ギータを早くメジャーで見たい! 柳田のポテンシャルは「飛び抜けている」とスカウト絶賛

ギータを早くメジャーで見たい! 柳田のポテンシャルは「飛び抜けている」とスカウト絶賛

 1995年、野茂英雄がメジャーリーグに挑戦し、日本人メジャーリーガーのパイオニアとなった。主に日本プロ野球界で活躍した選手たちがアメリカの門を次々とたたき、現在でもメジャーリーグに挑戦したいという気持ちを持つ選手は後を絶たない。



 2019シーズンも田中将大、ダルビッシュ有、前田健太、大谷翔平といった選手が第一線で活躍した。ただ、こういった顔ぶれからも一目瞭然だが、ベースボールの本場・アメリカでも輝いているのは投手ばかり。“二刀流”の大谷は唯一の存在であり、規格外すぎて別枠といえるが、日本人バッターの活躍が聞こえてこなくなって久しい。

 そもそも、歴代の日本人メジャーリーガーを振り返っても、野手で文句なくアメリカでも活躍のインパクトを残せたのはイチローと松井秀喜くらいだろう。多くの選手は一時的に奮闘した時期はあっても、日本時代と比較したら大きく見劣りする数字しか残せなかった。

 日本人野手にとってメジャーの壁は高すぎるのか。しかし、そんなさみしい現状を打ち破ってくれそうな選手がいる。スケールの大きなプレースタイルで日本トップクラスの長距離打者となったソフトバンクの『ギータ』こと、柳田悠岐だ。

 公称188センチ・92キロの立派な体格は日本人離れしており、松井秀にも引けを取らない。外国人にも勝るとも劣らない身体能力を誇る柳田であれば、メジャーリーグでもどでかい花火を打ち上げてくれるのではないか。多くのプロ野球ファンはそう期待していることだろう。

 では、長年にわたって日本人選手を見続け、数え切れないほどのスカウティングレポートを本国に提出してきた駐日MLBスカウトの目に柳田はどう映っているのか。

「ポテンシャルは飛び抜けています。飛距離に関しては松井氏より上なんじゃないか、と感じることもあります。ミートなどの確実性という部分では、NPB時代は松井氏が上だったかもしれません。ただ、あの大きな身体であれだけのスピードがあるのはスゴイ。フィールド内外でしっかり適応できれば、メジャーでもトップクラスの選手になれる可能性を持っています」

 柳田の一番の持ち味が打撃であることに異論を挟む余地はないだろう。首位打者2回、最高出塁率を4回獲得。そして、飛距離の長さは他選手の追随を許さない。どの方向へも打ち返すことができ、それが長打になる。

「ギータの打撃の特徴は、スイングスピードの速さと思い切りの良さ。日本球界トップクラスのスイングの速さがあるので、ギリギリまで球を引きつけることができます。首位打者を獲得するなど、長打だけでなく打率も残せるのはボールを見切って打てるから。加えて常にフルスイングできる全身の強さを持っています。なかなかあそこまで振れる打者というのはいない。ウエイトトレーニングのみでなく、生まれ持った身体能力もあるんじゃないでしょうか」

 柳田がすごいのはパワーだけでなく、スピードも兼ね備えていることだ。50メートル5秒台中盤の俊足は球界でも上から数えた方が早い。

「小柄な選手にスピードが求められるのは当然ですが、あれだけの大きな選手が同じようにできる。アメリカのフィールドでは内野安打も増えることが予想されます。そうなれば打率や出塁率も今よりは上がるんじゃないでしょうか。そうなってくると中軸というより、1番での起用も見てみたい」

 また、遠投125メートルの強肩も大きな武器だ。現在は中堅起用が多いが、外野ならどこでも守ることができるだろう。ゴールデングラブ賞は4回受賞している。走・攻・守のすべてがそろっているオールラウンダーであり、それもメジャーに挑戦する上では大きなアドバンテージになる。

「守備に関しては何も心配はいらないでしょう。足も速く、肩も強い。今でこそ狭くなりましたけど、それまでは広いヤフオクドームでしっかり守っていた。メジャーの球場は基本、天然芝なので思い切ったプレーもできます。中堅だけでなく両翼もできるはずだから、守備での貢献度は増すでしょうね」

 話を聞いていると、メジャーでの成功は確約されているように思える。だが、その一方で懸念材料もある。今年の不調の原因となった下半身の故障だという。柳田は春先の4月7日の試合で走塁中に左足膝裏肉離れを起こした。8月末に復帰するまでかなりの時間を要したが、本調子には程遠い。

「ここまでの成績は考えられない。夏場に戦列復帰しましたが、とくに打撃などはまったく別人のような形でスイングしていました。下半身の故障はかなり重症で、まだ引きずっているというのが大方の見解です。下半身の踏ん張りが全然効いていない。打撃では下で粘れないので、投球を追いかけるようなスイングになります。柳田のプレーを支えるのはすべてが強靭な下半身。肉離れはクセになりやすいので、しばらく時間はかかっても完治を目指して欲しいですが……」

 柳田の才覚はもはや日本の枠には収まりきれない。今年は故障の影響で期待を大きく裏切る成績でレギュラーシーズンを終えた。ただ、これまでの実績や、その大きなポテンシャルから、メジャー側の評価は決して下がっていないという。

 柳田はかねてよりポスティングでの早期メジャー挑戦を希望してきたが、球団側は基本的に認めていない。そのため、現状では海外FA権を取得する2020年オフまで待たなければならない。今年は不甲斐ない成績で悔しさも残ったため、本人も来年にきっちり借りを返し、すっきりした気持ちでアメリカに渡りたいという気持ちが強いだろう。しかし、ファンは一日でも早くメジャーで輝く『ギータ』の勇姿を見てみたいはずだ。


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る