清原、江川、松井…甲子園に現れた「怪物列伝」

清原、江川、松井…甲子園に現れた「怪物列伝」

 第99回全国高校野球選手権大会が8月8日にいよいよ開幕する。今年は近年、稀に見る注目度の高さだった清宮幸太郎が主将として率いる早稲田実業が西東京大会の決勝戦で敗れたが、史上初となる2度目の春夏制覇に挑む大阪の大阪桐蔭を中心に、熱い戦いが期待できそうだ。

 高校通算本塁打の最多記録に並んだ清宮は「怪物スラッガー」と呼ばれたが、過去にも「怪物」と呼ばれた選手が甲子園という大舞台を賑わせてきた。

 高校球児で最初に「怪物」と呼ばれたのは栃木・作新学院の江川卓で、大きな耳が、当時流行った漫画「怪物くん」の主人公に似ていることが理由だった。もちろん、その高校生離れした投球や成績も「怪物」の名にふさわしいもので、ノーヒットノーラン9回、完全試合2回というケタ外れの実績に3年春の4試合で60奪三振という数字は、現在でも選抜大会の記録となっている。2年夏の栃木県大会では登板した3試合で全てノーヒットノーラン(1試合は完全試合)を記録し、4試合目となった準決勝でも10回2死までノーヒットに抑えるも、延長11回にサヨナラスクイズによって0-1で敗戦。さらに2年秋から3年の春の選抜大会途中まで139イニング連続無失点を記録した。甲子園で初試合となった優勝候補の大阪・北陽戦では、試合開始から4番打者まで全て三振に打ち取り、5番打者がこの試合、23球目にして初めてバットに当てたファールを打つと、超満員の観衆から拍手が起こったというエピソードもあるほどだ。

 江川の前に「怪物」ではなく「怪童」と呼ばれたのが大阪・浪商(現・大体大浪商)の尾崎行雄。甲子園・夏春連続優勝した神奈川・法政二の柴田勲と甲子園3期連続で激闘を繰り広げ、2年夏には三度目の正直で優勝を果たした。同年11月に高校を中退し、東映(現・日本ハム)に入団した尾崎は1年目から20勝をマークし、その球速は160キロを超えていたという声もある。

 早稲田実で清宮の大先輩にあたる王貞治も、1年夏から3年春まで4季連続で甲子園に出場し、怪物級の活躍を見せた。投手として2年春に3試合連続完封を記録してチームを優勝に導き、2年夏にはノーヒットノーランを記録。打者としても3年春に大会30年ぶりとなる2試合連続本塁打を放った。木製バットだった当時では、破格と言える記録だった。

 80年代の高校野球界を席巻したのが、大阪・PL学園の桑田真澄、清原和博の「KKコンビ」だった。1年夏に3季連続優勝を狙った水野雄仁の徳島・池田を破って頂点に上り詰めると、5季連続で甲子園に出場し、優勝2回、準優勝2回、ベスト4が1回と、驚異的な成績を残した。個人記録でも桑田は通算20勝、清原は通算13本塁打と、ともに甲子園史上最高(桑田は学制改革以降の記録)記録を樹立した。

 90年代に入ると、石川・星稜に「ゴジラ」松井秀喜が出現した。ラッキーゾーンが撤去された甲子園で、3年春に2打席連続本塁打を記録して注目を浴びた松井は、3年夏の高知・明徳義塾戦で5打席連続敬遠され、社会問題にもなった。98年に春夏連覇を果たした神奈川・横浜の松坂大輔は「平成の怪物」と呼ばれた。最後の夏には史上2人目となる決勝戦ノーヒットノーランという快挙を達成した松坂の横浜は、2年秋の神奈川県ブロック予選から翌年の国体まで公式戦44連勝を記録した。

 2000年代には宮城・東北のダルビッシュ有、北海道・駒大苫小牧の田中将大という現在ではMLBを代表する投手が甲子園を沸かせた。2年夏から4期連続で甲子園に出場し、3年春にはノーヒットノーランも記録したダルビッシュは、2年夏に決勝進出を果たしたが、茨城・常総学院に敗れ、長らく「白河の関を超えない」と言われた東北勢悲願の全国制覇を目前で逃した。その東北を飛び越え、北海道で初の全国制覇を果たした駒大苫小牧で夏3連覇を目指した田中は、「ハンカチ王子」斎藤佑樹の早稲田実と決勝戦再試合の名勝負の末、準優勝に終わった。

 今大会で2度目の春夏制覇を目指す大阪桐蔭だが、1度目の達成時にエースとして活躍したのが藤浪晋太郎だ。藤浪は3年春の甲子園で史上初めて全5試合で150キロ超を計測し、夏は20年ぶりとなる準決勝、決勝で連続完封を記録して、チームを史上7校目となる春夏連覇に導いた。

 記録で言えば、徳島・徳島商の板東英二(1大会通算奪三振)、神奈川・桐光学園の松井裕樹(個人1試合最多奪三振)、大阪・浪商の香川伸行(連続試合本塁打)、愛知・享栄の藤王康晴(連続打席出塁)なども印象に残る。甲子園でアマチュア野球史上初となる160キロを計測した岩手・花巻東の大谷翔平も、もちろん忘れるわけにはいかない。

 彼らに限らず、それぞれの時代に、またそれぞれの地域に「怪物」と呼ばれる選手は多数存在し、それぞれの高校野球ファンの心に残っているはずだ。今年の大会でも新たに「怪物」と呼ばれる選手は登場するのか。清宮というスーパースターが出場しなくとも、他の誰かが現れる。それが甲子園という舞台だ。今年の大会でも新たな「怪物」の登場を楽しみに期待したい。

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索