リプニツカヤ&ランビエールが熱演、日本への敬意が生んだ新たな「源氏物語」

リプニツカヤ&ランビエールが熱演、日本への敬意が生んだ新たな「源氏物語」

『氷艶2019―月光かりの如く―』(7月26〜28日、横浜アリーナ)では、 日本文化の源流である源氏物語を、ヨーロッパ出身のスケーター、ステファン・ランビエールとユリア・リプニツカヤが見事に表現している。



 演出の宮本亜門氏が、主演・高橋大輔のよいライバルとなる相手としてキャスティングしたランビエールは、高橋が扮する光源氏の異母兄にあたる朱雀帝を演じる。日本でも人気が高いランビエールは今まで多くの日本のアイスショーに出演しているが、日本の古典を演じるのはやはり特別な体験だったようだ。プログラムに掲載されたインタビューで、ランビエールは源氏物語を理解するのは荷が重いことを理解した上で「だからこそやりがいがあると感じた」と語っている。

「日本に来るたびにこの国の歴史を知るようになり、興味を持っていましたので、さらに深く知る機会をいただけて感謝していますし、美しい日本風の衣裳で演技を披露するのをとても楽しみにしています」(プログラムより)

 ランビエールのスケーティングに備わる気品は帝にふさわしく、また随所で見せる高橋との共演も見応えがあった。ランビエールの端正なスケーティングと、高橋のドラマティックな滑りを同時に堪能できるのはなかなかできない体験で、会場を埋めた観客にも深い印象を残しただろう。原作では優し過ぎるが故の弱さを持つ朱雀帝が、ランビエールの滑りによって光源氏に対抗する強さを持った人物として氷上に姿を現した。

 桃色の衣裳をまとった、ユリア・リプニツカヤ扮する紫の上がリンクに滑り出てくると、自然に拍手が起こった。リプニツカヤの現役時代のプログラムでは、赤い衣裳でユダヤ人の少女を演じたソチ五輪シーズンのフリープログラム『シンドラーのリスト』が印象的だ。当時15歳だったリプニツカヤにはその年齢にしかない魅力があったが、21歳となった今の彼女にも、愛らしい少女として鮮烈に登場する源氏物語のヒロイン・紫の上を演じるのにふさわしい若々しさがある。

 ソチ五輪でロシアの団体金メダル獲得に大きな貢献をしたリプニツカヤだが、トップスケーターとしての競技生活は短かった。拒食症に苦しんだ末19歳で引退した際には、今はアイスショーには出たくない、またコーチにもならないという趣旨の発言をしている。だが、昨年フィギュアスケーター養成機関「アカデミー・オブ・チャンピオンズ」を立ち上げ、日本でもイベントを開催。指導者としての活動に力を入れており、またフィギュアスケートの世界に帰ってきてくれた。

 リプニツカヤにとり、この『氷艶2019』は人生で2回目に出演するアイスショーだという。しかし、登場するだけで目を引く存在感と滑らかなスケーティング、常に美しく保たれる姿勢は、プロスケーターとしても一流であることを感じさせた。源氏物語についての母国語の文献を読んで準備をしたというリプニツカヤには、表現するための知性と意欲、そしてスケートの技術が備わっており、これからも是非ショーでそのスケーティングを見せてほしい。

 日本を愛するヨーロッパのスケーターが氷上で体現する「源氏物語」は、日本文化の新しい有り様を示しているようにも思える。『氷艶2019』は、フィギュアスケートが人気を博している日本だからこそ生み出された、新たな形態のエンターテインメントなのだ。(文・沢田聡子)

●プロフィール
沢田聡子
1972年埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、出版社に勤めながら、97年にライターとして活動を始める。2004年からフリー。シンクロナイズドスイミング、アイスホッケー、フィギュアスケート、ヨガ等を取材して雑誌やウェブに寄稿している。「SATOKO’s arena」


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索