「悔いはない」 ヤクルト館山、畠山の生き様がカッコよすぎる

「悔いはない」 ヤクルト館山、畠山の生き様がカッコよすぎる

 館山昌平(38歳)と畠山和洋(37歳)。長年にわたって投打でヤクルトを支えてきた2人が、今シーズン限りで現役生活に別れを告げる。「悔いはない」、「幸せな野球人生」。9月13日に行われた引退会見でそう語る2人の表情は、実に晴れやかだった。



 日大から2003年にヤクルトに入団(ドラフト3巡目)した館山は、全盛期は“負けない男"と呼ばれた。08年は12勝3敗、勝率.800でセ・リーグ最高勝率(当時は表彰外)。このシーズン途中から翌年にかけて球団新記録の14連勝をマークし、09年は自己最多の16勝(6敗)で最多勝のタイトルを獲得した。その後も2012年まで5年連続で2ケタ勝利を挙げた右腕がこだわったのが、“負けないこと"だった。

「投げる試合は負けたくないっていうのはあります。それで自分に勝ちがつけばチームにも勝ちがつくわけで、そういった意味では勝ちは欲しいですけど、それよりもまずは負けないことですね」

 そう話していたのは、2011年シーズンのこと。当時は150キロ近いストレートと、正捕手の相川亮二(現・巨人バッテリーコーチ)に「変化球1つ取っても、その中で緩急をつけて速くしたり遅くしたり、あるいは曲がりを大きくしたり小さくしたりできるから、何十種類という球種になる」と言わしめた多彩な変化球を武器に、抜群の安定感を誇っていた。この年は終盤まで防御率1点台をキープしてタイトルも狙えそうな位置にいたが、それよりも“負けないこと”にこだわった。

「防御率のために野球をやってるわけじゃないですから。それこそ展開によっては、ソロホームランならOKみたいな時もあるわけじゃないですか。そこをホームランを怖がって、ランナーためてドンって行かれるくらいだったらっていう時もあるので……。とにかくチームの勝ちっていうことですね」

 この2011年は前年(4完封)に続いてリーグ最多となる3完封(中日の吉見一起とタイ)を記録し、防御率は自己ベストの2.04。館山が投げれば勝てる──。神宮に集う燕党は、常にそんな思いを抱いていた。実際、08年から12年の5年間は通算63勝29敗で.685という高い勝率を誇った。

 だが、大学4年時に右肩のクリーニング手術、プロ2年目の2004年にはトミー・ジョン手術(じん帯再建手術)を受け、翌05年のオフに右肘を再手術していた館山の野球人生は、その後も故障との闘いとなる。

 2ケタ勝利を続けていた2011年オフに右手血行障害の手術、初の開幕投手に抜てきされた13年のシーズン序盤には2度目のトミー・ジョン手術、そして復活を目指した翌14年に3度目のトミー・ジョン手術……。故障のリスクを賭してでも、打者を抑える確率を高める術を追求したが故のことだったが、引退会見では「心が折れることもありました」と心情を吐露した。

 それでも館山はよみがえった。2015年6月28日の巨人戦(神宮)で一軍マウンドに復帰すると、7月11日のDeNA戦(神宮)で1019日ぶりの勝利。試合後のお立ち台では「何度手術しても、皆さんがいればこうやって戻ってくることができるんです」とスタンドのファンに語りかけた。この年は6勝を挙げてヤクルトのリーグ優勝に貢献し、カムバック賞を受賞。“負けない男"は、たび重なる故障にも負けなかった。

 間違いなく「記録よりも記憶に残る」館山だが、通算勝率.556は石井一久(.609)、鈴木康二朗(.582)、金田正一(.569)に次いで球団史上4位。通算防御率3.32は同7位、通算85勝も同10位タイ(勝率、防御率は通算1000投球回以上の投手が対象)にランクされている。記憶だけでなく、記録でも前身の国鉄、サンケイ時代を含めた球団の歴史にしっかりと残っているのである。

 一方の畠山は専大北上高から、館山よりも早い2001年に入団(ドラフト5位)。引退会見では、自ら「練習嫌いとして有名な部分はあったので……」とおどけたが、実際に二軍時代はなかなか練習に身が入らず“戸田の問題児"などと呼ばれたこともあったという。当時は二軍の指揮官だった小川淳司監督が述懐する。

