昨年のオフは美馬学(楽天→ロッテ)、鈴木大地(ロッテ→楽天)、福田秀平(ソフトバンク→ロッテ)とパ・リーグ内での移籍に終始した国内FA戦線だが、今年のオフは各球団の動きが活発になることが予想される。その中心となるのが今シーズン中に国内FA権を取得する見込みの山田哲人(ヤクルト)だ。



 プロ入り4年目に最多安打(193)のタイトルを獲得してブレイクすると、その後は3度に渡りトリプルスリーを達成。昨年は打率を落としたものの、自身4度目となる30本塁打、30盗塁をマークした。セ・リーグのセカンドには菊池涼介(広島)がいるためゴールデングラブ賞の受賞こそないが、過去3年間は菊池を上回るリーグトップの補殺数を記録している。まさに走攻守全てを兼ね備えた現役最高の二塁手であり、今年で28歳という年齢を考えても超大型契約となる可能性は高い。少し気が早い話だが、そんな山田の獲得に乗り出す球団について展望してみたいと思う。

 まず真っ先に獲得に動く可能性が高いのが巨人だ。これまでもFAで数々の大物選手を獲得しており、近年では丸佳浩が大型契約で入団して中軸に定着している。そして山田の守るセカンドは巨人の大きな弱点でもあるのだ。昨シーズン、セカンドでスタメン出場した選手を並べてみると以下のようになっている。

若林晃弘(27歳):57試合 56安打5本塁打21打点11盗塁 打率.239
山本泰寛(27歳):41試合 41安打2本塁打10打点2盗塁 打率.232
田中俊太(27歳):24試合 35安打4本塁打14打点2盗塁 打率.224
吉川尚輝(25歳):11試合 16安打0本塁打3打点1盗塁 打率.390
増田大輝(27歳):8試合 10安打0本塁打6打点15盗塁 打率.200
吉川大幾(28歳):2試合 0安打0本塁打0打点0盗塁 打率.000

※試合数はセカンドでのスタメン出場。成績は昨シーズン通算。年齢は今年の満年齢。

 本来のレギュラー候補は吉川尚輝で、昨年も開幕当初は好調な打撃を見せていたが、腰痛で離脱してそのまま一軍に復帰することなくシーズンを終えている。その後は若林、山本、田中の三人の併用が続いたが、いずれも打率は2割台前半と物足りない数字に終わった。ともに二桁盗塁をマークした若林と増田の脚力は魅力だが、現在の打力を考えるとスーパーサブという位置づけがしっくりくる。年齢を考えても山田の有力な対抗馬となれそうな選手は見当たらない。

 そして巨人の弱点がセカンドというのは今に始まったことではない。過去10年間を振り返ってみても、セカンドで規定打席に到達したのは脇谷亮太(2010年)と片岡治大(2014年)の2回だけである。もし山田が加入すれば少なく見ても5年間は安泰であり、坂本勇人、岡本和真と並ぶ内野陣は12球団でもトップの迫力となるだろう。

 巨人の有力な対抗馬になりそうなのがソフトバンクだ。近年は巨人ほどFAでの補強に積極的ではないが、過去にも細川亨や内川聖一などを獲得してチームの中心とした実績がある。セカンドのポジションを見ても、2013年までは本多雄一が不動のレギュラーだったが、その後は複数の選手の併用が続いている。巨人と同様に昨シーズン、セカンドでスタメン出場した選手を並べてみると以下のようになった。

明石健志(34歳):62試合 70安打5本塁打21打点6盗塁 打率.248
牧原大成(28歳):38試合 99安打3本塁打27打点10盗塁 打率.242
川島慶三(37歳):14試合 24安打1本塁打8打点4盗塁 打率.364
川瀬晃(23歳):10試合 6安打0本塁打1打点1盗塁 打率.176
高田知季(29歳):7試合 18安打0本塁打10打点2盗塁 打率.157
三森大貴(21歳):6試合 10安打0本塁打1打点3盗塁 打率.208
周東佑京(24歳):4試合 20安打1本塁打6打点25盗塁 打率.196
美間優槻(引退):1試合 2安打1本塁打1打点0盗塁 打率.091
福田秀平(移籍):1試合 43安打9本塁打26打点9盗塁 打率.259

※試合数はセカンドでのスタメン出場。成績は昨シーズン通算。年齢は今年の満年齢。

 巨人以上にスタメンで起用された選手が多く、最多出場はベテランの明石となっている。牧原に成長が見られ、足のスペシャリストである周東も控えているが、やはり打力は心許ないのが現状だ。そしてソフトバンクとしては、二塁手として以上に長打力のある右打者としての山田の必要性が高い。

 昨年は松田宣浩が30本塁打を放ったが、今年で37歳ということを考えるとこれ以上の成績は望みづらい。内川聖一も昨年は3シーズンぶりに規定打席に到達したが、力の衰えは顕著である。バレンティンを補強したが長期的な活躍は難しい年齢になっており、数年後には確実に右の強打者タイプ不足となる。先日、ソフトバンクグループが過去最大の赤字幅を発表したのは気がかりではあるが、チーム事情を考えると全力で山田獲得に向かう可能性が高そうだ。

 他に獲得に動く可能性がありそうなのは山田の地元である関西が本拠地の阪神とオリックスだ。両チームとも慢性的な得点力不足に悩まされており、安定して30本塁打以上が期待できる山田をチームの起爆剤としたい考えを持っていても何ら不思議はない。

 ただ阪神は糸原健斗がセカンドの不動のレギュラーとなっているのがネックとなる。またオリックスも若手育成へと大きく舵を切っており、マネーゲームへの参入は消極的だ。昨年オフに積極的な補強を見せた楽天とロッテも、セカンドは浅村栄斗と中村奨吾というレギュラーがいるだけに、手を挙げる可能性は低そうだ。

 そうなるとやはり巨人、ソフトバンクの一騎打ちが既定路線となる。両チームとも補強ポイントにマッチしているだけに、相当な大型契約を提示する可能性が高い。果たして移籍となった時にはどのような契約になるのか。その点も大きな注目を集めることは間違いないだろう。(文・西尾典文)

●西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。