長州力と天龍源一郎。

 プロレス史に残る2人のレジェンドは、いまやバラエティ番組に欠かせない存在。『滑舌の悪いおじさん』として多くの世代から知名度抜群だ。プロレスラーをはじめアスリートが引退後に芸能界で生き残るのは難しい。とくに長州と天龍は現役時代、職人気質の『カタブツ』としてもよく知られた存在だった。なぜ、これほどまでテレビ業界で重宝されるようになったのだろうか。



「お願いしたことはなんでもこなしてくれる。最初は頑固な人でNG案件も多いと思っていたのですが、意外な印象で本当に仕事をやりやすい。わからないことはどんどん聞いてくれるし、自分自身でも話し方など練習している。プロレスの世界でトップまで行った2人の職人気質というか、こだわりの凄さには頭が下がります」とテレビ局関係者。長州力と天龍は起用しやすいタレントであり、多くの番組に呼ばれる理由がわかると語る。

 お笑い芸人・ダウンタウンの人気年末特番をはじめ、多くの番組でいじられるキャラも多い。往年のプロレスファンからすれば信じられない光景が画面に映る。

「キツくツッコまれても笑って受け流してくれる度量がある。怒られるかな、ということでも本人たちが楽しんでいるような雰囲気すらある。2人が全盛期だったプロレス界は興行なども絡み、いろいろあった時代と聞いている。そこを生き抜いてきた強さや人付き合いのうまさを感じますね。スタッフにも気を使ってくれる。中途半端に知名度ある芸人さんよりやりやすい」(前出のテレビ局関係者)

 元々持つキャラクターとともに、業界を生き抜くための強さや賢さを備えている。

 長州は51年山口県出身の在日韓国人二世であり、大学3年生の時にはミュンヘン五輪(72年)にレスリング韓国代表として出場。その後も大学4年時の全日本選手権で100kg級フリースタイルとグレコローマンの優勝など、多くの結果を残し74年新日本プロレス入団。体勢側に反旗を掲げた『革命戦士』として人気を得て、藤波辰巳との対戦は『名勝負数え唄』として語り継がれている。84年、新日本を退社するとともにジャパンプロレス旗揚げし全日本プロレス移籍。その後87年に新日本復帰、現場監督としても団体内を取り仕切るようになっていき、98年にいったん現役引退をする。

「若い頃から自分を売り込むことに全力を注いでいる感じがあった。上昇志向が強く、全日本移籍も自分の存在価値を高めることができると考えたから。しかし全日本はジャイアント馬場さんを中心とした家族的団体で、生え抜きや外国人を大事にする。フラストレーションが溜まっていく中での新日本復帰決意は必然だったのでは……」

 自分に対する大きな自信があったが、それは諸刃の剣でもあった、と長州をよく知るプロレス記者。

 00年現役復帰を果たすが02年には再び新日本を退社、03年3月にWJプロレスを旗揚げするもあっという間に団体崩壊した。その後はインディー団体参戦などを重ねつつ、04年には新日本に再度参戦、現場監督の職にも返り咲く。その後は自身と関係深い団体への参戦などを繰り返し、19年6月26日の後楽園ホールで現役引退した。

 天龍は出身は福井県だが、中学2年時に大相撲・二所ノ関部屋入門のため東京都へ転校。西前頭筆頭まで上り詰め76年に大相撲引退、全日本プロレスに入団するとともに海外修行を行い、プロレスの基礎から叩き込まれた。米国でデビューし帰国するも日本マットではなかなか芽がでなかったが、再び米国修行を敢行し、帰国後から飛躍の道を歩み始めることとなる。『風雲昇り龍』と呼ばれシングル、タッグの両方で存在感を示した。ジャンボ鶴田との『鶴龍コンビ』や阿修羅・原との『龍原砲』など、名タッグを結成。また『天龍同盟』として体制側への対抗、そして全日本参戦していた長州との抗争など、記憶に残る激しいファイトをみせた。

「大きな期待をされプロレスに転向したが、受け身にも苦労して、続かないのでは、と言う声も聞こえたほど。そんな天龍を支えたのは反骨心。全日本時代はジャイアント馬場、ジャンボ鶴田に次ぐ『第3の男』と呼ばれていた。本人は多くを語らなかったが屈辱だったはず。それを並大抵ではない練習で補った。練習以外では大酒を飲むなど、昔ながらの愛すべきレスラーだった」天龍は、ジャイアント馬場、アントニオ猪木の両巨頭からフォール勝ち(3カウント勝利)を収めた唯一のレスラー。その瞬間を見届けたプロレスライターは、天龍の素晴らしさを興奮気味に語る。

 シングル選手としても人気絶頂だった90年、全日本を離れ多額の資金をバックに持つ新団体SWSに移籍するも団体は早々に崩壊。その後自身で団体WARを設立するも8年ほどで活動停止するなど苦難を味わう。しかし『天龍ブランド』への需要はなくならずフリーとして多くの団体のリングに上がったり、女子選手との対戦もおこなうなど話題を振りまいてきた。そして15年11月15日の後楽園ホールで次代を背負うオカダ・カズチカ(新日本)と戦い、現役引退した。

「全日本を退団したのは、待遇に不満があったからでは。大相撲出身の天龍は外様のような扱いを受け、給料やマッチメークなど、生え抜き選手と比べ冷遇されていた。そこへエースとして迎えたい、として立場、お金の両方からプライドをくすぐられたのだろう」(前出のプロレスライター)

 大きな希望を持ってのSWS移籍も失敗、その後のWARも成功には至らず、決して順風万端なプロレス人生ではなかったといえるだろう。

 芸能(=テレビ)も興行(=プロレス)も、『水商売』と呼ばれるほど浮き沈みが激しい世界。その中での生存競争を生き抜いてきている長州と天龍。これまで紆余曲折を経験している分、立ち振る舞い方を知っている、と芸能記者は納得する。

「義理人情だけでは生きていけないことを知っている。その時々で様々な人が寄ってくるが、誰とうまく付き合うべきか見極めている。また周囲からどう思われようが自分が上に行くためなら、と腹がくくれているのだろう。まさに勝負師ですね」テレビの世界でもリング上さながらの勝負強さは変わらない。しばらくはこの2人が画面から消えることはなさそうだ。