またも、安倍昭恵首相夫人が「お騒がせ」だ。新型コロナウイルスへの対応で政権が揺れる中、3月15日に知人のツアーに参加して大分県の宇佐神宮を参拝していたことが明らかになり、物議を醸している。



 安倍首相は4月17日の衆院厚生労働委員会で、昭恵氏の参拝は自身や小池百合子東京都知事が外出自粛を要請する前だったと説明。「(参拝で)人は集まっているが、密接かどうかは別だ」と、問題なしとの認識を示した。自民党中堅議員は「昭恵氏以上に、首相が奥様をかばっていることに不満を持つ議員は多い」とぼやく。

 昭恵氏は森友学園問題で売却された国有地に建設予定だった小学校の名誉校長に就任。政権を揺るがすきっかけとなったが、この件への満足な説明もないまま奔放な活動は続き、3月下旬には知人らとのレストランでの会食が私的な「桜を見る会」だと批判されたばかりだ。自民党のベテラン議員はあきれ顔でこう話す。

「また“昭恵夫人砲”か。本当に安倍政権が昭恵氏でダメになるかもしれない」

 昭恵氏は東京都内で飲食店「UZU」、山口県下関市ではゲストハウス兼カフェ「uzuhouse」を経営しているが、現在どうなっているのか。昭恵氏の知人が語る。

「緊急事態宣言以降、東京の店はクローズ。ゲストハウスも閉鎖、カフェだけ営業しています。本人も事態の深刻さは理解しているはず。ただ、昭恵氏は感性で動く人。『こうだ』と思うと、即座に動きだしてしまう人で、安倍首相の立場などまるで頭にないですよ」

 安倍首相との関係については、こう証言した。

「以前、安倍首相と昭恵氏が一緒にいた時にお話しする機会がありました。昭恵氏が野党のような発言をしても、安倍首相はニコニコ聞いているだけ、というご夫婦です。昭恵さんは国民からの批判について深く考えていないのでは。外出自粛で飲みに行けず、仲間にも会えず、自宅でイライラが募っていると聞いています」

“営業自粛”は、この人にこそ必要なようだ。(本誌取材班)


※週刊朝日  2020年5月8-15日号