作家・北原みのりさんの連載「おんなの話はありがたい」。今回は、ジェンダーという視点からみた日本史について。国立歴史民俗博物館で開催中の「性差の日本史」は、現代の性産業についても深い考察をもたらしてくれたという。


*  *  *
 日本史をジェンダーの視点でひもといていく企画展「性差(ジェンダー)の日本史」(国立歴史民俗博物館)が面白い。国立の博物館ではこれまであまり関心を持たれなかったジェンダー、さらに性売買の歴史にも強く焦点をあてるという画期的な試みだ。

 ジェンダーの視点とは、権力者(ほぼ男性)の視点で語られてきた歴史(語り手はほぼ男性)を、いったん脇に置いて、「女性」というマイノリティーの視点から歴史をとらえていく作業。または、「女性」や「男性」が、どのように「つくられた」のかを考える過程。まぁ、フェミがずっとやってきていることです。

 企画展では古代の日本では西に女性首長が多く東に男性首長が多い傾向があったとか、戸籍がつくられる7世紀までは、女男の区別をつけない女男混合名簿文化だったとか……中世では家を統率する女性たちが多くいたこととか……。教科書で学ばない日本史が立体的に描かれる。

 それにしても時代が変わるたびに、日本がどんどん女に冷酷になっていくのが、悲しい。日本の近代が女性を公から排除していく過程であったことは知られているけれど、「性差の日本史」で気づかされたのは、性差別の深まりは、性産業が、男性が牛耳る産業として政府公認で整えられていく過程と、ぴったりと符合することだった。

 例えば江戸の遊郭。女性が与えられる食事は一日2食で、丸2日食べさせてもらえないこともままあった。暴力による管理が公に認められているので、激しい折檻(せっかん)は日常だった。また三井などの大商店が、吉原の特定の店を指定して奉公人の性の管理をしていくのも、日本の「買春文化」が発展していくことに寄与した。買春文化が広まれば広まるほど、吉原の経営者の競争は熾烈化し、店同士の競争が激しくなればなるほど、女性は過酷な状況に置かれていったという。

 明治になると、「買春」が特定の層の特定の遊びではなく、男ならば女を買うのが当たり前! そういう文化が急速に広まっていく。男性の息抜き、男性の一体感、男性の性の管理……富国強兵の陰に買春あり、だ。言うまでもなく、その先にいきつくのが、世界に類を見ない規模で軍が関わった「慰安婦」制度だった。

 日本は戦後に連合国軍総司令部(GHQ)が禁止するまで公娼制度を手放さなかった。そして公娼制度をなくした後も、男性が買えるシステムを守りぬき、今にいたっている。ジェンダーの厚い視点で日本史をみると、女の泣き声が聞こえてくる。今の性売買と昔のそれを比べるな、という声もあるかもしれないが、制度は変わっても「買う意識」は変わっていない。当たり前のように、男に用意された、性のサービスに疑問すら持つことのない文化を、日本は育ててきた。

 コロナ禍で、女性たちの生きにくさが過酷に露呈している。セックス=労働として捉えるような議論も、コロナ禍で盛んになってきてはいるが、そのように簡単に議論できるものなのだろうか。「男性は性を買うもの」という日本の「買春文化」は、常に新しい「商品」を必要とする。買春男性の需要を満たすために、ある時代は人身売買し、ある時代は借金を背負わせ管理することが認められてきた。今運営されている性産業にそういう要素が全くないと言えるだろうか。日本はG7先進国の中で最も女性と男性の賃金格差がある国でもある。そういう社会で女性が「高収入」を得られるとされる職業が残り続けていることの意味も、ジェンダーの視点で考えていく必要があるのだろう。

「性差の日本史」の図録を買った。冒頭のあいさつで1975年の国際婦人年世界会議について触れられていた。世界の女性たちが集まり、女性に対する暴力、差別の撤廃が約束された記念の年だ。それから45年。日本のジェンダーギャップ指数は世界121位だ。国際社会では1990年に、95年までに決定権のある立場に女性がつく割合を3割にしようという目標が出されていたのに対し、日本はその目標をたてたのが2003年、そして今年がその期限だったけれど全くできていない状況。明らかに、この国は性差別に関心のない冷たい男の顔をしている。
 
 こういう日本で、性産業が途切れることなくあり続けることの意味を、しっかり立ち止まって考える必要があるのかもしれない。

■北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表