50年に及ぶ格闘人生を終え、ようやく手にした「何もしない毎日」に喜んでいたのも束の間、突然患った大病を乗り越えて、カムバックを果たした天龍源一郎さん。2月2日に迎えた70歳という節目の年に、いま天龍さんが伝えたいこととは? 今回は「旗揚げ」をテーマに、飄々と明るく、つれづれに語ります。



*  *  *
 相撲部屋に入門したときは「一旗揚げてやろう」っていう野心は不思議と最初全くなかったんだよね。というのも、俺はまだ13歳のガキで、夏休みに相撲部屋というのはどういうものか経験して来いっていうのが最初。

  俺が行った時、喧しい先輩が巡業に出ていなくってたんだよ。15〜16歳の歳の近い人たちが10人くらいいただけだった。関取衆はもちろん大鵬さんもいない気楽なところに俺は加わったから、朝は8時頃に起きて稽古して、一時間くらい稽古したら、風呂入って、ご飯食べて、昼寝して。

 夜になったら、俺が福井の田舎から出て来たあんちゃんだからって、錦糸町だ、浅草だってあっちこっち連れ回して東京見物させてくれた。舟木一夫さんの「高校三年生」とか、そういう歌がヒットした頃で東京への憧れがすごくあった時だよ。手を上げればタクシーが止まって、当時、相撲部屋のあった両国から錦糸町まで60円〜80円。色々なことが便利になっていった時代に、その便利さの全てがあるのが東京だったから浮かれたな。

 そんな生活が1カ月続いて、「あぁ相撲界ってこういう所なんだ」って思い描いていたところに、巡業からうるさがたが大挙して帰ってきた。帰ってきたら、部屋の中は鬢付け油のニオイ。そのニオイには慣れないし、体力をつけるためにニンニクを食っているから、もう、鬢付け油とニンニクの混ざり合った臭いで閉口したよ(笑)。

 それまで朝の8時頃起きていたのに、先輩たちがいると3時半にたたき起こされて、稽古して、ご飯食べてと激変したけど、俺の中では、「あ、これが相撲部屋の生活っていうものなんだ」って自然と迎合できた。「これくらい厳しくなければ相撲ではない」って受け入れられた俺がいたんだよね。

 そんなときに親父から、「転校手続きとかいろいろ色々あるから田舎に帰って来い」と言われて福井に戻るんだけど、福井駅での親父の第一声が「おまえ、相撲部屋に入れると思っているだろうが、とんでもない!嶋田家の長男なんだからな!」と帰ったその日に冷や水を浴びせられた。

 親父は俺がこのまま相撲取りになってしまうことを危惧して、一旦田舎に帰そうときっかけを作ったんだ。「行けって言ったのは親父じゃないか!」って思った反面、嶋田家を継ぐのは俺しかいないよなとも思った。

 それから4カ月くらいたって、もう相撲界に入ることへの気持ちが薄れかけた頃、若者頭という相撲部屋のスカウトを任された人が来て、「是非、源一郎くんを相撲部屋に入れてください」と本腰を入れて説得に来た。説得に来た人は泊りがけで10日間くらい家にいたね。

「将来絶対、大関、横綱になりますから」なんて言われたけど、有史以来、60人くらいしかいない横綱になれますからなんて、説得する時によく出る言葉で有り得ない話だよな(笑)。13歳のガキの俺はそれを言われて「あぁ、テレビ中継で6時くらいに出てくる、あんな風な人になりたいな」とお気楽に思っていたね。

 それと同時に今この道を断って60歳とか70歳になった時に「あの時、相撲に行っていたらどんな人生になっていたかな」なんて思いを馳せながら、田舎で田畑を耕して後悔しているような俺にはなりたくないと思った。13歳のガキなのに『チャンスがあるなら』と、そんな気持ちがムクムクと湧いてきたんだよ。

 親父は「絶対に行かせない」って反対している中て、お袋が「最後は本人の気持ちを聞こうよ」と言ってくれて、俺は「許してくれるのであれば、相撲をやってみたい気持ちがある」と。結局、親父はスカウトの人の説得が面倒くさくなったのと、俺が東京に行ってもきっとギブアップして帰ってくるもんだと思って相撲部屋入りを認めてくれたんだ。

 それで、忘れもしない12月29日に福井をたつときに、俺とスカウトの人が乗っている列車のホームへ見送りに来た親父が「頑張れよ、頑張れよ」って涙をぽろぽろ流すんだよね。

