プロ野球選手も人の子。ファンあってのプロ野球とわかっていても、時には心ないヤジや暴言に堪忍袋の緒が切れてしまうこともある。



 ヒーローインタビューを受けていた選手が、スタンドからの執拗なヤジにぶち切れるハプニングが起きたのが、2008年5月24日の阪神vsソフトバンク(福岡ヤフードーム)だ。

 1点を追う阪神は9回2死満塁、赤星憲広がホールトンから左前タイムリーを放ち、鮮やかな逆転勝利を収めた。

 勝利の立役者となった赤星は、試合後のヒーローインタビューで「僕も興奮しました」とコメントしながらも、どこか上の空。そして、「とにかく、ツーアウト満塁だったんで…」と答えている最中、突然スタンドのほうに顔を向けると、「入ってねえんだよ、この野郎!」と言い放った。

 ふだん温厚な赤星が語気を荒げる姿は珍しく、テレビを見ていた人には何が起きたのか、わからなかったはずだが、実は、敵地でのインタビューだったため、あくまでテレビ中継用で、場内放送されなかったことが原因。スタンドのファンが「もっと聞こえる声で喋らんかい!」などとヤジったため、「マイクが入っていないから、聞こえなくて当たり前だ」と言い返したのである。

 このシーンがそのまま放映され、ネット上でも拡散されてしまったため、翌日の試合前、赤星はテレビ関係者に謝罪している。

 ヤジを飛ばすファンにその都度言い返し、応酬シーンがネタになったのが、横浜時代の駒田徳広。現在でも「野球っつうのはな、ヤジる為にやってるんじゃねーんだよ!」などのセリフテロップ入り画像をネット上で見ることができる。また、巨人時代の長嶋一茂は、96年4月10日のイースタン、日本ハム戦(相模原)の試合中、「辞めちまえ!」「引退しろ!」としつこくヤジる男性ファンを「うるさい、黙っとけ!」と一喝した直後、豪快な弾丸アーチを放ち、本当に沈黙させている。

 ぶち切れるのは選手ばかりではない。ヤクルト・野村克也監督が、試合後にスタンドのファンと舌戦を繰り広げたのが、92年9月3日の巨人戦(神宮)だ。

 初回に5点を先制したヤクルトだったが、先発・高野光が2回に8失点の乱調で、終盤の反撃もあと一歩及ばず、8対9の敗戦。2位・巨人に1・5ゲーム差に詰め寄られた。

 事件が起きたのは、野村監督がベンチからクラブハウスに引き揚げようとしたときだった。スワローズの帽子をかぶった中年の男性ファンが一塁側スタンドから身を乗り出し、「野村!何で岡林(洋一)を早く出せないんだ!」と叫んだ。さらに「来年は、監督は古田(敦也)だ!」と痛烈なヤジを飛ばした。

 すると、野村監督はピタリと足を止め、「うるせえ、この野郎!どこのファンだ。ヤクルト?だったら、ちゃんと応援しろ!」と言い返した。一ファンの采配批判がよほど腹に据えかねたのか、クラブハウスでは風呂にも入らず、「贔屓の引き倒しをするファンもいる」と不機嫌に吐き捨てると、愛車・ベントレーのアクセルを思いきり踏み込み、早々と家路についた。

 神宮では5日前の8月29日にも、中日・高木守道監督がヤクルト戦の試合後、「明日は落合(博満)を外せ!」と叫びながら、飲み物の入った紙コップを投げつけてきたファンに、「バカ野郎!」と叫んで紙コップを投げ返す騒ぎが起きたばかり。

 その高木監督だが、2度目の監督時代の13年4月14日の広島戦(ナゴヤドーム)でも、8回1失点と好投した先発・山内壮馬を交代させたことに対し、一塁ベンチ上のファンから「何で完投させねえんだ!」とヤジられると、「うるせえ!バカ野郎!降りてこい!」と怒りを爆発させている。“瞬間湯沸かし器”の異名をとり、数々のエピソードを提供したミスター・ドラゴンズは今年1月17日、ヤクルトにID野球を浸透させた知将も2月11日に帰らぬ人となった。

 相手ベンチのヤジにぶち切れた選手が、試合後に怒鳴り込むというビックリ仰天の事件が起きたのが、01年9月12日の巨人vs横浜(横浜)だ。

 巨人が7対4で勝利した直後、横浜の外野手・中根仁が「そんなことまでして勝ちてえのか!」と血相を変えて、三塁側巨人ベンチに飛び込んできた。

 予期せぬハプニングにベンチ内は騒然としたが、数分後、中根は原辰徳ヘッドコーチになだめられ、しぶしぶ矛を収めた。

 中根が怒ったのは、試合中に杉山茂バッテリーコーチから「こいつは超ヤマハリバッター」などとヤジられたことに対してだった。ヤジはこの日だけではなく、「(5日の)大阪ドームでもしつこかった。宮田(征典)さんと杉山さんの2人」と証言する横浜ナインも。

 名指しされた杉山コーチは「(捕手の)阿部(慎之介)に気をつけろと言っただけ。中根が憎いわけでもない」とヤジった事実を否定したが、これに対し、横浜・森祇晶監督は「巨人軍たる者があんな汚い下品なヤジはいかん。しかも、今日だけじゃないからな」と“ヤマハリ”以外のヤジもあったことをほのめかした。

 そんな騒動の余波が続く翌13日、「巨人にだけは負けられない」と奮起した横浜は12安打を放ち、6対5でリベンジ。痛い1敗を喫した巨人は同年、ヤクルトの逆転Vを許す羽目に……。ヤジの代償は高くついた。(文・久保田龍雄)

●プロフィール
久保田龍雄/1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2019」(野球文明叢書)。