のない独特な地域文化があるそうで、大林はこれらの文化の背景に「互いに海を行き来して結びついていた海民集団」が海沿いに存在したことを指摘した。

■遺跡や遺物からわかる海民の足取り

 こうした海民集団の足取りは、記録に乏しい古代にも探ることができる。遺跡や遺物の中には彼らの活動痕跡を留めるものがあるのだ。

 宮城県石巻市の五松山洞窟遺跡は北上川の河口付近の断崖に穿かれた、わずか5平方メートルほどの海食洞窟だが、その狭い洞窟から19体分もの人骨が発見された。関東の古墳時代人と北海道アイヌと形質的によく似た人骨で、区別されることなくごちゃ混ぜに洞窟に放り込まれていた。

 また金銅装の大刀や鉄製の冑、貝製の腕輪など豊富な遺物が出土した。大刀や冑は近畿製、貝輪は伊豆諸島産のオオツタノハ製と、いずれも遠隔地からもたらされたものだ。

 その墓の形状も海民集団の活動を示す。海食洞窟を墓とする例は、房総半島や三浦半島、伊豆半島で多く認められる。いずれも半島の先端付近で、石巻は半島の先端ではないが、三陸海岸の付け根に位置する天然の良港で、これらの地域と船を介したつながりが想定される。

■大規模な移住の痕跡からわかること

 また、石巻市の西隣の東松島市赤井遺跡等の発掘調査の成果からは、7世紀中ごろ以降、関東の人々がこの地に移住してきた可能性が指摘されている。赤井遺跡では関東で作られた土器とよく似た土器が出土する。赤井遺跡に住んだ人を葬った墓も見つかっており(矢本横穴)、墓の総数は100基を超え、その中には横穴の形状が東上総(千葉県南東部)のものと類似するものや、関東の古墳時代人骨と北海道アイヌと形質的によく似た人骨を並べて葬ったものなどが確認されている。

 これらから、古墳時代には房総半島と石巻との間に人々の交流があり、ふたつの地域の交流は海の道を利用したものであったと推定される。

■古代に確かにあった多様性を受け入れる社会

 五松山洞窟遺跡、矢本横穴はともに、地元人、関東古墳時代人、北海道アイヌの形質的特徴をもつ人骨が同じ墓に、同じように葬られていた。また、4世紀ごろの集落遺跡である石巻市新金沼遺跡では、北海道のものとよく似た土器が出土する竪穴住居と、関東のものとよく似た土器が出土する竪穴住居がある。

 おそらく前者は北海道からの移住者の家、後者は関東からの移住者のもので、それぞれの出身地の土器文化を守って、その他の生活文化も出身地域の伝統によっていたと考えられる。ただし、両者の住居の大きさには違いなく、場所も近接している。

 これらは、出身地を異にする人々が、分け隔てなくともに暮らしていた形跡だ。地域の枠を越え、海を行き交う海人たちにとっては、出身地の違いなどは大した問題ではなかったのかもしれない。しかし、そこに多様性を受け入れる社会の痕跡を見いだすことができるのである。(文/文化庁文化財第二課主任文化財調査官・近江俊秀)