 親父が泣いているところを見たのはこれが初めてだった。子ども心に「俺はすごい悪いことしている」という気分になった。窓越しに、手を振りながら列車を追って走る親父を見た時に湧いてきた罪悪感は今でも覚えているね。

 今にして思うと、中学二年生で182センチの82キロあったわけだから有望力士だよ。それでも面白いのが、ある時、部屋にいた弱っちいヤツと相撲を取れって言われて、田舎にいたときは村相撲で負けなしだったもんだから、「なんだよ、コイツとやるのかよ!舐められてんな」と思った。いざ、相撲をとったら、『はっけよい』で、ものの0.2秒で負けた!(笑)三番くらい続けて負けて、「プロは凄い!」って、その時に気持ちが変わって、これは生半可な気持ちではイカンと思った。

 当時は、ベースボールマガジン社や読売新聞社から出ていた相撲の雑誌に「大鵬二世」というキャッチフレーズで騒がれたんだよ、俺も。大鵬二世と言われてたときは、そりゃ嬉しかったよ!大鵬さんがまだ22〜23歳で、場所が始まった途端に「大鵬さんが優勝する」って言われるくらい強かったし人気があったからね。「俺は大鵬二世って言われているんだ」って自惚れ出したら、過去に「大鵬二世」って言われた人が5人くらいいて(笑)。「え−!?みんな大鵬二世なの?」って、ショックを受けたもんだよ(苦笑)。

 プロレス団体の旗揚げの話をすると、メガネスーパーがプロレス団体をやりたいっていう話があって、俺は新天地を求めて行ったわけだけど。担がれたんだよな。SWSという団体が旗揚げされたのが、俺が40〜42歳のとき。メガネスーパーの社長・田中八郎氏から話がきたときは、俺は全日本プロレスみたいなものが、また全日本を辞めたヤツらと始められると思っていたのに、実際は全然それとは違っていた。

 メガネスーパーの田中社長は、WWF(現・WWE)とかそういうカテゴリーのプロレスをやりたかったんだと思う。俺みたいな辛気臭いプロレスは大きな会場にたくさんのお客さんが入りにくい。立ち上げたのはいいものの、メガネスーパーの田中社長は「天龍がやっているプロレスはやっぱ違うや」って思ったかも知れないし、色んな選手がいすぎたせいで右往左往させられたんだよね。

 その都度、俺はいろいろな人の意見を吸い上げてやるから、これは今でも誇りに思っているけど、日本の団体で唯一WWF(現・WWE)と業務提携をしたんだ。それで、せっかく、ニューヨークからホーガンとか、大スターが来ているのに、バッシングばかりで、プロレスファンはそっぽ向いているし、声を大にしても選手たちには響かないし、自分たちの保身ばかり。結局、SWSはが何をやっていいのかわからない。そんな状況の団体だった。

 俺のやっていることに背中を向けるヤツらだらけで、もう、何をやっても裏目、裏目に出てたよね。うまくいかないから、俺は従来のプロレスっていうものを日に日に渇望するようになっていた。お客さんとリングの中が一体になっているものを見せたいという想いが募っていったんだ。SWSは待遇という面では不平不満はなかったし、評価もしてくれた。けど、2年2カ月という月日を経て「プロレスをやりたい!」という気持ちが溢れていった。それが、WARという団体設立に繋がっていったんだ。ただ、俺はどうしてもプロレス団体をやりたいという思いはなかった。

 SWSをたたむ時、メガネスーパーの田中社長から「1億円を運営費として渡します。だからあなたあなたはプロレスを団体をやっていって下さい」って言ってきやがって、選手の面倒を見切れないで投げ出したのに、そいつから1億円あげますからやって下さいって。正直、頭にきたよな。『こんな金』と思って、選手から社員まで上から順番にきっちり給料として割り振って、俺と女房、関係者は除いて、端数の1107円になるまでキッチリ分けたよ。割り切ったらきちんと俺は一銭ももらっていないと選手たちには説明して、これからで頑張ってくれよって。カッコいい事をしたと自分では思っていたけど、周りからは「馬鹿だ」って言われたよ(笑)。その後もWARは13年続いたし、苦しかったけど、旗を掲げてるという事は良くも悪くもプロレス界を堪能することが出来た要因でもあるよね。
 
 70歳古希を迎えて「日本プロレス殿堂会」を立ち上げることになったんだけど、これは旗揚げってのとはちょっと意味合いが違うね。こういう話ってプロレス界では出てきては立ち消えになって、過去にも何回か同じような話はあったんだよ。今回は、同じ頃にプロレスの第一線で働いていた親たちの活躍を見てきた子どもたち、藤波選手の息子、長州選手の娘婿、そして、うちの娘が発起人となって、「プロレスはプロと名に付くスポーツなのに相撲とか野球とかとは全然違う。辞めたら辞めたきりでこのままじゃおかしいだろう」と疑問を抱いて立ち上がってくれた。

