ネイマール、ポグバ、ロナウド…超大型移籍の“光と影”

ネイマール、ポグバ、ロナウド…超大型移籍の“光と影”

 ブラジル代表FWネイマールが、スペインの強豪バルセロナからフランス・リーグアンのパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍することが8月3日に発表された。

 その移籍金の額は2億2200万ユーロとされ、日本円にして約290億円。ちょうど1年前に、イタリアのユベントスからイングランドのマンチェスター・ユナイテッド(マンチェスター・U)にフランス代表MFポール・ポグバが移籍した際の1億500万ユーロ(約120億円)が史上最高額となっていただけに、その倍以上となるネイマールの移籍金は驚異的だ。

 ほかにも、このシーズンオフにはマンチェンスター・Uがエバートン(イングランド)からベルギー代表FWロメル・ルカクを7500万ポンド(約109億円)で獲得し、チェルシーがレアル・マドリード(スペイン)からスペイン代表FWアルバロ・モラタを8000万ユーロ(約104億円)で獲得するなど、TV放映権料などで潤沢な資金を持つプレミアリーグ勢を中心に高額移籍が連発されている。

 そもそも、移籍金とは契約解除の違約金にあたるもの。それを移籍先のクラブが支払うことで、移籍元のクラブとの契約を解消し、新チームに加入するというのが一連の流れだ。そして、このシステムの確立は1995年12月に欧州司法裁判所で出された判決、いわゆる「ボスマン判決」が大きな契機になった。

 大筋の流れはこうだ。ベルギー人プレーヤーだったジャン・マルク・ボスマンという選手が、所属クラブとの契約が終了したのにもかかわらず、次のクラブへの移籍を阻止され、さらに選手としても登録されないという事態を訴え出た。裁判の結果、ボスマンが勝訴して所属元のクラブは契約期間の終了後に選手の保有権を主張できなくなった。このベルギー国内での判決を追い風に、欧州サッカー連盟(UEFA)を相手に取った訴訟にも勝訴。欧州にこのルールが広がると、2001年には国際サッカー連盟(FIFA)も合意し、世界中で契約満了後の選手が自由に移籍することが可能になった。

 これによってサッカー界に与えられた大きな変化が、有力選手との長期契約による囲い込みと、前述の契約解除への違約金、つまり移籍金による選手移籍のビジネス化だ。超高額移籍で話題になったのが、2001年夏にユベントス(イタリア)からレアルへ移籍したフランス代表MFジネディーヌ・ジダン(現レアル監督)だ。当時、世界最高のトップ下として君臨していたジダンの移籍金は4600万ポンド(約66億円)という巨額なもので、その後10年近く破られないレコードになった。当時のユベントスはその移籍金を原資に現在もイタリア代表GKとして活躍するジャンルイジ・ブッフォンやチェコ代表MFパベル・ネドベド、フランス代表DFリリアン・テュラムなどを獲得した。ジダンはレアルで高額移籍金に値する活躍を見せ、ユベントスも入れ替わりに入った選手がチームの屋台骨として活躍した。超のつくほどの高額移籍であったが、同時に移籍元のクラブも得た移籍金を有効に活用した事例だ。

 そうした成功体験を目の当たりにすると、資金力のあるクラブはこぞって有力選手への投資を惜しまなくなった。前述の違約金というシステムでは、年齢が若く、さらに残りの契約期間が長い選手ほど移籍金の金額は上がっていく。いつしか、シーズンオフの話題は有力選手の移籍とその金額がメインになっていった。

 逆に言えば、若く有力な選手を注目されていないうちに発掘して育て上げ、高額の移籍金でビッグクラブに移籍させるという、いわゆる育成型の移籍金ビジネスも確立された。例えば、15年にマンチェスター・Uに移籍したFWアントニー・マルシアルは、移籍元のモナコ(フランス)が13年にリヨン(フランス)から600万ユーロ(約7億8000万円)で獲得した選手だ。しかし、その2年後の価値は3600万ポンド(約68億円)まで跳ね上がった。さらに、いくつかの条件をマルシアルがプレーで満たすと最大5800万ポンド(約105億円)まで跳ね上がる付帯契約が付いているとされる。

 このように、単純な移籍金だけでなく、例えば、チームの成績や個人の成績によって成果ボーナスが加わる変動制のもの、期限付き移籍に期間終了後の買い取りオプション、あるいは義務がつくもの。また、次のクラブに移籍した場合の移籍金の一部を受け取れるようにする契約など、ビジネス要素が強まった選手移籍の形態は多彩になっている。

 世界屈指の資金力を持つレアルは、ジダンだけでなく世界のトッププレーヤーを買い集め、「銀河系軍団」とも称されてきた。その伝統は21世紀でも絶えることなく続いており、現所属選手ではポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとウェールズ代表FWギャレス・ベイルを、それぞれ元の所属先であるマンチェスター・Uとトッテナム(イングランド)から、付帯条件で違いはあるようだが、いずれも約1億ユーロ(約130億円)という移籍金で獲得している。彼らはここ2シーズン連続でUEFAチャンピオンズリーグを制したチームの看板攻撃トリオ「BBC」のうち2人であり、高額移籍金に見合った活躍をしている選手だといえる。

 しかしながら、あくまでも投資という観点も鑑みれば、当然、失敗例もある。例えば、レアルはACミラン(イタリア)からブラジル代表MFカカを獲得した。移籍金は7000万ユーロ(約91億円)とされたが、ミラン時代にバロンドールを獲得したキレは見られず、負傷での長期離脱もあり、4シーズン後にレアルを離れた。その去り際は、メディアのアンケートでレアルのサポーターたちの大半がカカの放出を支持するという結果が出たほどの寂しい状況だった。

 また、同様に大型補強の目立つマンチェスター・Uは14年夏にレアルからアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアを5970万ポンド(約101億円)で獲得したが、チームにフィットできなかったディ・マリアはわずか1年で退団。PSGに6300万ユーロ(約86億円)で移籍している。もちろん、1年分の働きはあるにしても、マンチェスター・Uは約25億円の損を出した格好だ。こうした、加入時の移籍金と退団時の移籍金は常に比較されるし、高額の投資に対して“失敗”の烙印を押された選手には、ファンからも激しい風当たりがある。

 残り約1カ月となった移籍市場では、18歳にしてフランス代表に選ばれたモナコのFWキリアン・ムバッペが高額移籍の候補に挙がっている。モナコを説得するには少なくとも1億ユーロ(約130億円)が必要だと見込まれている。ネイマールほどのインパクトは無いかもしれないが、その動向にも注目が集まっている。

※移籍金は推測、レートはおおよそ当時のもの

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索