衝撃デビューの助っ人といえば、40代以上のファンが真っ先に思い出すのが、1987年に来日したボブ・ホーナー(ヤクルト)だ。

 前年、ブレーブスで打率2割7分3厘、27本塁打、87打点の成績を残したが、選手の年俸高騰を抑え込もうとする各球団オーナーたちによる“FA選手締め出し作戦”のあおりを受け、どの球団とも契約できないまま開幕を迎えてしまう。そんな矢先、ヤクルトから年俸3億円の好条件で誘われ、日本行きを決意した。

 そして、日本デビュー戦となった5月5日の阪神戦(神宮)で、5回に仲田幸司の外角低め速球を右翼席に叩き込み、“現役メジャー4番”の貫録を見せつける。さらに翌6日の阪神戦で1試合3発と大爆発。同9日の広島戦(佐世保)でも左右に2本のアーチを打ち分け、来日わずか4試合で6発、打率も6割3分6厘と格の違いを見せつけた。

“赤鬼”の異名で一躍人気者になったホーナーは、ヤクルト戦の観客数を46パーセントもアップさせ、“ホーナー効果”で親会社の株価まで上昇させた。

 さらに5月17日、フィリーズ時代にワールドシリーズで4番を打った大洋の新外国人・レスカーノが「140キロの速球が怖くなった」という理由で電撃退団すると、「ホーナーの大活躍で自信をなくした」と報じられた。

 このペースで本塁打を量産しつづければ、背番号の「50」を超えるのも時間の問題と思われたが、その後、四球攻めや腰の故障などから調子を落とし、出場93試合で31本塁打にとどまった。

 そして同年オフ、3年総額15億円というヤクルトの提示を断り、年俸1億円でカージナルスと契約。過剰な取材攻勢や長時間の練習等、日本の野球環境になじめなかったホーナーは、たとえ金額が安くても、本国でのプレーを望んでいたようだ。帰国後、「地球のウラ側にもうひとつの違う野球があった」と題した著書を出している。

 日本中に“ホーナー旋風”が吹き荒れた翌年、今度は台湾からやって来た助っ人がブームを巻き起こした。

 巨人の呂明賜である。アマ通算112本塁打の“アジアの大砲”は、イースタンで三冠王になるなど、2軍で文句なしの結果を出したが、1軍にガリクソンとクロマティがいたため、背番号「97」の“第三の男”は、開幕から2カ月余りも不遇の日々が続いていた。

 だが、6月13日の阪神戦(甲子園)で、クロマティが死球で右手小指を骨折したことから、1軍デビューのチャンスがめぐってくる。

 翌14日のヤクルト戦(神宮)、6番ライトでスタメン出場した呂は、初回にギブソンから初打席初本塁打の3ランを放ち、勝利に貢献。以来、デビューから17試合で打率3割7分9厘、10本塁打、18打点と打ちまくる。7月17日の大洋戦(横浜)では、巨人の第51代4番も務めた。その打棒は“ルー台風”ともてはやされ、オールスターにも王貞治監督の推薦で選ばれた。

 呂を出場させるため、当時2人だった外国人枠を増枠するほどの人気ぶりで、王監督も「これだけ騒がれたのは、呂がホームランを打つからだけじゃない。ああいう見るからに迫力のある姿で、バッティングとはこういうものだと示したからだ」と最大の賛辞を贈っている。

 だが、オールスター後は、速球で内角を突き、外の変化球で仕留める攻略パターンを克服できず、シーズン後半は5本塁打と失速。翌89年もガリクソン、クロマティの陰に隠れ、18試合に出場しただけ。その後もほとんど2軍暮らしのまま、91年オフに退団した。現在のような外国人枠があれば……と惜しまれる一人である。

 あっと驚く衝撃デビューをはたしたものの、素行不良が目に余り、シーズン途中退団という残念な結果に終わったのが、95年にダイエーに入団したメジャー通算220本塁打のケビン・ミッチェルだ。

 4月1日の開幕戦、西武戦(西武)、1回無死満塁のチャンスで初打席に立ったミッチェルは、1ボールから郭泰源の2球目、外角スライダーを一振。強烈なラインドライブがかかった打球が、ピンポン玉のように左翼席に飛び込んでいった。

 開幕初打席で本塁打を放った外国人は、92年のマーシャル(日本ハム)以来史上5人目だが、満塁と初振りでの一発は初めて。

 王監督も「やったね。見ていて打つ予感はあったけど、まさかホームランとはね。さすがメジャーだよね」と絶賛したが、本人は「最低でも外野フライと思っていたけど、たまたまホームランになっただけだよ。去年の開幕戦では2本打っているから、もう1本どこかで打ちたかったな」と軽く言ってのけた。

 翌2日も6回に中越えに125メートル弾、同4日のロッテ戦(千葉マリン)でも初回に決勝二塁打を放つなど、開幕から4試合連続打点を記録したが、これで「日本の野球はこんなものか」とタカをくくったのか、しだいに“問題児”の本性を表してくる。

「微熱がある」と訴え、4月14日の近鉄戦(福岡ドーム)をスタメン発表後に離脱すると、同16日にも右膝の故障を理由に欠場。5月に入っても何かと理由をつけて「休みたい」を連発した挙句、同26日、「サンディエゴで経営しているアパートと美容院が心配になった」という人を食ったような理由で無断帰国してしまった。

 その後、7月に再来日し、同29日の西武戦で5打数4安打と活躍も、わずか9試合に出場しただけで、8月11日に膝の故障を口実に2度目の帰国。我慢に我慢を重ねてきた球団側も、ついに堪忍袋の緒が切れ、即刻解雇した。これに対し、ミッチェルは年俸4億円の全額支払いを要求し、裁判沙汰に発展。“金と共に去りぬ”と皮肉られた。(文・久保田龍雄)

●プロフィール
久保田龍雄/1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2019」(野球文明叢書)。