 俺たちの世代”鶴藤長天(かくとうちょうてん)”って呼ばれた世代の上って、馬場さんと猪木さんしかいないから、そこが抜けると、長州選手、藤波選手と俺くらいしかいないんだよ。その俺たちの次の世代、たとえば武藤とかそれより下の世代の選手たちに、何某かの還元がされるような仕組みになればいいなという発想。例えば日本プロレスには歴史があるわけだから、そういった物や事を残していく事で過去の映像や写真を使用したら、選手に還元されるとかそういうもの。

 プロレス界では今まで、選手に還元されるものが何もなくて、長州選手も藤波選手もこの考えに「いいね」って同意してくれた。たまたま猪木さんも奥さんを亡くされたり色々な事があった時期なのに話に乗ってくれた。坂口さんとか他の上の選手たちや新日本プロレスとか他の各団体にはうちの娘が声をかけて賛同を得ることができた。

 子どもたちの世代だから話がまとまったと思うんだよね。俺たちの世代だったら「こんな事言い出しやがって!」とか否定から始まると思う。ところが、親父たちが懸命に働いている姿を見てきた子どもたちは、「このままじゃ恵まれないな」というところで話が合ったんだと思う。意見が一致したのならば、それを形にするにはどうしたらいいかという事の方が大事。推し進めていくしかないことで、立ち止まって躊躇していたら結局は前と同じで、雲消霧散するに決まっている。

 どっちみち、こういうものを立ち上げると、賛成派と反対派が出るんだよ。賛成派の声を大きくして、反対派の声を潰していくしかない。文句だけを垂れるヤツはどこにでもいるんだよ。それは百も承知のこと。プロレス界はそういう文句ばかり言っているヤツが多い。文句は垂れるけど、技術が伴ってないヤツが多い!それがプロレス界です!(笑)

 でもね、この先、「日本プロレス殿堂会」というものがうまく皆さんの賛同を得て転がってってくれればいいというのが最終目標だね。この歳になって、藤波選手も長州選手も猪木さんもそうですけど、色々な事があって、ここに至っているから、昔のようなトゲトゲしさがなくて皆いい歳になったなというのが正直なところ。ちょうどいい時に、この「日本プロレス殿堂会」の話が持ち上がったなと。

 これがもう少しでも若かったら、「俺をどうしてくれるんだ」とか「俺のことを舐めてんのかよ!」って言い出しかねない面々だからね。ここまでまとまったこと自体が奇跡ですよ(笑)。

 本当に皆が自分の事を振り返ったときに、プロレス界がちゃんとなっていってくれればいいなと思っている年頃でもあるし、キャリアも積んできた。俺らも、全日本とか新日本とかを背負って立っていたから、当時は同世代に対して「こいつには負けたくない」ってしのぎを削っていたけど、今は「余生は元気で過ごしてくれよ」って思う気持の方が大きい。

 これは俺たちの世代だけじゃなく、プロレス界の未来を語る上でなくてはならない事だと思うよ。俺たちの様にこんな身体を痛めつけて、それでも生きながらえてきて、最後に今までの人たちにも、これから迎える後輩たちにも何かを残してやれるんじゃないかっていうのが、俺の偽らざる気持ち。誰か一人が得をするって話じゃない訳だから。だから、目を曇らすことなく、ピュアな目でプロレスラーやプロレス界を応援してほしいなと思いますよ。

 こうした旗揚げをするとか人生で何かを決断するときに誰かに相談することはないね。決断を迫られたときの俺の究極の答えは「なにくそ!天龍源一郎がここで萎れてたまるか!」っていうこと。その言葉を噛みしめて自分で自分に鞭打って奮い立たせていた。

 皆からよく「反骨」って言われけど、叩かれれば叩かれるほど潰されれば潰されるほど、「ナニこの野郎!」っていう気持ちが倍以上になって湧いてくる。例えば、「右に行け」と言われて、右の方がいいのはわかっていながら左に行く。左を選んでしまったからには頑張るしかない。人間、行きついたところで歯を食いしばって頑張るだけ。

 そこはね、青山学院に行かなくてよかったなって(笑)。え?なにかって?両国中学校の同級生の三遊亭圓楽師匠は青山学院に進んだけど、俺は相撲界に行ってよかったなってことだよ(笑)!