コロナウイルス拡大の影響を受け、今月19日に開幕が予定されていた第92回選抜高校野球大会は中止となった。今年は選抜を観戦し、春の訪れを感じることはできなくなってしまったが、そんな今こそ昔の選抜の思い出を振り返りたい。そこで今回は「平成甲子園センバツ高校野球B級ニュース事件簿」(日刊スポーツ出版)の著者であるライターの久保田龍雄氏に、過去の選抜高等学校野球大会で起こった「幻のノーヒットノーラン」にまつわるエピソードを振り返ってもらった。



*  *  *
 9回1死までパーフェクトに抑えていた投手が悪夢の暗転劇に泣いたのが、1988年の2回戦、中京(現中京大中京)vs宇部商だ。

 前年夏の甲子園で8強入りした中京のエース・木村龍治は、伸びのある速球と多彩な変化球で8回まで1人の走者も許さない。1対0とリードした9回も先頭打者を投ゴロに打ち取り、1978年の松本稔(前橋)以来、10年ぶり2度目の完全試合まで「あと2人」となった。

 だが、26人目の打者・西田崇を1−2と追い込みながら、スライダーが外角に甘く入ったところを一、二塁間に打たれる。セカンド、ファーストの2人が必死に追うが、無情にも打球は右前へ。「打てなかったら死ぬぐらいの気持ちで打席に立った」西田の執念が生んだ一打だった。この瞬間、パーフェクトの夢は消えた。

「捕ってくれる」と信じていた木村は、明らかに気落ちしていた。そして、犠打で2死二塁としたあと、1番・坂本雄に初球を左翼ラッキーゾーンに運ばれてしまう。「少し高かったが、内角のストレート。自分では狙ったとおりの球で、球威がなかったわけではない」(木村)。けっして失投ではなかっただけに「入るはずがないと思った」逆転2ランに思わず天を仰いだ。完封勝利まで「あと1人」から、たったひと振りでまさかの逆転負け。野球は本当に怖い。

 一方、160センチ、63キロと小柄な坂本は、これが高校初アーチ。本塁打を打った者も打たれた者も、期せずして「信じられない」と同じ言葉を口にしている。

 8回まで無安打無失点に抑えた投手が、最終回を前に降板する珍事が起きたのが、93年の3回戦、上宮vs鹿児島実だ。

 上宮の背番号9左腕・牧野光将は、9四死球を許しながらも要所を締めて8回まで無安打。あと1イニング、アウト3つで2年ぶりセンバツ史上11人目のノーヒットノーランが誕生するところだった。

 ところが、11対0と大量リードの9回からマウンドに上がったのは、背番号1の吉川晃司だった。スタンドから「なぜ?」の声が上がり、三塁側の上宮応援席からもブーイングが起こった。

 前代未聞のノーヒットノーラン達成寸前の交代劇。実は、継投は試合前夜の時点で決まっていた。「吉川を投げさせてほしい」と牧野が申し出て、当初は6回終了でスイッチする予定だった。

 吉川は、前年秋の公式戦10試合中7試合を完投していたが、近畿大会準々決勝・東山戦で制球難を露呈して7回コールド負けを喫して以来、自信をなくしていた。

 このような事情から、甲子園では1、2回戦とも安定感で勝る牧野が完投したが、さらに上位を狙うには、吉川の復活が絶対条件。牧野の負担を軽減するためにも、吉川を甲子園のマウンドに慣れさせ、不調から立ち直ってもらう必要があった。

 だが、思いがけず牧野が6回までノーヒットに抑えたことから、田中監督は当初の予定を変更し、8回まで続投させた。

 そして、8回終了後、「自分の記録はいいのか?」と牧野に意思確認すると、「内容が悪いし、記録が出てもうれしくない」と続投を辞退し、納得ずくで吉川にマウンドを譲ったというしだい。

 9回、吉川は先頭打者に内野安打を許し、1点を失ったが、結果的にこの継投は大きかった。

“試運転”で甲子園のマウンドの感触をつかんだ吉川は、準々決勝の東筑紫学園戦で見事完封勝利。牧野も決勝の大宮東戦で7安打完封。エース2枚看板を確立した上宮は悲願のセンバツ初Vを達成した。

 個人の記録よりも“明日の勝利”を優先したことが栄冠につながった好例と言えるだろう。

 9回まで無安打無失点に抑えた投手が、延長戦の末、敗れるという不運に泣いたのが、2009年のPL学園vs南陽工だ。

 PLの左腕・中野隆之は、1回戦の西条戦では、“伊予のゴジラ”秋山拓巳との投手戦を1対0で制し、被安打5、奪三振11の好投。2回戦のこの日も、“津田恒実2世”岩本輝と息詰まる投手戦を繰り広げた。

 横手投げに近い独特のフォームから、打たせて取るピッチングに徹した中野は、初回を3者連続内野ゴロに仕留め、2回以降も安打を許さない。6回に死球の走者を出した以外は、パーフェクトの内容だった。

 だが、PL打線も毎回のように走者を出しながら、岩本を攻略しきれない。

 両チーム無得点で迎えた9回表、中野は南陽工の下位打線を3者凡退に打ち取り、ついに9回までノーヒットに抑えた。

 その裏、チームが得点すれば、04年のダルビッシュ有(東北)以来、5年ぶり史上13人目のノーヒットノーランが実現する。一打サヨナラの2死二塁、打席に立ったのは、くしくも中野だったが、カウント2−2からフォークで投ゴロに打ち取られ、試合は0対0のまま延長戦へ。

 そして10回、球威、握力が落ち、気力だけで投げていた中野は、1死から2番・竹重瑞輝に投げた102球目の直球を、ついに左前に運ばれてしまう。さらに2死から3連打を浴び、2点を失った。

 その裏、PLは2死満塁と最後の見せ場をつくるが、決定打を奪えず、1対2で敗れる。悲運の左腕は「自分さえ0点に抑えていたら負けなかった」と自らを責めて泣いた。

 7年後に無期限の休部という運命が待っていたPLにとって、これが最後のセンバツとなった。(文・久保田龍雄)

●プロフィール
久保田龍雄/1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2019」(野球文明叢書)