小泉進次郎氏がかつて“恋した女性”と滝川クリステルさんとの4つの共通点

小泉進次郎氏がかつて“恋した女性”と滝川クリステルさんとの4つの共通点

 久しぶりの大物カップルが誕生した。滝川クリステルさん(41)との電撃婚が発表される前日の8月6日夕方、実は本誌は小泉進次郎氏(38)の衆議院議員会館の事務所に今後のことについての取材を申し込んでいた。



 すると翌日午後、進次郎氏が首相官邸にクリステルさんを伴い、電撃的な結婚会見を行ったのだった。

「これも計算じゃなくて、今日だなと。菅官房長官に本当に今日の今日で申し訳ないんですけど、お時間ありませんかと、時間をいただいた次第です」

 進次郎氏はこう説明したが、その結婚話をずっと追っていた記者は正直、驚いた。クリステルさんはノーマークだったのだ。

 数年前には進次郎氏の地元・神奈川県横須賀市で恋の噂のあった女性を直撃したこともある。

 その女性は「小泉さんにあなたの顔をメールで送る」と言って、記者の顔写真を撮ったものだった。

 振り返ってみると、その女性とクリステルさんに多くの共通点が見られた。 1つ目の共通点は犬を飼っているということ。

 横須賀の女性もいつも白い犬を連れ、横須賀の街を歩いていた。

 クリステルさんも数年前に福島県から引き取った保護犬のラブラドルレトリバーの「アリス」を飼っており、交際の始まった昨年から「一緒に2人+一匹の時間を過ごしてきました」と進次郎氏はブログなどで告白している。

 2つ目にはナチュラルな色白美肌の持ち主であること。横須賀の女性は髪をポニーテールにし、透き通った白い肌だった。

「ハワイが好きで、自然の大地と空気が好き」と話していた。

 フランス人を父親に持つクリステルさんも、きめ細かな美肌の持ち主だ。

 3つ目には「ダンス」という共通点があった。クリステルさんは趣味にジャズダンスを上げているが、横須賀の女性はフラダンスのダンサーをしており、数々の大会にも出場していた。

 4つ目には「おもてなし」の心だ。横須賀の女性は横須賀でバーを経営していて、やってくるお客に「お疲れーション」と言って乾杯し、ねぎらっていた。

 クリステルさんと言えば、2013年にブエノスアイレスで開催されたIOC総会の五輪招致スピーチで「お・も・て・な・し」の心を身振り手振りでアピールしたのが印象的だ。

 横須賀の女性の後も、進次郎氏の議員宿舎を深夜に訪れる「新しい女性」が週刊誌をにぎわせてこともあったが、結局、選ばれたのはクリステルさんだった。

 全国で「いつ結婚?」「嫁もらえ」と言われ続けてきた進次郎氏。

「絶対、結婚という気持ちはありませんでした」と白状した進次郎氏の心を、クリステルさんはどう溶かしていったのか。

 3歳半年上の彼女はその恋の手ほどきを会見でこう明かしてくれた。

「いかに素の自分を出させる場をつくるかが、お付き合いをしていく中で一番大事なことだと思っていました。素を引き出すことが時間を重ねる中でできていった。素のまま、ありのままでのいい関係だと思っています」

 ありのままの自分をさらけ出させる存在になること。これが恋の方程式の鉄板のようだ。

(本誌 上田耕司)
※週刊朝日オンライン限定記事 





関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索