歴史的名牝も誕生…「平成の最強馬」はどれだ?<牝馬編>

歴史的名牝も誕生…「平成の最強馬」はどれだ?<牝馬編>


 平成の30年間は競馬界にも大きな変化が起こった時代でもあった。特に名牝と呼ばれた強豪牝馬たちのローテーションに対する認識は昭和の頃とは明確に変わったといってもいいだろう。

 クリフジやトキツカゼらが牡馬相手にクラシックを勝った1940年代の時期は別として、昭和の終盤に差しかかるころには牝馬は牝馬同士で対戦するものという考え方が根強く、特に優駿牝馬(オークス)を勝つような中長距離向きの牝馬はクラシック後は早期引退かG1戦線から姿を消すことが多かった。

 実際、昭和61年(1986年)にJRA史上初の牝馬三冠(非クラシックのエリザベス女王杯を含む)を達成したメジロラモーヌも、三冠後は有馬記念での9着を最後に早々と引退。こうした傾向は古馬牝馬を対象にしたG1が当時はなかったことも影響していただろう。古馬になってからも現役を続けた強豪牝馬たちも、牡馬に交じって中距離以上のG1で勝利をつかむ例はほとんどなかった。

 ただしスプリントやマイルなど、短めの距離なら平成初期に牡馬と互角以上に戦えた名牝たちも出現している。1992年(平成4年)に桜花賞とオークスの二冠を達成したニシノフラワーは同年末に牡馬の強豪ヤマニンゼファーを2着に従えてスプリンターズステークスを制覇。93年(平成5年)にはシンコウラブリイがマイルチャンピオンシップを勝っている。

 そして94年(平成6年)には、女傑と呼ばれたヒシアマゾンが台頭。外国産馬のクラシックと天皇賞への出走が認められていない時代、そして古馬牝馬G1がない時代ゆえにG1勝利は2歳時(当時の表記では3歳)と3歳時の牝馬限定戦を1勝ずつだったが、3歳暮れの有馬記念では同世代の三冠馬ナリタブライアンの2着。4歳になってもG2を2勝にジャパンカップ2着と、中距離以上でも牡馬相手に互角の戦いを繰り広げた。

 このあたりから、徐々に古馬牝馬に対する認識が変わり始めた。超一流の牝馬ならば中長距離のG1レースでも牡馬に対抗できるのではと……。その流れを決定的にしたのが、エアグルーヴだった。


 96年(平成8年)のオークスを勝ったエアグルーヴは、翌97年に夏のG2札幌記念から天皇賞(秋)を連勝。同世代の2歳王者バブルガムフェローや1歳上の皐月賞馬ジェニュインらを抑えての堂々たる勝利で、牝馬が天皇賞を制したのは1980年のプリテイキャスト以来の快挙だった(注:1980年当時の天皇賞・秋は3200m)。

 エアグルーヴは続くジャパンカップも外国馬ピルサドスキーの2着、さらに有馬記念でもシルクジャスティスの3着と牡馬相手に善戦。これらの戦績が評価され、牝馬としては史上2頭目の年度代表馬に選出されている。

 2001年(平成13年)にはスイープトウショウが安田記念2着から宝塚記念を制覇。11番人気ながら前年の年度代表馬ゼンノロブロイらを下しての堂々たる勝利で、牝馬による宝塚記念勝利は39年ぶり史上2頭目だった。

 2003年(平成15年)にはスティルインラブがメジロラモーヌ以来の牝馬三冠達成を果たしたが、牡馬相手だと歯が立たず。だが2004年(平成16年)になると、ともに歴史的名牝と称されるようになるウオッカとダイワスカーレットが牝馬クラシックのみならず牡馬も含めた競馬界の中心的存在となっていく。

 桜花賞でダイワスカーレットの2着に敗れたウオッカは、オークスではなく牡馬相手のダービーに挑戦。見事に牝馬では史上3頭目のダービー馬に輝いた。ウオッカは4歳となった2008年には安田記念と天皇賞(秋)を制し、エアグルーヴ以来となる牝馬の年度代表馬に選出。2009年も安田記念を連覇し、天皇賞(秋)では3着に善戦すると、ジャパンカップでは前年の菊花賞馬オウケンブルースリとの接戦をハナ差で制した。日本産の牝馬がジャパンカップを勝ったのは、これが史上初めての快挙だった。

