安倍晋三首相は27日、全国の小中高校や特別支援学校に、3月2日から春休みにかけて、臨時休校を要請すると発表した。実際に休校するかは各自治体や学校の判断に委ねられる。インターネット上では<子供達がコロナウィルスは掛かってからでは遅すぎる>といった賛成の声が出る一方、学校関係者や保護者らの間では、早くも混乱が広がっている。



 神奈川県のある公立中学校の校長は、「臨時休校は現場の声を聞いてから判断してほしかった」と嘆く。

「事前の通知はなく、私も今、報道を見て知りました。先ほどまで周辺の小中学校の校長で集まって、卒業式をどのように縮小するか、話し合いをしたばかり。あまりに急で、憤りを通り越して、ただただ驚いています」

 安倍首相の要請どおり休校となると、次の登校日は春休み明けの新年度ということになる。前出の校長は、このことにも頭を悩ませている。

「まだ学年末テストが終わったばかりで、通信簿の準備もできていません。卒業証書でさえ、先ほど準備したばかりです。準備期間が明日の1日しかないから、とにかく時間がない。何から手をつければいいのか。明日、生徒に『荷物を全部持って帰って』と言うことくらいしか決まっていません」

 東京都内の幼稚園関係者は、「報道が出てから電話が鳴り止まない」という。

「保護者から『幼稚園が預かってくれないと仕事に行けない』と言われましたが、返事ができなくて困っています。幼稚園も明日でお休みになる可能性もある」

 公立小学校に娘を通わせる母親は、こう話す。

「9歳と3歳の娘がいるので、親はどちらかが絶対に休まないといけない。会社には子どもが病気になった時の看護休暇はあるけど、病気ではないので使えない。年度末なので有給休暇もあまり残っていない。安倍首相の発表は、共働きの親にとって絶望的です」

 学生の間でも、様々な感情が交錯している。Twitter上では、「3月登校日多いから嬉しいんだが」「全国休校!!最高!!」と、学校を休めることに喜びの声があがる一方で、「受検に絶対影響するし、卒業式もできないし、各種お別れ会もできない」「今年卒業の子たちからしたらみんなと過ごせる残りわずかだったのに…」と悲しむ声が目立つ。

 香川県の公立小学校のある教師も、「子どもたちがかわいそう」とつぶやく。

「教育委員会から、『卒業式は短縮で検討してくれ』と通達があったばかりで急すぎる。縦割りの通達なので従うしかないだろうが、せめて準備のための時間が欲しかった。なにより卒業式がなくなる可能性が高く、子どもたちが本当にかわいそうだ」

 あまりに急な“要請”に、現場では明日も対応に追われそうだ(AERA dot.取材班)