河井克行前法相と妻の河井案里参院議員が政治生命の危機を迎えている。

 昨年7月の参院選に絡み、公職選挙法違反(買収)容疑で逮捕された案里氏の秘書ら3人の勾留満期となる3月24日、広島地検は秘書らを起訴する方針だ。その上で案里氏に対しては当選無効とする連座制適用に向け、迅速審理を求める「100日裁判」を広島地裁に申し立てる方針なのだ。

 秘書3人が逮捕されたのは、車上運動員(ウグイス嬢)に法定の2倍、日当3万円を支払っていた運動員買収の容疑だ。

 逮捕された立道浩容疑者は参院選後に案里氏の公設秘書となり、選挙運動中は現場のまとめ役であった。選挙後、公設秘書となり運動員への報酬支払も担当していた。

 一方、克行氏の政策秘書、高谷真介容疑者は、日当3万円の「河井ルール」でいいか、克行氏から了解をとり、昨年5月22日に現場に伝えた。脇雄吾容疑者は、選対の事務長として選挙を取り仕切った。昨年6月11日に日当3万円の最終確認をウグイス嬢に伝えている。

 つまり、本誌が報じてきた「河井ルール」を実践してきたのである。立道容疑者は、克行氏の秘書であった時代、「あまりに克行氏が理不尽なことをすると、突然逃げ出し、秘書をやめた」(克行氏陣営の元スタッフ)という。

 そんなこともあり、任意段階から広島地検の捜査には協力的だった。高谷容疑者と脇容疑者は、そうではなかったという。だが、捜査関係者はこう話す。

「3人の関係でいえば、克行氏が実質的に選挙を仕切っており、政策秘書の高谷容疑者が他の2人より一段上という立場。克行氏の意向を現場に伝え、やらせるような立場だ。高谷容疑者だけは、どうしても克行氏を守りたいのか、なかなか調べに対し、認めない状況が続いた。かなり克行氏や弁護士からきつく言われたのではないか。だが、今は河井ルールについてはおおむね認めている」

 河井夫妻の「口止め工作」は執拗だったと元スタッフはこう振り返る。

「正月でも関係なしに、秘書が自宅までやってきて『案里氏に電話してくれ。打ち合わせをしたいと言っている』などと頼んできました。ついには『案里氏の弁護士に連絡を』と電話番号を書いた紙も置いていきました。その秘書も河井夫妻にどやされ、パワハラで行かされている、それが河井ルールです。逮捕された秘書も含めて、気の毒だな思います」

 案里氏自身も昨年12月末、選挙にかかわった人に何度も電話をかけ、「大事な話がある」と留守番電話にメッセージを残していた。3人は起訴後、公職選挙法で金銭を受け取ってはいけないと定められたスタッフに、現金や振り込みなどで報酬を支払っていた、運動員買収で再逮捕される可能性もあるという。

「案里氏が自ら辞職しない限り、3人を起訴した時点で連座制、100日裁判の申立てとなるだろう。問題は、関係者がみんな、選挙の実務の全てを取り仕切る実質的な最高責任者であると述べている供述調書もある。克行氏の責任を問えるかだ。前法相という肩書は、法務検察にとって重いもの。現場では、ほぼ証拠は固まりつつある。後は上の決断ではないか。官邸の門番と呼ばれる黒川高検検事長の定年延長がどう影響するかだろう……。しないことを願いたい」(前出の捜査関係者)

(今西憲之)

※週刊朝日オンライン限定記事