巨人にはびこる「大型補強しなくても優勝できたんじゃないの」説

巨人にはびこる「大型補強しなくても優勝できたんじゃないの」説

 5年ぶりのリーグ優勝が目前に迫っている巨人。シーズン開幕前に話題となったのは、原辰徳・新監督の下で敢行された大型補強だった。



 丸佳浩外野手、炭谷銀仁朗捕手をFA市場で獲得した他、マリナーズを退団した岩隈久志投手、オリックスを自由契約となった中島宏之内野手、そして新外国人としてビヤヌエバ内野手、クック投手を獲得。さらにシーズン途中の6月に新外国人のデラロサ投手、トレードで藤岡貴裕投手、鍵谷陽平投手、7月には古川侑利投手をチームに加えた。

 補強の目玉は丸だった。リーグ3連覇を果たした広島の主軸にして昨季のリーグMVPは、新天地でも不動のレギュラーとして安定したパフォーマンスを続け、9月16日終了時点で全試合に出場して打率.302、27本塁打、89打点の好成績を残している。打率は坂本勇人に次ぐチーム2位、本塁打は坂本、岡本和真に続くチーム3位、打点は坂本と並ぶチーム1位。本塁打の際の「マルポーズ」もチームに浸透し、まさに首位快走の原動力となった。

 だが、丸以外の面々の貢献度は高くない。丸と同じくFAで西武から加入した炭谷は、正捕手として起用された時期もあったが、ここまで出場53試合と活躍は限定的。そしてローテ入りが期待された岩隈はコンディション不良で8月末に2軍でようやく実戦復帰したという状況で、右の代打要員となった中島は43試合出場で打率.148で、得点圏打率.000(12打数無安打)。

 さらに昨季メジャーで20本塁打を放ったビヤヌエバは、73試合出場で打率.223、8本塁打、24打点と物足りず、新守護神として期待されたクックは、故障から調子を崩して13試合で防御率4.80。シーズン途中加入組では、唯一、鍵谷が中継ぎで23試合に登板して防御率2.28とチームに貢献しているが、あくまでも脇役の存在。大型補強が優勝の原動力となったかは、甚だ疑わしい。実情は、ベテランの奮起と若手の台頭が大きな原動力となった。

 代表的な存在が、亀井善行だろう。昨季自身9年ぶりに規定打席到達を果たした男は今季、序盤は主に5番打者、6月以降は1番打者として粘り強さと勝負強さを発揮し、特に7月は月間打率.404と大暴れ。ここまで124試合に出場して打率.291、13本塁打、54打点の成績を残している。加入3年目の陽岱鋼も奮起した。6月に月間打率.375をマークし、ここまで102試合に出場して打率.290、4本塁打、21打点。故障で途中離脱はあったが、持ち前のスピード感あふれるプレーで攻守において存在感を見せた。

 そして若手だ。先発ではドラフト1位ルーキーの高橋優貴が5勝、2015年ドラ1位の4年目・桜井俊貴が8勝を挙げ、リリーフでは中川皓太が63試合に登板して4勝3敗15ホールド16セーブと大車輪の活躍を披露した。野手では大城卓三が一塁のレギュラー争いに名乗りを挙げ、若林晃弘が二塁の定位置確保をアピール。増田大輝は代走のスペシャリストとして存在感を見せている。

 こう見ると、補強組よりも元々チームにいた選手たちの頑張りの方が目立つ。競争心を煽り、彼らの奮起を促し、切磋琢磨した中で力を伸ばしたという意味では、大型補強は意味があったと言えるかも知れないが、「大型補強がなくても優勝できたのでは?」という疑問は頭を離れない。そう思わせることができた「補強以外」の選手たちの力こそが、5年ぶりのリーグ優勝への原動力となっている。


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索