日本で活躍する外国人投手は、打撃でもチームに貢献する例が多い。その代表格が、2002年に阪神入りしたトレイ・ムーアだ。



 スキンヘッドと口髭がトレードマークの左腕は、大学まで投打二刀流。来日1年目に10勝、打撃も62打数17安打6打点の打率2割7分4厘と両方で結果を出した。

 6月13日の中日戦(ナゴヤドーム)で、0対0の7回1死、バンチの頭部付近をかすめる球に対し、怒りの表情でマウンドに詰め寄った直後、バットを折りながらも左前安打を放つ闘志満々のプレーを覚えているファンも多いはずだ。

 翌03年も2年連続二桁の10勝を挙げ、チームの18年ぶりVに貢献するとともに、3割2分6厘の高打率をマーク。5月17日の巨人戦(甲子園)では、4回1死一、二塁、木佐貫洋のフォークを逆らわず三塁方向に流し打つ決勝タイムリーを放ち、投打にわたる活躍で1対0の勝利の立役者に。お立ち台で「阪神ファンは一番や!」と叫んだ姿も懐かしく思い出される。

 そんな野手顔負けの打撃センスを買われ、同年のオールスターファン投票では、一塁手部門で3位に入り、1軍で1試合も登板していない川崎憲次郎が先発投手部門の1位になる“川崎祭り”とともに話題を呼んだ。

 翌04年はオリックスでプレーしたが、DH制のパ・リーグは勝手が違ったのか、6勝6敗、防御率6.24と精彩を欠き、同年限りで日本を去った。

 引退後は地元・テキサスで野球教室のコーチになり、コロナ禍が拡大する今年4月7日、JRFPA(日本プロ野球外国人OB選手会)のツイッターを通じ、「人との距離を保って、この大変な時を一緒に乗り越えましょう」と日本のファンにメッセージを送っている。

 巧打者タイプのムーアとは対照的に、ツボにはまれば、中軸打者も顔負けのパワーを見せつけたのが、96年に巨人に入団したバルビーノ・ガルベスだ。

 1年目は150キロ近い速球とチェンジアップを武器に6月までに7勝を挙げたが、打率は1割にも満たず、打つほうはさっぱりだった。

 ところが、打者としてまったく期待されていなかった男が、7月4日のヤクルト戦(神宮)で突然打撃開眼する。2回1死、村田真一の一発で4対0とリードを広げた直後、打席に立ったガルベスは、田畑一也から試合を決める2者連続弾。「生まれて初めて」という本塁打に「鳥になった気分だぜ」と気分を良くし、3失点完投の8勝目。この時点で巨人は34勝35敗の借金1、首位・広島に10.5ゲーム差と、優勝の「ゆ」の字もなかったのだが、ガルベスの投打にわたる活躍が“メーク・ミラクル”の扉をこじ開けた。

 7月10日の広島戦(札幌円山)でも、2対0の5回、ガルベスは2試合連続となる中越え2号ソロを放ち、107キロの巨体を揺すってダイヤモンドを1周。投げても4安打1失点完投と乗りに乗った。結果的にこの1勝は、逆転Vへの大きな1歩となる。札幌シリーズで広島に連勝した巨人は、夏場以降、猛チャージをかけ、2年ぶりのリーグ優勝を実現。16勝を挙げたガルベスも最多勝に輝いた。

“鳥になった男”は、99年にもどえらいことをやってのける。5月21日の阪神戦(甲子園)と8月13日の横浜戦(横浜)でいずれも満塁本塁打を放ち、プロ野球史上初の投手でシーズン2本のグランドスラムを記録。横浜戦で放ったのは、推定飛距離140メートルの場外弾とあって、松井秀喜も「ガルベスの飛距離には敵わないよ」と脱帽するほどだった。

 その一方で、頭に血が上りやすい性格から、乱闘事件を起こしたり、球審にボールを投げつけて無期限出場停止処分を食うなど、トラブルメーカーとして悪名を残したが、打撃でも“暴れん坊”のイメージどおり、通算10本塁打を記録している。

 ガルベス同様、パワフルな打撃で名を売ったのが、広島在籍2年間で26勝を挙げたコルビー・ルイスだ。

 1年目の08年は、最速153キロの速球と安定した制球力で、チーム最多の15勝、リーグ2位の防御率2.68、リーグトップの183奪三振と活躍し、「神様、仏様、ルイス様」と呼ばれた。打つほうでも、打率は1割6厘ながら、5月18日の巨人戦(東京ドーム)、9月9日の横浜戦(広島)で本塁打を記録している。

 広島の外国人史上初の2年連続二桁勝利を挙げた翌09年、ルイスは6月26日の中日戦で“伝説”をつくる。0対1の6回無死、朝倉健太の1ボールからの2球目を、この年オープンしたばかりのマツダスタジアムの左翼場外に推定飛距離150メートルの特大同点ソロ。「ラッキーなスイングだったよ。気持ち良かったね」と会心の笑顔を見せた。

 さらに10月5日の横浜戦(横浜)でも、2対0の7回無死、高宮和也の足元に食い込んでくる128キロスライダーをすくい上げ、左翼場外に運ぶ推定145メートル弾。「今日は相手投手がスライダーをずっと投げていたからね」という投手ならではの読みが功を奏した。投げても7回を10奪三振の無失点と付け入る隙を与えず、11勝目。同年は9月9日のヤクルト戦(神宮)で石川雅規から放ったソロも含めてシーズン3本塁打を記録した。

 広島退団後の10年から古巣・レンジャーズに復帰したルイスは、11年にア・リーグワーストの被本塁打35と、今度は配給する側に回っている。

 07年に阪神に入団し、オリックス時代も含めて日本で3年間プレーしたライアン・ボーグルソンも、07年4月12日の中日戦(甲子園)で川上憲伸から、08年7月29日のヤクルト戦(神宮)で石川からと、2年連続で相手チームのエースから本塁打を放ち、打撃センスの良さをアピールした。(文・久保田龍雄)

●プロフィール
久保田龍雄/1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2019」(野球文明叢書)。