小泉進次郎が滝クリと“おもてなし”で初入閣?「稲田朋美、後藤田正純の二の舞」と危惧も

小泉進次郎が滝クリと“おもてなし”で初入閣?「稲田朋美、後藤田正純の二の舞」と危惧も

 夏休み中の安倍晋三首相は9月に行われる内閣改造・自民党役員人事について検討に入った。今回の人事でも菅義偉官房長官と麻生太郎副総理兼財務相は続投する見通しだが、その他の閣僚人事は「大幅交代になる」(自民党幹部)見通しだという。

 最大の焦点は、8月7日に首相官邸で結婚発表したばかりの小泉進次郎厚生労働部会長の初入閣だ。38歳で衆院当選4回の小泉氏を抜てきすれば、メディアの注目を集め、安倍政権の求心力がさらに高まるのは間違いない。自民党内が進次郎氏の処遇を巡り、ザワついている。

「プライベートな会見を官邸で堂々とやる? 芸能人的な感覚だね。父親の純一郎さんが希代のポピュリストだから、その血を受け継いでいるんだろう。結婚も政治利用し、9月半ばに発表される第2次改造内閣の人事の前に将来の首相候補として存在感を見せつけたね」

 自民党派閥領袖はこうぼやく。
 
 だが、進次郎氏と自民党青年局時代、タッグを組んだ中山泰秀衆院議員は肯定的だ。

「進次郎さんとクリステルさんが官邸で会見したのは各メディア政治部への配慮だと思います。お兄さんの孝太郎さんが芸能記者たちに対し、お父さんの男泣きの話などをしてサービスすると、あらかじめ役割分担していたのでしょう。記者に対し、そうした配慮ができる人です」

 官邸を訪れた後、進次郎氏はクリステルさんを伴って大勢の報道陣でごった返す地元・神奈川県横須賀市でも結婚報告。

 クリステルさんといえば、まず浮かぶのは2013年に開催されたIOC総会での五輪招致スピーチで、「お・も・て・な・し」の心を手振りでアピールした姿。横須賀では官邸入りした白いワンピースから赤のパンツスタイルに着替え、集まった記者らを“おもてなし”した。

「もうフィーバーでした。政界のプリンス・進次郎の相手が一般人だったら、ここまで盛り上がらなかったでしょうが、『おもてなし』で一世風靡した滝クリですからね。山ちゃん(山里亮太)と蒼井優の結婚発表以上のフィーバーでした」(ワイドショー関係者)

 10年近く前、記者は進次郎氏との恋の噂があった女性を横須賀市内で直撃した。女性はフラダンサーをしており、透き通った白い肌で小犬をいつも連れていた。

 クリステルさんも福島県から引き取った保護犬のラブラドルレトリバーの「アリス」を飼っており、交際の始まった昨年から「一緒に2人+1匹の時間を過ごしてきました」と進次郎氏はブログで告白している。進次郎氏は犬好き女性に惹かれるらしい。
 クリステルさんの男性遍歴も華やかだ。元ラグビー日本代表の天野義久さんやハンマー投げの室伏広治さん、俳優の小澤征悦ら複数の男性との熱愛の噂が流れては消えた。

 それぞれがいくつかの恋の遍歴を経てゴールインしたわけだが、2人は見つめ合って「自分がよりかかっていいような存在」「素の自分、ありのままの自分を出せる」と激熱で語った。

 進次郎氏が地元でたびたび通っている喫茶店の店主はうれしそうに話した。

「クリステルさんはフランス語も英語も話せる女性だから、これからの進ちゃんの強力なサポートになる」

『小泉純一郎・進次郎秘録』(イースト新書)の著書があり、父の純一郎元首相と親しい作家の大下英治氏はこう語る。

「周囲の秘書たちは、進次郎さんにお見合いを勧めた時期もあった。だけど、純一郎さんと飲んだとき、『オレは進次郎に、恋をして本当にほれ込んだ女と結婚してほしいと言っている』と、しみじみ語っていました。そのとおりになってよかったと思いますよ」

 進次郎氏は報道陣に官邸での結婚報告はまず、菅義偉官房長官に電話を入れ、アポをとってクリステルさんを同伴。その際、菅長官から「首相にもどうですか」と勧められ、安倍晋三首相にも報告したと明かしていた。大下氏はこう続ける。

「進次郎さんと安倍首相は微妙な距離感だから、菅さんが勧めたんだろう。これは、秋の内閣改造で進次郎さんに大臣のイスの声がかかったら、受けますよというサインですよ」

 昨年の総裁選で石破茂氏を支持し、冷や飯を食わされるなど進次郎氏の近況は順風満帆とは言えなかった。地元有力者がこう言う。

「実は前回の衆院選挙(17年)では得票数も得票率も前々回(14年)を下回っており、人気に陰りが出ていた。神奈川県内では得票数が河野太郎さんに負けてしまった。だから、自分の集会で人の集まりが悪いと途端に怒ったり、不機嫌になる子供っぽい面もありました。その反省を踏まえて、今年はこれまでに行ってない夏祭りや盆踊りにアポなしで出向き、ドッキリを演出しているようです」

 9月の内閣改造では、どんなポストが考えられるのだろうか。

「官房副長官か厚生労働相だろうね。同じ神奈川県が地盤の菅さんとは仲がいい。官房副長官も考えられるが、菅さんより目立ってしまうから、どうかな。それよりかはオヤジもやったことのある厚労相がいいんじゃないか。年金などの大胆な改革を進めるでしょう」(前出の大下氏)

 だが、自民党幹部はこう忠告する。

「進次郎は復興政務官、副幹事長、農林、厚労部会長はやっているが、副大臣は経験していない。雑巾がけを一通りしてから大臣をやったほうが周囲の反発も少ない。稲田朋美は雑巾がけをやらずに政調会長、防衛相に抜擢され、ズッコケた。女優の水野真紀と結婚したサラブレッド議員の後藤田正純も当初、将来の首相候補とチヤホヤされたが、女性スキャンダルが絶えず、入閣リストから外された。マスコミへの“おもてなし”はほどほどにして、今後は地道に雑巾がけをやったほうがいい」

(本誌・上田耕司)

※週刊朝日  2019年8月30日号より加筆


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索