「学術会議任命拒否」問題一色となった予算委員会。そこでの菅首相の答弁に与野党から 批判や不安の声が上がる。今後の答弁が解散時期に影響を与えるかもしれない。AERA 2020年11月30日号から。

*  *  *
 議員宿舎のエレベーター前でばったり会った時の権力者は、とても疲れている様子だったという。「総理大臣の職はいかがですか?」。そう菅義偉首相(71)に声をかけたのは、これまで社民党時代を含めて歴代8人の首相と論戦を交わしてきた立憲民主党の辻元清美・衆議院予算委筆頭理事(60)。質問に菅首相は笑いながらこう返したそうだ。

「官房長官の方が忙しかった。国対もあったし」

 そして、こうポロリと本音を漏らしたという。

「外交とかまだ慣れないところがあるかなぁ……」

■小渕首相に似ている

 辻元氏と菅首相は当選同期で、世襲ではない、たたき上げの国会議員同士。首相になっても偉そうにするそぶりは感じなかった、と辻元氏はその会話を振り返る。自分の意見とは異なる有権者を指して「こんな人たち」と言い放ち、国会では質問者に平気で野次(やじ)を飛ばす安倍晋三・前首相と対峙(たいじ)した時のような不快感はないそうだ。

「案外、菅さんは素直なところがあって、本音をポロッとおっしゃることがある。だから、私は嫌いにはなれないんです。似ているといえば、お亡くなりになった小渕恵三首相ですかね」

 菅政権発足後、初めての予算委員会は「学術会議任命拒否」の問題一色だった。まるで壊れたレコードのように、事務方が書いた答弁書通りの発言を繰り返す態度は、安全運転に徹するという官邸の作戦だ。

 菅首相の答弁の特徴は、自らの「国家観」についての言及が少ないことだ。これも安倍前首相とは対照的だ。ある自民党議員はこう不満を漏らす。

「安倍政権の政策の一丁目一番地は憲法改正。これは自民党の党是でもあり、良い悪いは別にして国民にも分かりやすい。ただ、菅政権は一体、どんな国を目指そうとしているのか、よく分からない。実利主義はともかく、予算委員会の限られた時間の中で力説されるのは、ケータイ料金を下げる、判子やファクスを無くす、とか。これが改革だと言われても、いまいちピンとこない」

■安倍答弁は「ステーキ」

 菅政権になって、与党席からの首相答弁に対する賛同の野次は明らかに少なくなった。

 辻元氏は「菅首相は、国民に本当のことを話せない時ほど言葉が少ない」と分析。象徴的だったのが、名簿は事前に見ていないと断言していた菅首相が、事務方の差し紙をきっかけに答弁を翻し、事前に事務方から説明を受けていたと答弁を修正した場面だという。

「誰から(6人を拒否すると)説明を受けたのですかとただすと、渋々、杉田和博官房副長官と白状した。官邸の戦略的には絶対に出してはならない名前だった。事務方は焦ったと思いますよ。安倍さんだったら、のらりくらりと絶対にごまかしたと思います」

 さらにこう続ける。

「できるだけ国民の前で嘘はつきたくない、という菅さんの本音がにじみ出た瞬間でした。その意味では、普通の人が総理になったんです。安倍さんはコテコテの脂ぎったステーキのようでしたが、菅さんはサラサラッとしたお茶漬けかな。実は味わい深いのか味がなくて物足りないのかは、まだ判断できませんが」

 自民党の一部からも菅首相の答弁を不安視する声が上がる。そうした声が「支持率が高止まりしている間に解散総選挙を」という早期解散論の根拠となっている。実際、政権発足直後の9月の内閣支持率は65%。学術会議問題で落ちたものの11月でも56%だった。早期解散の場合、来年度の予算成立後のタイミングが有力とみられている。

 年内の首相出席の予算委員会は残りわずか。事務方の答弁書に頼るのではなく、自分の政治観、国家観を国民に説明してほしい。(編集部・中原一歩)

※AERA 2020年11月30日号