各球団の陣容もほぼ固まり、球春到来を待つプロ野球界。ここで改めて各球団の今オフの補強状況を整理。果たして、どのチームがどれだけ戦力をアップさせたのか。今季の戦力値の“上昇度”を独自に診断してみたい。今回はパ・リーグ編だ。



■西武<戦力値5%ダウン>

 リーグ連覇を果たした西武。その原動力となった強力打線から今オフに秋山翔吾がメジャー移籍し、攻撃力のダウンは避けられない。その秋山の穴埋めとして、スピードがあって内外野を守れるスパンジェンバーグを獲得したが、彼がどこまで秋山の穴を埋められるか。そして2年連続リーグワースト防御率の投手陣では、新外国人として先発左腕のノリン、中継ぎ右腕のギャレットを補強。ドラフトでは1位の右腕・宮川哲、2位の左腕・浜屋将太は即戦力。そして14年ぶりの古巣復帰となった松坂大輔に注目。伸び盛りの若手が多く、現有戦力の底上げと“松坂効果”に期待したいが、現状では秋山のマイナス面の方が目立つ。

■ソフトバンク<戦力値5%アップ>

 3年連続で日本シリーズを制したソフトバンクだが、あくまでも目標はリーグ優勝からの日本一だ。今オフの補強の目玉は、NPB通算288本塁打を誇る前ヤクルトのバレンティン。そして投手陣では左の先発候補であるムーアを獲得した。その一方で、FAで貴重な戦力であった福田秀平を失った影響が心配。ドラフト1位の佐藤直樹、同5位の柳町達の新人外野手がどこまで存在感を見せられるか。ただ、投打ともに12球団トップと言える選手層を誇っており、補強の成否に左右されないチーム力を持っていることは確かだ。

■楽天<戦力値20%アップ>

 石井一久GMの下で改革を進める楽天。今オフはFAでロッテから実力者・鈴木大地を獲得。美馬学が流出したが、代わりに中継ぎで実績のある酒居知史を人的補償で獲得し、さらに元沢村賞右腕の涌井秀章を金銭トレードで手に入れた。長年チームを支えた嶋基宏に加え、西巻賢二、小野郁、ハーマンが退団し、今江年晶が引退したが、ドラフトで即戦力の俊足内野手・小深田大翔、そして前パドレスの牧田和久に新外国人右腕のシャギワを獲得。多くの血の入れ替えを行いながら投打に隙のない布陣を作り上げたと言えるだろう。

■ロッテ<戦力値15%アップ>

 惜しくもAクラス入りを逃したロッテだが、今オフには積極補強を敢行し、楽天とともにストーブリーグの主役となった。その内訳を見ると、FAで美馬学、福田秀平の2人をともに争奪戦の末に獲得。美馬は先発ローテとして、福田は「2番・ライト」として期待。さらに日本で実績のあるジャクソン、ハーマンの助っ人投手を獲得して中継ぎ陣を整備した。その一方で、鈴木大地、涌井秀章、ボルシンガーといった面々が退団し、福浦和也が引退したというマイナス面もある。ドラフトでは“令和の怪物”佐々木朗希を獲得したが、現実的には「数年後」がターゲットの選手だ。2位入団の大学生捕手・佐藤都志也やまだ若い移籍組の西巻賢二、小野郁が活躍できればさらに好印象になる。

■日本ハム<戦力値10%アップ>

 昨季5位に沈んだ日本ハム。期待された王柏融が“期待されたほど”ではなく、故障者をカバーできる選手層が足りなかった。その反省を胸に今オフは、前巨人で正三塁手として期待のビヤヌエバに、先発ローテ候補のバーヘイゲンを獲得し、ドラフトでは社会人No. 1左腕の河野竜生を外れ1位で、2位でも即戦力の立野和明を指名するなど、社会人と大学生を支配下で3人ずつ獲得。決して派手ではないがしっかりと弱点を補強したと言える。田中賢介、實松一成が引退したが、戦力的には間違いなくアップしただろう。

■オリックス<戦力値10%アップ>

 大胆な世代交代を敢行した成果もありながら最下位に沈んだオリックス。今オフのテコ入れの第一弾は、助っ人勢。目玉はメジャー通算282発のアダム・ジョーンズ。2年総額800万ドル(約8億8000万円)プラス出来高200万ドル(約2億2000万円)で契約した超大物が、額面通りの働きをできるかどうか。さらに新助っ人のロドリゲスもマイナー通算174本塁打で、クリーンアップとして期待できる存在になる。ただ、ドラフトでは上位2人が高校生で、即戦力としては近大のエースだった村西良太と強打の内野手である勝俣翔貴が加入。勝俣が三塁のレギュラー争いをリードするようになれば面白い。