キャンプインまであと約1週間となり、注目のルーキーや新加入選手の一軍、二軍割り振りなどのニュースが多い時期となった。しかしその一方で、今年成績を残すことができなければ現役続行が難しい立場に置かれている選手も少なくない。そんな選手生命の岐路に立たされている、今季が正念場の“崖っぷち”選手を紹介する。



 崖っぷちの大物選手と言えば、中日を退団して古巣西武に復帰した松坂大輔の名前がまず挙がるが、もう一人忘れてはいけないのが岩隈久志だろう。マリナーズでは2012年からの5年間で63勝という見事な成績を残したが、2017年は故障で0勝に終わり、翌2018年はメジャー昇格を果たすことができずに昨年巨人で日本球界復帰となった。しかし古傷である右肩の故障が長引き、二軍で実戦登板を果たしたのは8月下旬。2試合で打者7人に投げて無失点という記録を残したが、結局一軍に昇格することなくシーズンを終えた。

 オフには野球協約の減額制限を大きく上回る60%ダウンの年俸2000万円で契約を更改したが、まさにこれが最後通牒といえる条件であることは間違いないだろう。ただ、岩隈にとって追い風もある。昨年の勝ち頭である山口俊がアメリカに移籍し、菅野智之に次ぐ先発投手が手薄な状況となっているのだ。しっかり肩の状態を戻すことができれば、その実績を生かせる場面が出てくることも十分に考えられるだろう。

 同じ巨人では中島宏之も同様の立場に追い込まれている。オリックスを自由契約となり、昨年巨人に加入したものの、開幕から調子が一向に上がらず、わずか8安打、打率.148という成績に終わった。契約更改では岩隈以上に厳しい1億5000万円から87%減となる2000万円という条件での残留となった。

 ただ、こちらもわずかながら望みがないわけではない。阿部慎之助が引退したことでファースト兼代打要員というポストが空いたのだ。原辰徳監督も先日ファーストのレギュラー候補の一人として中島の名前を挙げている。往年の勝負強さを取り戻して、レギュラー争いに加わりたい。

 かつてのタイトルホルダーも厳しい状況に置かれている選手は少なくない。最多勝を2回、最優秀防御率を1回獲得し、通算89勝を誇る吉見一起もここ数年は低迷が続き、昨年はわずか1勝に終わった。また同僚で2014年に最多勝と最高勝率の二冠に輝いた山井大介も、今季は12球団で最年長投手となり崖っぷちの状態が続いている。若手投手が台頭してきているチームの中で存在感を示すことができなければ、二人揃って今季限りで引退ということも十分にあり得るだろう。

 最多勝2回、最多奪三振1回を獲得している内海哲也も厳しい状況だ。炭谷銀仁朗の人的補償で昨年西武に加入し、先発投手陣の一角として期待されていたものの故障が相次ぎ一軍登板なしでシーズンを終えた。オフには志願してフェニックスリーグに参加したものの、左前腕部を痛めて10月下旬には手術も受けている。西武は苦しい投手陣だけにチャンスはあるかもしれないが、まずは故障を治すことが先決だろう。

 野手ではベストナイン2回、ゴールデングラブ賞3回に輝いているパ・リーグきっての名手、藤田一也も崖っぷちだ。昨年は5月に右脚の内転筋を痛めて戦線離脱したことが響いて、楽天移籍後は最低となる61試合、32安打という成績に終わった。チームはオフにFAでロッテから鈴木大地を獲得し、またドラフトでも1位で即戦力候補の内野手である小深田大翔を指名するなど、内野陣の整備を一気に進めている。

 そのような状況を考えると、いくら実績のある藤田であっても出場機会は更に減少することが予想される。今年で38歳という年齢を考えても、ここからの復活は簡単なことではないだろう。

 最後に少し違う意味で崖っぷちに立たされている選手を紹介したい。それが広島のバティスタだ。

 昨年は丸佳浩の抜けた3番に入ることが多く、自身最多となる26本塁打を放つ活躍を見せていたが、8月に禁止薬物の使用が発覚して登録を抹消。9月には6カ月の出場停止処分が発表された。停止期間は大半がシーズンオフだったため、開幕までには処分が解かれるが、オフに参加したウインターリーグでも精彩を欠いているという情報が入ってきており、契約は保留状態となっている。

 仮に再契約をしたとしても、他球団のファンから厳しい視線が向けられることは確実で、昨年までのようなパフォーマンスが見せられるかは大いに未知数である。事情が事情なだけに大きく成績を落とすようなことがあれば、シーズン途中であっても契約を打ち切られる可能性もあるだろう。

 昨年、この時期に崖っぷちの立場として紹介した選手では森福允彦、大石達也が引退し、鳥谷敬も退団となって移籍先はいまだ見つかっていない。しかしその一方で大竹寛は中継ぎの一角として存在感を示し、見事な復活劇を見せた。今年もここで紹介した選手から一人でも多くの選手が這い上がってくることを期待したい。(文・西尾典文)

●西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。