別れはサーシャコーチから? 大坂なおみの未来に暗雲が…

別れはサーシャコーチから? 大坂なおみの未来に暗雲が…

 今まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの女子テニスの大坂なおみ(21)。世界ランキング1位になったばかりだが、その前途を心配する声が漏れ始めている。



 日本時間2月12日に自身のツイッターで、2017年末から二人三脚でともに歩んできたコーチ、サーシャ・バイン氏との関係を解消したことを明かしたからだ。順風満帆に見えたバイン氏との歩み。元テニスプレーヤーの杉山愛さんも驚きを隠さない。

「テニス界全体で見ても、これだけ結果が出ている中での解消は異例。短期間で結果も出ていて、本当にいい関係を築けていると思っていた。サーシャからの“卒業”が正しい時期だったかは疑問が残ります」

 これまで大坂は劣勢になるといら立つなど、精神面の課題を抱えていた。コーチがコートに入れる大会では、バイン氏が大坂の前にひざまずいて激励することも。杉山さんは指摘する。

「精神的に成長したなと思わせてくれた1年。そこにサーシャの存在の大きさがあったと思います。心のよりどころとしてサーシャが支えていた部分は非常に大きかったはずです」

 40年以上の取材歴があるテニスジャーナリストの塚越亘氏も次のように話す。

「恋愛と同じで選手とコーチは尊敬しあう関係でなくては世界では戦えません。いつも笑いが絶えず、同じ方向を見て高みを目指していた2人は、理想的な組み合わせだったと思います」

 それだけに解消は不可解に映る。塚越氏は言う。

「トップに登りつめてからのコーチ交代は、4大大会の期間中だけとか、短期間に限定したケースはよく見られます」

 その場合、4大大会の優勝経験を持つコーチに頼むケースが多いという。錦織圭はマイケル・チャン氏をコーチに迎えてから急成長した。トップ選手になった途端に、“おせっかいな”外野が口を挟むようになることは想像に難くない。

「周囲の人たちが、(シュテフィ)グラフといったレジェンド級のコーチへの交代を進言することは考えられます。仮にそうだとしたら、サーシャは自分が評価されなかったと感じた可能性もある。発言は大坂選手からでしたが、それは雇い主だから筋を通しただけ。真相はわかりませんね」

 大坂の真価が問われるのはこれから。

「会見ではこの件を何度も聞かれるでしょう。負けたりすればコーチ交代は失敗だと言われてしまう。それでもテニスに集中できるかです」

 吉とでるか凶とでるか。(本誌・秦正理)

※週刊朝日 2019年3月1日号


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索