「一番最初に(二軍戦で)スタメンで『8番サード畠山』ってやったら『クリーンアップ以外を打つのは初めてです』って言われて……(苦笑)。まあ、それは自信の表れだったと思いますし、確かにバッティングの技術は非常に高かったと思います。ただ、あの体型なんで、なんとかしようと思って(練習で)走らせたっていうのも事実だし、厳しくやったのも事実です」

 その小川監督が畠山との「一番の思い出」として挙げたのが2010年。高田繁監督の途中休養に伴い、ヘッドコーチから監督代行となってチームを巻き返しに導いたシーズンに思いを馳せ、愛弟子に対する“感謝”の念を口にした。

「高田監督から引き継いだ時に、(畠山を)レフトで使ったっていう……。これは賛否じゃなくて『否』しかなかったんだけど(苦笑)、それも後に監督っていう立場でやれた1つの大きな要因だったと思います」

 借金19を抱えた状態でチームを預かった小川監督代行が、低迷する打線のテコ入れとして打ち出した策の1つが、それまで一軍では外野を守ったことのない畠山のレフト起用だった。これがズバリ当たり、畠山は打率.300、14本塁打の好成績をマーク。ヤクルトは最終的に4つの貯金をつくり、その手腕を評価された小川監督代行は翌年から監督に昇格するのだが、畠山の活躍がその「1つの大きな要因」だったというわけだ。

 畠山は翌2011年には4番・一塁に定着してリーグ2位タイの23本塁打を放つが、ただ振り回すだけのバッターではなかった。引退会見で「自分を誇りに思えることは?」と聞かれて「取れる点を絶対取るというのを、高い確率で遂行できたっていうこと」と話したように、チームに得点をもたらすのが上手い“点取り屋"だった。ヤクルトがリーグ優勝した2015年は、4番・畠山の後を打っていた雄平がいう。

「内野ゴロで1点を取れる時はわざと初球から内野ゴロを打つとか、貪欲に打点を稼いでいくっていうのはすごく感じてました。分かっててもそれができないっていうこともたくさんあるから、それも1つの技術だと思います。得点圏打率に表れなくても、犠牲フライや内野ゴロでランナーを返すこともできるんで、そういうのを意識的にやってましたね」

 畠山は2015年に自己最多の105打点を叩き出し、ヤクルトの日本人選手では広沢克己(現・広澤克実、1991、93年)に次いで2人目の打点王を獲得。まさに“点取り屋”の面目躍如といったところだが、何も「打点」にこだわっていたわけではない。

 たとえば無死一、三塁の場面。そこで1点でも入ればチームにとってプラスになると思えば、ダブルプレー覚悟で迷いなくゴロを打ちに行く。併殺打の間に走者が生還しても打点は記録されないが、そんなことは関係なかった。引退会見で「打つだけじゃなくて、そういう意外と細かいことができたっていうのは誇りに思います」と胸を張ったのは、かつての“問題児"が献身的なプレーヤーに成長した証だった。

 2人には9月21日に神宮球場で行われる「引退試合」(中日戦)で、最後の舞台が用意されている。館山は現在通算998奪三振で「1000」の大台まであと2つに迫っているが、この記録には「まったく興味がないんですよね」という。

「やっぱり全力で投げてきた積み重ねなので……。(1000奪三振は)普通の選手にしたらただの通過点かもしれませんし、それよりも全力で一軍でも二軍でもアウトを取りに行ったっていうのが、自分の誇れるところなので」

 たとえ「引退試合」であってもお茶を濁すような真似はしないし、相手の打者にもしてほしくない。これまでと同様、最後まで打者を打ち取るために全力で腕を振るつもりだ。

 畠山のほうは、まだ自分が二軍にいた頃に華やかなスポットライトを浴びながらユニフォームを脱いでいった先輩の姿に、自らを重ね合わせている。

「池山さんじゃないですけど、とにかく全力で(バットを)振って敗れ去りたいと思ってます、気持ちは」

 球団史上最多の通算304本塁打を放ち、2002年の現役最終打席ではすべてフルスイングの空振り三振で19年間の選手生活にピリオドを打った池山隆寛。“ブンブン丸”の異名を取った偉大な先輩のように、畠山も最後は“魂のフルスイング”で、16年の現役生活を締めくくるのだろう。

 ヤクルト一筋に、長きにわたってファンを魅了してきた館山と畠山──。2人の引退は寂しいというほかないが、明日21日はそのラストステージをしっかりと見届けたい。(文・菊田康彦)


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索