W杯出場に暗雲…大迫離脱は痛すぎる !ハリルホジッチも悩むFW問題

W杯出場に暗雲…大迫離脱は痛すぎる !ハリルホジッチも悩むFW問題

 8月31日に行われるオーストラリア戦は勝てばワールドカップ出場が決まるが、もし勝利を逃せば5日(以下、現地時間)に行われるサウジアラビアでの“完全アウェー”の最終戦に突破がかかる状況になる。だが、運命の2試合を前にして代表候補の選手にけが人が続出しており、短い休暇を終えて来日したハリルホジッチ監督も頭を悩ませている様子だ。

 特に痛いのがケルン(ドイツ)に所属する大迫勇也の負傷だ。7月31日のボローニャ(イタリア)との親善試合で右足首を痛めた大迫は靭帯損傷と診断された。20日のブンデスリーガ開幕戦に間に合うかは微妙な状況で、順調に回復したとしても本人とコンタクトを取りながら、ギリギリまで代表合流の可否を見極めることになるだろう。

 仮に大迫がオーストラリア戦に出られない場合、前線のチョイスはかなり難しいものになる。昨年11月に代表へ復帰して以降、大迫は6試合で3得点。その数字もさることながら、前線でボールをおさめ、2列目やサイドの選手に前を向かせ、そこからゴール前に入っていくプレーの質と安定感は日本人選手で他の追随を許さないものがある。

 縦に素早くボールを付け、相手の裏を狙う現代表のスタイルにおいて、大迫のポストプレーは攻撃の生命線とも言える。また相手に多少引かれた場合でも大迫が深い位置で絡むことにより、ボールを失うことなく崩しの起点を作ることができるのだ。

 象徴的な試合が大迫の復帰2試合目となったホームのサウジアラビア戦。自身のゴールこそ無かったが、4−2−3−1の1トップで柔軟かつ力強くボールをおさめ、久保裕也、清武弘嗣、原口元気らの前向きな仕掛けを引き出した。日本のシュート数は16本で相手は5本。2-0から終盤の猛攻に耐え切れず1点差とされたが、戦術面の機能性という意味では“ハリルジャパン”のベストゲームだろう。その立役者は大迫だった。

 1年5カ月ぶりの選出から半年にして日本代表の主力に定着した大迫。しかし見方を変えれば、それまでは大迫無しで戦っていたわけだ。

 大迫を欠く場合に大きく2つのプランが考えられる。同じ戦い方を別のFWでやり切るか、別の戦い方を選択するかということだ。攻撃の志向が変わるわけではないが、FWの生かし方をどうイメージするかで人選が変わってくる。

 オーストラリア戦では気候に慣れている国内組が重視されるとも言われる今回のメンバー。その中で早めに前線にボールを付け、そこに2列目の選手が絡む戦い方をするのであれば、興梠慎三が大迫に近い役割をこなせる選手だ。

 175cmという上背からはイメージしにくいが、縦のクサビに対して的確なポジションを取り、柔軟に全身を使ってボールを収めることができる。チャンスメーカーとしてのセンスも非凡だ。今季のJ1でここまで13得点を挙げており、ACLで3得点を決めていることも心強い。

 興梠のネックはハイボールの競り合いでオーストラリアのDFと真っ向から競り合えるタイプではないこと。またシビアな状況が予想されるセットプレーの守備を考えると、このポジションで高さのある選手を起用しないデメリットは小さくない。

 その点で金崎夢生はセットプレーを含めた守備面でも大迫と遜色ない働きが期待できる。前線のターゲットマンとしては大迫や興梠のような柔軟性は無いが、裏を狙う姿勢を見せながら相手DFに付かれても、強引に引っ張り込んで高い位置にポイントを作ることができる。

 オーストラリアのDFとはある種の“肉弾戦”を覚悟する必要があるが、金崎が相手に競り勝つことで、そこでボールを収めきることができなくても、結果的に周囲の味方がボールを拾って前向きに仕掛けられるはずだ。今季のJリーグではここまで6得点だが、金崎は重要な時間帯で勝負に直結するゴールが多い。

 金崎は昨年8月にクラブでの試合中の素行を理由に招集が見送られ、“代表追放”との報道も目に付いたが、その後は指揮官もたびたび候補の1人として名前を挙げている。新戦力より戦術を理解しているというメリットもある。大迫が万全であれば“二者択一”になるかもしれないが、今回は有力候補の1人としてリストアップされている可能性が高い。

 戦術理解という意味ではJ1で9得点の小林悠も有力だが、昨年10月のオーストラリア戦では右ウイングとして起用され、本田圭佑が1トップを任された経緯がある。現在の川崎では“ゼロトップ”的なシステムで、小林は右のウイングというより“ワイドアタッカー”として幅広く攻撃に絡んでいる。前からのディフェンスやセットプレーの守備もハリルホジッチ監督に買われている節があり、再びオーストラリア戦で抜擢されてもおかしくない。ただし、小林の場合は大迫の“代役”ではなく、1トップの選手をワイドからサポートする存在としての起用が想定しやすい。

 新戦力として最も期待されているのが、セレッソ大阪の躍進を牽引する杉本健勇だ。2年前の国内合宿に呼ばれたように、もともとポテンシャルを高く評価されており、今回のメンバーに選ばれるなら満を持しての選出となる。187cmの長身と日本人離れした身体能力を誇り、体を投げ出しながらもボールを正確に捉えるアクロバティックなフィニッシュがはまれば、オーストラリアのDF相手でも十分にゴールが期待できる。

 ただ、杉本はポストプレーに関しては高さでターゲットマンになれるものの、厳しいマークを背負いながら起点を作るというタイプではない。しかも、相手は屈強な守備陣を揃えるオーストラリアだ。杉本がゴール前で存在感を発揮するには中盤のサポートが不可欠だが、3、4日の準備期間で代表チームにフィットするのは簡単ではないだろう。メンバーに入ったとしても、まずは終盤の勝負どころで投入される前線のオプションというのが筆者の見通しだ。

 これまで何度か名前が挙がっている長沢駿はAFCアジア・チャンピオンズリーグでの経験があり、杉本よりターゲットマンの仕事は期待できるものの、やはり大一番でいきなり抜擢するリスクは大きく、ゴールゲッターとしても興梠や小林、杉本より評価を下げざるを得ない。

 もちろん海外組の岡崎慎司は大舞台を何度も経験してきた強みがあり、最近は選出外となっている武藤嘉紀も代表復帰をイメージしてブンデスリーガの開幕に備えている。一方で、昨年の敵地オーストラリア戦で1トップを務めた本田は、右足の状態と高地適応に時間を要するという理由でパチューカ(メキシコ)で開幕から3試合連続メンバー外となっており、短い準備で迎える大一番の戦力としては計算しにくい状況だ。

 2トップの採用、あるいはサイドにターゲットマンを配置する戦い方もオプションになり得るが、アウェーのサウジアラビア戦も想定に入れながら、オーストラリア戦での戦術適性、コンディション、経験を総合的に見極め、ベストのチョイスを模索していくことが求められる。もし大迫が何とか間に合った場合でも、今回はハリルホジッチ監督にとって最大の難関となるが、このミッションをクリアすれば先に待つ世界に向けても視界が開けてくるはずだ。(文・河治良幸)

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索