かつてイチローの活躍を受けて松井秀喜や松井稼頭央、福留孝介、岩村明憲ら日本人打者が続々とメジャーに移籍したように、MLBの海外選手獲得にもブームというものは存在する。それは定期的に大量のメジャーリーガーを輩出しているドミニカ共和国やベネズエラは別として、韓国やキューバも例外ではない。



 特にキューバ出身の選手たちは2010年代前半から多くのスター選手が祖国から亡命してMLB球団との大型契約を実現。その象徴ともいうべき存在が2013年にドジャースでメジャーデビューしたヤシエル・プイグだった。※以下、文中の日本円の金額は現在の為替レートで計算

 プイグは2012年にドジャースと7年総額4200万ドル(約45億円)で契約。翌年6月にメジャーデビューすると、いきなりルーキーのデビュー月としては歴代2位となる44安打をマークするなど走攻守の揃った大型外野手として活躍し、最終的に104試合で打率3割1分9厘、19本塁打、42打点、11盗塁と立派な成績を残した。

 その後は素行の悪さや故障もあってやや伸び悩んだ感はあるが、レッズとインディアンスでプレーした昨季も含めて3年連続で20ホーマー以上を放つなど、7年間で打率2割7分7厘、132本塁打、415打点、79盗塁に守備面での貢献度も含めれば、平均年俸600万ドル(約6億4000万円)の選手としては十分に働いたと言っていいだろう。

 プイグより1年早い2012年にメジャーデビューしたヨエニス・セスペデスは、アスレチックスと4年総額3600万ドル(約38億円)で契約。契約年数や総額ではプイグより下だが平均年俸では上回り、活躍の度合いも負けていない。球宴ホームランダービーを2連覇したほか、4年間で通算128本塁打、467打点をマークし、大型契約に見合った活躍を見せた(16年オフにメッツと4年1億1000万ドル(約117億円)で契約後は相次ぐ故障で残念なシーズンが続いているが……)。

 プイグがメジャーデビューした2013年のオフには、ホセ・アブレイユがホワイトソックスと6年総額6800万ドル(約72億円)で契約。翌年には打率3割1分7厘、36本塁打、107打点と文句なしの活躍で新人王に選出されたほか、4度の年間30本塁打以上、5度の100打点以上を記録し、昨季は123打点で打点王に輝くなど、6年間で打率2割9分3論、179本塁打、611打点をマークして現役屈指のスラッガーとしての地位を確立した。

 彼ら以外にも昨季のア・リーグ本塁打王ホルヘ・ソレア(2012年にカブスと9年総額3000万ドル(約32億円)で契約)や、日本のDeNAでもプレーしたユリ・グリエル(2016年にアストロズと5年総額4750万ドル(約50億円)で契約)など、大型契約で成功したキューバ人選手は数多い。とはいえ、日本人でも松井稼や福留が大型契約の期待に応えきれなかったように、キューバ人選手の契約失敗例ももちろん相応に存在する。

 プイグの成功で味を占めたドジャースは2013年オフ、後に日本の中日と巨人でもプレーするアレックス・ゲレーロと4年総額2800万ドル(約30億円)で契約。しかしゲレーロは故障もあって2年目の2015年に106試合に出場して11本塁打を放ったのが目立った程度で、2016年途中には契約を1年以上も残しながら戦力外となって放出された。通算117試合出場で52安打、ヒット1本あたり53万ドル(約5600万円)はドジャースにとって高い買い物だった。

 ドジャースはゲレーロと同じ2014年にメジャーデビューしたエリスベル・アルエバルエナでも痛い目を見ている。キューバ代表の正遊撃手という実績が評価されて5年2500万ドル(約27億円)で契約したアルエバルエナだったが、素行不良でチームから長期の出場停止処分を受けたことなどもあってメジャーでは1年目に22試合出場したのみ。通算8安打で終わったので、ヒット1本の単価は驚愕の312万ドル(約3億3000万円)という異を唱えようもない大失敗契約だった。

 レッドソックスが2014年8月に7年総額7250万ドル(約77億円)で契約したルスネイ・カスティーヨも期待外れのキューバ人選手として有名。シュアな打撃と俊足が魅力の外野手として契約から1カ月足らずでメジャーデビューすると10試合で打率3割3分3厘、2本塁打、3盗塁と活躍してみせたまではよかった。ところが翌15年はレギュラーに定着しきれず80試合の出場にとどまり、2016年に9試合出場して以降はマイナー暮らし。3Aではまずまずの結果を出しているが今年で33歳という年齢からも上がり目は望み薄で、このまま通算83安打で終わればヒット1本あたり87万ドル(約9000万円)ということになる。

 上記の失敗した選手に比べれば、2014年オフにダイヤモンドバックスと6年総額6850万ドル(約73億)で契約したヤスマニ・トマスはまだ頑張っているほう。メジャーデビューした2015年は118試合で9本塁打と適応に苦しんだが、翌16年には140試合で31ホーマーと長距離砲としての実力を示した。ただし2017年は故障で47試合の出場どまり。2018年1月には無謀運転で逮捕されるという大失態をグラウンド外で起こしている。ちなみに通算48本塁打なので、1本塁打あたりのコストは143万ドル(約1億5000万円)だ。

 こうした数々の失敗を経て、メジャーでのキューバ・バブルは終息に向かった。ちなみに今年1月にはホワイトソックスがメジャーデビュー前の有望株ルイス・ロバート外野手と6年総額5000万ドル(約53億円)で契約しているが、これはキューバ出身だからという意味合いは薄い。

 今年で23歳のロバートはキューバ代表歴はあるものの目立った実績はないまま亡命。ホワイトソックスとの契約も最初は2017年のマイナー契約だった。しかしロバートは昨季3Aでの47試合で16ホーマーを放つなど高い将来性を示し、MLB公式サイトの若手有望株ランキングでも全体3位の評価を得た。

 ホワイトソックスは昨年もメジャーデビュー前のイーロイ・ヒメネス外野手と6年総額4300万ドル(約46億円)で契約。ドミニカ共和国出身のヒネメスは昨季に122試合の出場で打率2割6分7厘、31本塁打、79打点と期待に応えており、球団としてはロバートもヒメネス同様に数年後により大型の契約を結ぶことを避けるためにメジャーデビュー前のタイミングで長期契約を結んだに過ぎない。たまたま彼がキューバ出身だったというだけの話だ。

 もっともロバートや、昨季にアストロズでメジャーデビューして87試合で27本塁打を放ったヨルダン・アルバレスのように若いキューバ人選手の活躍が相次げば、かつてのプイグたちのような実績あるスター選手との大型契約という形ではなく、青田買い的にキューバの若手選手の人気が高まることはあり得る。

 キューバから亡命せずともメジャーでプレーでの可能になるようにメジャーリーグ機構とキューバ野球連盟の間で2018年12月に締結した協定は、トランプ米大統領が却下したと2019年4月に報じられた。キューバ人選手のメジャー移籍が今後はどのような形になるかは定かではないし、そもそも新型コロナウイルスの影響でメジャーリーグはまだ開幕のめどが立っていない。

 1994年からシーズンをまたいでストライキが続いて以来の苦境にあるメジャーリーグだが、ストライキ明けの95年にメジャー人気復活にひと役買ったのは日本からメジャー移籍を果たしてトルネード旋風を巻き起こした野茂英雄だった。もしかしたらコロナ明けのメジャーリーグを救うのは、ロバートのような若いキューバ人選手たちかもしれない。ともあれ、出身国問わず新たなスター誕生を見届けられるような日々が一刻も早く訪れることを願うばかりだ。(文・杉山貴宏)