ナゾの面々が集まる「桜を見る会」 半グレ組織のトップも

ナゾの面々が集まる「桜を見る会」 半グレ組織のトップも

 安倍晋三首相主催の「桜を見る会」には、芸能人や有名キャバクラ嬢といった様々な業界の人が多数、招待されている。だれが、どんな理由で呼んだのだろうか。なかには反社会的勢力と見まがうような人の姿も……。



 安倍首相と昭恵夫人を中心に、五木ひろし、由紀さおり、高島礼子、デヴィ夫人、ピコ太郎、Jリーグの元サッカー選手ラモス瑠偉……数多くの芸能人が写っている写真がある。芸能人と安倍首相が写っている写真はほかにもたくさんある。もちろんすべて「安倍枠」で呼ばれているわけではないだろうし、だれが何のために呼ぶのだろう。

 ある大物俳優はこう話す。

「安倍総理の地元山口県の後援会関係者が800人以上参加していたそうだけど、だれでも知っているタレントたちに会わせれば、そりゃ喜びますよ。それが票につながる」

 一方、これまで何人もタレントを参加させている大手芸能事務所の担当者は、こう明かす。

「招待状はタレントを名指しにして、事務所に郵送されてきます。複数いる場合は、一人ひとり分けて封書で来ます。結婚式の招待状と同じですよ。大手事務所はどこも同じだと思います。名指しされたタレントのスケジュールを確認して、合えば参加させています」

 タレントはノーギャラというが……。

「安倍さんと付き合いができる、もしくはよく思われることはタレントにとってもメリットがある。安倍さん公認のタレントになれますし、場合によっては官邸に出入りしているスポンサーからCMがもらえる場合だってあるかもしれない」(前出の大物俳優)

 一方、SNSで話題になっている写真がある。今年4月の「桜を見る会」で撮影された10枚ほどの写真。<桜を見る会2019招待していただきました>とメッセージが添えられている。その中の一枚にはこんな人物が写っていた。

 かつて大阪で「地下格闘技」団体を主催、大阪の半グレ組織のトップに君臨していたX氏だ。X氏は2017年3月、山口組の組長とともに、5千万円を恐喝した容疑で大阪府警に逮捕された。10年と11年にも詐欺容疑で府警に逮捕されている。

「SNSにアップされている写真を見て、Xが桜を見る会に出とるなんてびっくりや。暴力団と深い関係で、一緒に逮捕された山口組の幹部は子分のように扱っていた。よくこんな連中が入れたもんや」(捜査関係者)

「桜を見る会」に出席したことのある、暴力団に詳しい人物は、

「数年前、会場で、暴力団系の団体の幹部を見ました。今は組織上、この団体とヤクザを分けています。彼は20人くらい引き連れていて、中には高級クラブのホステスが3〜4人いました」

 と話し、こう続けた。

「これまで、税金が反社会的組織の人物に使われてきた。招待客の名簿が徹底的に調べられれば、内閣が潰れる事態だって起こり得ます」

 会場の警備態勢はどうなっているのか。以前、「桜を見る会」に現場スタッフとして入ったというある役人は、「『厳重な警備』という感じではないです」と話す。

「会には、内閣府や内閣官房の職員らがかり出されて、駐車場や入り口で案内役などをやらされます。議員が枠を超えた数の支持者を連れてきても、わざわざ来たんだから通してあげよう、てなる。政治家に、通してよ、て言われればなおさら」

 昨年は、招待された名古屋のキャバクラ嬢(当時30)に、本誌が直撃取材している。彼女はキツネにつままれたように、

「国会議員や自民党員の知り合いはいないし、安倍首相と面識もない。いったいどういう理由で招待されたのかわからない」

 と驚いて答えていた。

■1枚30万円で転売した自民党元職員
 本誌は2008年6月6日号ですでに「桜を見る会」の問題について報じていた。

 自民党の元職員が、「桜を見る会」の招待状を、自身と親しい環境関連業者や農水産関連業者に売っていたという問題だ。元職員から本来、無料の招待状を1枚30万円で買ったというAさんを取材した。

「30万円で元職員から何度か買ったのは事実。別の業者は買った招待状を50万円で転売したという話も聞いた。それが、元暴力団組員に渡って、『本当に桜を見る会に行って総理と写真まで撮ったようだ。ちょっとまずかった』と言っていました」

 Aさんの話には続きがあった。

「元職員が実質的にはクビになった後、招待状は回ってこないと思っていた。それが2年前、1枚5万円で招待状を売るので行かないかと自民党支援者から誘われた。私は行かなかったが、その人の声掛けで2〜3人が行ったそうです」

「桜を見る会」の支出は前述のとおり、安倍首相の返り咲きから額が跳ね上がり、招待客もかなり増えているという。自民党のベテラン議員がこう言う。

「昔は国会議員でも招待状を確保するのが難しかったが、最近は安倍首相だけじゃなく、自民党の議員が地元支援者を数多く招待できるようになった。ここ数年は割り当てが国会議員1人につき5枚とされ、とりやすくなった」

(本誌・亀井洋志、上田耕司、吉崎洋夫/今西憲之)

※週刊朝日  2019年11月29日号


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る