1時間腰や尻を触られ続け…辞職へ 東京狛江市長セクハラ騒動

1時間腰や尻を触られ続け…辞職へ 東京狛江市長セクハラ騒動

「随行先で1時間にわたり、腰に手をまわされたり、お尻を触られ続けた」「エレベーター内で腰を引き寄せられ、体をぴったりとつけられた」……。女性職員の怒りの告発によって、東京都狛江市の高橋都彦(くにひこ)市長(66)が、辞職へと追い込まれた。

 高橋市長は2012年に当選し、現在2期目。市関係者によると、都庁職員時代は青島幸男都知事が決断した都市博中止のブレーン的存在で、市長就任後は、人件費の削減などに手をつけて、市の財政状況を改善させたほか、シティープロモーションの発信に熱心で、「全国で2番目に小さな市」を逆手にアピール。ドラマやバラエティーのロケの誘致に積極的だった。だが、1期目から庁舎内にはセクハラのうわさが飛び交っていたのだ。

 市役所のセクハラの相談窓口に被害の訴えはあったようだが、市長相手に忖度(そんたく)が働いたのか、調査委員会は設置されず、市幹部が市長に対し、それとなく注意していたという。

 市への情報公開請求で職員への聞き取り調査をした文書を入手した共産党市議団が、3月議会で質問に立ち、ようやく明るみに。

 追及の口火を切った共産党の西村敦子議員は「被害者を探して証言を得て、質問内容の確認も取ったのですが、シラを切り通す市長に、とにかく憤りを感じっぱなしでした」と怒り心頭の様子だ。

 市関係者によると、同様に文書を入手した自民党市議団も質問に立つ予定だったが、大きな騒動となり、市長を支持する立場などから質問を見送ったという。ここで「保守が守ってくれた」と勘違いしたのが高橋市長。被害者を「思い込む(タイプの)人ではある。時々、トラブルも起きている」などと指摘し、否定路線を貫こうとした。だが、副市長が「市長は辞職するべきだ」と愛想を尽かす発言をし、被害女性職員が「我慢ならない」と実名で抗議文を出したことで、ようやく謝罪へと転じた。

 高橋市長は記者団に対し、「異性への関心のもとにやったことではなく、一種の一家意識、狛江一家みたいな、家父長的な立場としてやったことなんだが」と発言したというが、セクハラ問題に詳しい圷由美子弁護士は手厳しい。

「加害者の地位が高ければ高いほど社会的な批判にさらされる覚悟が必要。裁判所のハラスメントに関する判断も管理職以上は厳しくなる。現代のリーダーは、人権感覚やリスクマネジメントの素養として、何がハラスメントになりうるのかを押さえて行動するべきです。交通ルールを学んでから運転することと同じです」

(本誌・永井貴子、秦正理)

※週刊朝日  2018年6月8日号


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索