「メジャー最強投手」カーショーが“素朴”すぎて好感を持たれる理由

「メジャー最強投手」カーショーが“素朴”すぎて好感を持たれる理由

「メジャーナンバーワン投手は誰か?」

 そんな質問を受けた時、ここしばらくは大半の球界関係者が「クレイトン・カーショー」と答えるのが恒例になってきた。

 2011年に最多勝、最優秀防御率、最多奪三振の“投手三冠”を達成し、サイ・ヤング賞も通算3回受賞しているサウスポー。2014年に史上11人目のサイ・ヤング賞、MVPの1シーズン同時受賞を果たすなど、カーショーは現代の大リーグでは飛び抜けた実績を残してきた。

 特に2011年以降はすべての年で防御率2.53以下という圧倒的な成績。2014年1月に7年2億1500万ドル(約226億円)でドジャースと再契約し、史上初の“年俸3000万ドルプレーヤー”になった時も、球界全体が「カーショーなら当然」という空気になったものだった。

 紛れもなく球史に名を残す現代のエースだが、この左腕は実力こそ突出していても、普段から近づき難さを感じさせる選手ではない。映画の都・ハリウッドにほど近い場所に本拠地を置くにもかかわらず、フィールド外の派手なエピソードとは無縁。いわゆる“ハイスクール・スイートハート(高校時代からの彼女)”と結婚し、とにかく野球のことばかり考えているという話も伝わって来る。

 その素朴な人柄が象徴的な形で披露されたのが、2013、2014年に2年連続でサイ・ヤング賞を獲った際のことだった。受賞者は直後にMLBネットワーク、ESPNなどに生中継で出演するのが通例。その際、カーショーはひとりで注目を独占するのではなく、自宅で家族、多くの友人たちに囲まれながらそのインタビューを受け、視聴者を驚かせたのだった。

「これが僕の妻と親友たちだ。例えサイ・ヤング賞に選ばれなくても、僕たちはいずれにしてもパーティーをするつもりだった。楽しんでいるよ」

 2013年のMLBネットワークでのインタビューではそう語り、シーズン中には見せない満面の笑みを浮かべていたのが印象的だった。“パーティー”とは言っても、大酒を飲むのではなく、「ピンポンとビデオゲームで遊ぶつもり」。そんな姿を見て、好感を持たない関係者、ファンは存在しなかっただろう。

 多くの日本のファンは、カーショーと黒田博樹が親しい関係を築いたことも記憶しているかもしれない。2008年、渡米直後の黒田、メジャー昇格したばかりのカーショーはキャッチボールのパートナーになった。ふたりはすぐに互いを認め合い、歳の差を超えてリスペクトし合うようにもなった。

「(黒田と)一緒にいて、調整の仕方を見ているだけで参考になるよ」

 黒田がドジャースで最後にプレーした2011年、実際にカーショーに尋ねると、そんな答えが返ってきた。普段のカーショーはメディアに対してサービス精神が旺盛なタイプではないが、黒田のことを聞くと途端にうれしそうな顔をした記憶が残っている。ふたりの間の絆は本物だったのだろう。

 ここではソフトな部分を記してきたが、もちろん世界一を目指すチームのエースとして厳しい部分は持っている。登板日のルーティーンは神経質なほどにしっかりと守る。その闘争心、納得できない早期降板には憤りがちなことなどは、かつてESPNマガジンの特集で詳しく記されたこともある。マウンド上での成功に対して並々ならぬ熱意を持っていることは、投球時のボディー・ランゲージからも一目瞭然だ。

 引退後の殿堂入りはすでに確実な現代のナンバーワン投手は、素朴で、ルーツを大事にし、そして勝利のために全力を尽くすピッチャー。29歳の左腕の時代はまだまだ終わらない。今後もマウンド上では相手打者を支配し、同時に飾らない好漢として、多くのベースボールファンを魅了し続けるのだろう。(文・杉浦大介)

関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索