日本代表“2列目”の人材は超豊富! 久保らを脅かすのはこの男たち

日本代表“2列目”の人材は超豊富! 久保らを脅かすのはこの男たち

 ミャンマーにアウェーで2−0と勝利し、上々の滑り出しを見せた日本代表。森保一監督は「1戦1戦、相手を上回って行くためにしっかり準備しなければいけないと感じた」と語り、これからも厳しい予選の戦いが続いて行くことへの覚悟を表した。



 予選のスタートということで今回の23人は“森保ジャパン”のベースとなるメンバーといえる。もちろん、ここから全てのポジションで入れ替わりは起こりうるが、森保監督が「1年間やってきて、自分の中ではベストのメンバー」と言う通り、今後の選考でも有利な立場にあるだろう。

 日本代表の中でもタレントが豊富で、欧州組も多いのが“森保ジャパン”の基本フォーメーションである4ー2ー3ー1における2列目の3枚だ。今回は堂安律、南野拓実、中島翔哉のスタメン3人に加えて、ミャンマー戦で予選最年少記録を更新した久保建英、さらに伊東純也、原口元気の6人が“本職”のセカンドアタッカーとなる。

 こう見ると、なかなかバランスのとれた6人ではあるが招集外の実力者、有望タレントは多い。まずドイツ1部やヨーロッパリーグの予選など、印象的な活躍を続ける鎌田大地(フランクフルト)は最もメンバーに近い候補だ。3月にはFWの一人として招集され、実際に1トップでテストされたが、本質的に2列目の方がパフォーマンスを発揮しやすいタイプの選手。高いキープ力とボールを縦に運ぶ能力、さらにラストパスやミドルシュートなど、バイタルエリアで決定的な仕事ができるプレイヤーだ。

 鎌田が選ばれた場合は基本的に南野が主力を担うトップ下のポジションがメインになる。1トップに君臨する大迫勇也は流れの中で手前に引いてボールに関わるケースも多く、パラグアイ戦やミャンマー戦でも南野と頻繁に縦の関係をチェンジしていた。そうした傾向からも、1トップ経験のある鎌田はスムーズに対応しやすい。また彼が加わることで、今回は3人招集されたFWの枠に違ったタイプの選手を入れるプランも出てくる。

 コパ・アメリカでウルグアイ相手に2得点する活躍を見せた三好康児(アントワープ)は所属チームでポジションを掴むことができれば、すぐにでも2列目のメンバーに割って入りうるポテンシャルがあり、五輪監督を兼任する森保監督も期待する一人だろう。2列目のポジションであれば左右、中央のどこでもプレーできるチャンスメーカーで、周囲を生かすアクセントのプレーなど、引き出しが多い。

 例えば三好がコパ・アメリカと同じ右サイドに入れば、中島のドリブルや南野の飛び出しもスムーズに発揮しやすいだろう。また同時に久保をトップ下で使うオプションも使いやすくなることが想定できる。逆に三好がトップ下に入れば、彼を起点に右から堂安、左から中島が推進力のある仕掛けがさらに威力を増すかもしれない。とにかく彼に求められるのは所属チームで出場機会を確保し、ベルギーリーグでしかるべき活躍を見せることだ。

 ここからの成長を加味すれば最も面白いタレントがオランダでプレーする19歳の中村敬斗(トゥエンテ)だ。鎌田や三好と異なり純然たるサイドアタッカーである中村は今年5月に行われたU−20W杯を経験し、ガンバ大阪で出番を増やしたのもつかの間、期限付き移籍でオランダに渡った。

 そこから開幕戦で現在は堂安が所属する名門のPSVを相手に衝撃的なゴールを決めると、続くフローニンゲン戦でもゴールを決めて話題を集めた。独特のボールタッチと緩急自在のドリブルで局面を打開できるタイプであり、左右のサイドをこなすが、左から斜めに切り込んで放つシュートを最大の武器にしている。その意味では中島と共通する部分も多いが、180cmの高さやオフ・ザ・ボールで飛び込んで行く決定力も高く、ジョーカーとしてのポテンシャルも高い。

 ヴィッセル神戸でイニエスタなど良質な外国人アタッカーとともに鮮やかなフィニッシュワークで得点に絡んでいる古橋亨梧も代表選出を求める声が強まっている選手だ。非常にスピードがあり、速い展開でも正確な技術と判断力を出せるところは代表向きと言える。U−22代表の遠藤渓太(横浜F・マリノス)は左サイドからのクロスに加えてワンツーなどコンビネーションでゴール前に進出するプレーが得意で、かつ運動量が豊富であり、3ー4ー2ー1を採用する場合はアウトサイドができるメリットもある。

 さらにコパ・アメリカに招集された伊藤達哉(シント=トロイデン)、アジア杯のメンバーで鎌田と同じくFWの候補にもなりうる北川航也(ラピード・ウィーン)、ハリルジャパンでは常連だった久保裕也(ヘント)なども有力候補だが、個人的に爆発的な台頭を期待するのがガンバ大阪からマンチェスター・シティに移籍し、スコットランドのハーツに貸し出された食野亮太郎だ。東京五輪にも出場資格を持つ21歳だが、森保監督にU−22も含めて一度も招集されたことがない。

 しかしながら“食野”の名前さながらに、ワイドからの仕掛け、飛び出しなどからゴールに食い付くような貪欲なフィニッシュワークでゴールを決める。本質的にFWの選手だが、“森保ジャパン”に入るとすれば2列目のどこかになるはず。それでも目指すのはゴールであり、他のライバルにも無いガツガツ感が日本代表を活性化させる可能性もある。まずはスコットランドで活躍しないことには話にならないので、ゴールを奪い続けることでのアピールに期待したい。(文・河治良幸)

●プロフィール
河治良幸
サッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』の創刊に携わり、現在は日本代表を担当。セガのサッカーゲーム『WCCF』選手カードデータを担当。著書は『サッカー番狂わせ完全読本 ジャイアントキリングはキセキじゃない』(東邦出版)、『勝負のスイッチ』(白夜書房)、『サッカーの見方が180度変わる データ進化論』(ソル・メディア)など。Jリーグから欧州リーグ、代表戦まで、プレー分析を軸にワールドサッカーの潮流を見守る。NHKスペシャル『ミラクルボディー』の「スペイン代表 世界最強の"天才能"」に監修として参加。8月21日に『解説者のコトバを知れば サッカーの観かたが解る』(内外出版社)を刊行。


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索