 一方、ダイワスカーレットは3歳秋の秋華賞で再びウオッカを破るとエリザベス女王杯も連勝。有馬記念ではマツリダゴッホの2着に善戦する(半兄のダイワメジャーが3着)。4歳時は7カ月の休み明けで臨んだ天皇賞(秋)こそウオッカにハナ差負けしたものの、有馬記念は逃げ切りで完勝。牝馬の有馬記念制覇はトウメイ以来で37年ぶりだった。


 女傑の系譜は2強が去った後も途切れなかった。2009年(平成21年)の二冠牝馬ブエナビスタは、同年の有馬記念で2着。翌2010年3月にはドバイ遠征を敢行し、ドバイシーマクラシックで2着に入った。帰国後も牝馬限定戦のヴィクトリアマイルを勝ち、宝塚記念で2着。そして天皇賞(秋)で牡馬相手にG1制覇を果たした。その後もジャパンカップ、有馬記念、翌11年のヴィクトリアマイルと宝塚記念でいずれも2着(ジャパンカップは1着入選後に降着)。天皇賞(秋)ではトーセンジョーダンの4着と崩れたものの、ジャパンカップはトーセンジョーダンに雪辱しての勝利を収めている。

 競馬というのは面白いもので、ブエナビスタがターフを去るのと入れ替わりで、再び新たな女傑が誕生する。2012年(平成24年)の牝馬三冠を全て制したジェンティルドンナは、ジャパンカップも制覇。しかもハナ差の2着は1歳上の三冠牡馬で仏G1凱旋門賞でも2着の歴史的名馬オルフェーヴルだったから、その価値はいっそう高まった。ちなみに3歳牝馬がジャパンカップを勝ったのはこれが史上初の出来事で、当然のように年度代表馬に選出された。

 4歳となったジェンティルドンナはドバイシーマクラシック2着、宝塚記念3着、天皇賞(秋)2着とゴールドシップ、ジャスタウェイら強豪牡馬相手に善戦しつつも勝ちきれないレースが続いたが、ジャパンカップでは3歳牝馬デニムアンドルビーをハナ差抑えて史上初の連覇を達成。5歳時はドバイシーマクラシックで前年の雪辱を果たして優勝し、引退レースの有馬記念でウオッカに並ぶG1通算7勝目を手にしている。

 2015年(平成27年)はウオッカやジェンティルドンナ級の大物牝馬こそいなかったものの、ストレイトガールがスプリンターズステークス、ショウナンパンドラがジャパンカップ、サンビスタがチャンピオンズカップを勝っている。特に12番人気の低評価を覆したサンビスタの勝利は、JRAのダートG1を初めて牝馬が制したことで歴史に刻まれた。


 2016年(平成28年)の宝塚記念では、前年の二冠牝馬ドゥラメンテと、この時点で菊花賞と天皇賞(春)の両G1を勝っていたキタサンブラックを2着と3着に従え、前年のエリザベス女王杯馬マリアライトが勝利。2017年(平成29年)にはヴィブロスがドバイターフで海外G1制覇を達成した。

 そして2018年。久々に歴史的な女傑が誕生した。アーモンドアイだ。デビュー戦こそ2着だったアーモンドアイだが、2戦目からは連勝街道に。牝馬クラシックおよび秋華賞をいずれも快勝で史上5頭目の三冠牝馬となると、ジャパンカップに挑戦する。ハイペースで逃げた前年の菊花賞馬キセキを2番手で追走すると、最後の直線で軽やかに先頭に立ってゴールイン。タイムは2分20秒6。圧巻のレコードでジェンティルドンナ以来の3歳牝馬によるジャパンカップ制覇を成し遂げた。

 このジャパンカップは世界的にも高く評価され、ロンジンワールドベストレースホースランキングでは3歳牝馬ではトップタイの124ポンド。これは過去最高だった2012年のジェンティルドンナの122ポンドを上回るものとなった。

 ここで紹介した以外にも平成を彩った名牝はたくさんいる。牡馬相手には分が悪かったとはいえ、G1通算5勝のメジロドーベルやエリザベス女王杯2連覇のアドマイヤグルーヴ、三冠牝馬アパパネなども十分に強かった。また牝馬のもうひとつの重要な役目である繁殖という観点も含めるなら、自身は米G1アメリカンオークスなどを勝ち、産駒として昨年のホープフルステークスを無傷で制し、今年のクラシック候補となっているサートゥルナーリアら3頭のG1馬を送り出したシーザリオも歴史的な名牝だろう。

 アーモンドアイの快進撃は続くのか。往年の名牝たちの産駒がまたターフをにぎわすのか。それとも新たな女傑が誕生するのか。今年の競馬も牝馬たちの活躍から目を離せそうにない。(文・杉山貴宏)




関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索