【アスリート美女図鑑】高梨沙羅はキレイになった“だけ”じゃない ジャンパーとしても進化が止まらない

【アスリート美女図鑑】高梨沙羅はキレイになった“だけ”じゃない ジャンパーとしても進化が止まらない

「今年の夏は何か課題を克服しようというよりも、道具などで何が自分に合っているかを試しながらというか、自分に合ったものを探しながら練習をしてきました。それである程度自分に合ったものが見つけられたし、夏場のシーズンの後半になってからはだいぶ馴染んできたので。その点では例年に比べても仕上がりはいいなと思うので、あとは冬に向けてどう対応していけるかだと思っています」



 昨年11月13日に山形県の蔵王で行われた全日本スキー選手権大会ジャンプのノーマルヒルでは「目立ったミスはなかった」というジャンプをしながらも2本とも条件に恵まれず2位に終わった高梨沙羅。機材がなくウインドファクターが加味されない大会だったうえ、その前週に長野県の白馬で行われた全日本スキー選手権大会のラージヒルでは2位に115.5点の大差を付ける圧勝劇を演じていただけに、合宿に出発する翌日の成田空港でもその自信に揺らぎはなかった。そして冬シーズンが始まると、その自信通りの結果を連発。W杯第3戦では1本目3.9点のリードから逆転されて3位に甘んじたが、12月2日の開幕戦から1月8日の第6戦までに5勝をあげ、2位の伊藤有希に2勝分の200点以上の差をつけてW杯総合トップに立っているのだ(W杯ポイントは1位100点、2位80点、3位60点から30位1点まで)。

 15歳から出場しているW杯ではこれまで個人戦は79戦に出場し、そのうち70戦で表彰台に上がり49勝。総合でも昨季まで3回優勝を果たしたほか、11〜12年は3位、14〜15年は2位とダントツの強さを誇っている高梨だが、まだその進化は止まらない。フィジカル面での強化も、「ウイダートレーニングラボに栄養とトレーニングの指導をしてもらうために通いだしてから5〜6年経ちますが、最初の頃と比べ物にならないくらいの変化を自分でも実感できているので。今までずっと信じてやってきたことで結果も出させてもらっているので、本当に信頼しています」と手応えを感じている。

 元々高い空中でのセンスを持っている高梨だが、それをより生かすためにはアプローチの滑りを安定させ、ジャンプ台にしっかり力を伝える飛び出しをすることが必要だ。それを分かっているからこそ、自分の課題を克服するためにコツコツ努力を続けて技術力を高めてきたのだ。大会ごとにジャンプ台の形状がかわるうえ、気象条件に大きく左右されるジャンプ競技で、これだけ勝ち続けられるというのは、他の選手を大きくリードしているからに他ならない。

 そんな実力の高さに加え最近は「キレイになった」と評判になっているが、精神的にも成長して大人のジャンパーへと進化しているともいえる。だからこそW杯勝利記録で男子最多勝のグレゴア・シュリーレンツァウアー(オーストリア)の53勝にあと4勝と迫った今でも、「男子のジャンプの世界とは土俵が違うのでそのトップ選手とは比べ物にならないと思うが、そういう選手と一緒に見てもらえるのは嬉しいことだと思っています」と冷静に捉える。

 そんな高梨だが、まだ果たしていないのは五輪でのメダル獲得と世界選手権の個人での金メダル獲得だ。今年2月には、フィンランドのラハティで彼女にとって4回目の挑戦となる世界選手権が開催される。「世界選手権は獲らなくてはいけないというか、今季はそこを目標にしてやっているので。その後の平昌五輪も踏まえてやっているので、照準を合わせている世界選手権にしっかり調子を合わせるのが必要だと思います」

 もう目前まで迫り、1月14日からの日本4連戦で並ぶ可能性もあるW杯最多勝利記録。その更新もまた、目標にする世界選手権制覇や4度目のW杯総合優勝、そして五輪初制覇へ向けてのステップのひとつでしかないと、高梨は考えているのだ。(文・折山淑美)

ニュースをもっと見る

おすすめ情報

dot.の他の記事もみる

スポーツの主要なニュース

スポーツのニュース一覧へ

23時57分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索