かつてプロ野球界を席巻した松坂世代もすっかり現役選手は少なくなり、今シーズンもNPBでプレーするのは松坂大輔(西武)、藤川球児(阪神)、和田毅(ソフトバンク)、久保裕也(楽天)、渡辺直人(楽天)の5人となった。今年で40歳という年齢を考えると無理もないことだが、藤川はクローザーとして期待されており、松坂と和田はローテーション争いに加わっている(和田は2月生まれのため39歳)。



 近年トレーニングの発達もあって、40歳を過ぎてからレギュラークラスとして十分な成績を残した選手も少なくない。そこで今回はそんな“中年の星”と呼ぶべき、オーバー40となる年齢で活躍を見せた選手でベストナインを選んでみた。なお、過去に守ったことがあるポジションではなく、40歳を過ぎてからそのポジションの守備についていることを条件とした。今回はセ・リーグ編だ。

投手:山本昌(中日) 23試合11勝7敗 防御率3.16(43歳)
捕手:谷繁元信(中日) 134試合88安打5本塁打32打点 打率.228(42歳)
一塁:落合博満(巨人) 106試合113安打21本塁打86打点 打率.301(43歳)
二塁:荒木雅博(中日) 85試合62安打0本塁打8打点 打率.249(40歳)
三塁:宮本慎也(ヤクルト) 136試合143安打2本塁打35打点 打率.302(41歳)
遊撃:井端弘和(巨人) 98試合63安打1本塁打19打点 打率.234(40歳)
外野:金本知憲(阪神) 144試合164安打27本塁打108打点 打率.307(40歳)
外野:山本浩二(広島) 126試合121安打27本塁打78打点 打率.276(40歳)
外野:和田一浩(中日) 142試合136安打18本塁打76打点 打率.275(41歳)
※年齢はそのシーズンの年の満年齢。所属は右の成績達成時の所属球団

 投手は古くは若林忠志(阪神)、最近では黒田博樹(広島)が40歳を過ぎてから二桁勝利をマークし、大野豊(広島)も42歳となるシーズンで最優秀防御率のタイトルを獲得しているが、一人を選ぶとなればやはり山本昌になるだろう。41歳となる2006年にはNPB史上最年長記録となるノーヒットノーランを達成。43歳のシーズンでもチームトップの11勝をマークしている。保持しているNPB最年長記録は11を数え、まさに現代のレジェンドと言える。

 捕手は40歳となるシーズンで102安打、打率.275をマークした矢野燿大(阪神)も候補となったが、40歳を過ぎてからの成績をトータルすると谷繁に軍配が上がるだろう。42歳で捕手として134試合出場し、盗塁阻止率.361は見事という他ない。3021試合出場はNPB最多記録だ。

 ファーストは王貞治(巨人)が40歳で引退する年に30本塁打を放っているが、こちらも40代のトータルで考えて落合とした。41歳となるシーズンにFAで巨人に移籍し、4番打者としてリーグ優勝、日本一に貢献。その後の2年間も連続して打率3割をマークしている。その後移籍した日本ハムでは故障もあって成績を大きく落としたが、44歳での規定打席到達はNPB最年長記録である。

 内野で難しかったのが二遊間だ。元々セカンド、ショートの選手でも年齢を重ねるとサードやファーストに回ることが多いからだ。そんな中でセカンドを選ぶと荒木になるだろう。40歳になるシーズンでも71試合でセカンドを守り、.994という高い守備率をマークしている。またこの年に5盗塁をマークしており、年齢を重ねてもそのスピードはさすがというレベルだった。

 ショートは荒木と長くコンビを組んだ井端を選んだ。巨人移籍後は坂本勇人がいたこともあって他のポジションを守ることが多かったが、40歳となるシーズンもショートで11試合に出場している。この年が現役最後のシーズンとなったが、同級生である高橋由伸の引退と監督就任に伴ってのものであり、まだ余力を残しての引退という印象が強かった。

 40代でキャリアハイに近い数字を残したのがサードの宮本だ。41歳になるシーズンで開幕からヒットを量産し、4月には初の月間MVPを受賞。シーズン終盤まで成績を落とすことなく打率3割をクリアし、ベストナインとゴールデングラブ賞を同時に受賞している。ちなみにこの年宮本の失策はわずか1で、守備率.997は三塁手としてNPB最高記録である。ショートとして名手として知られるが、サードに回ってからもその高い守備力は健在だった。

 外野手は遅咲きの強打者三人が並んだ。金本は32歳となるシーズンでトリプルスリーを達成しているが、本当の全盛期は阪神に移籍した35歳以降だった。37歳となるシーズンで打率.327、40本塁打、125打点と打撃3部門でキャリアハイをマーク。そして40歳となるシーズンでも打率3割、100打点をクリアした。山本浩二も30歳を過ぎてから初めてホームランが40本を超え、37歳のシーズンでもホームラン王を獲得。40歳のシーズンを最後に引退したが、最後まで4番打者として十分な働きを見せた。

 そして遅咲きぶりでは和田が際立っている。初めて規定打席に到達したのが30歳になるシーズンで、そこから通算2050安打を積み上げた。38歳となるシーズンで打率.339、37本塁打、93打点と打撃3部門でキャリアハイの成績を残し、MVPにも輝いた。その後、統一球の影響とフォームの改造で成績を落としたが、40歳を過ぎても勝負強い打撃でチームを牽引した。(文・西尾典文)

●西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。