50年に及ぶ格闘人生を終え、ようやく手にした「何もしない毎日」に喜んでいたのも束の間、突然患った大病を乗り越えてカムバックした天龍源一郎さん。2月2日に迎えた70歳という節目の年に、いま天龍さんが伝えたいことは?今回は「ペット・動物」をテーマに、飄々と明るく、つれづれに語ります。



* * *
 動物番組をよく観るけど、やっぱりライオンは百獣の王というだけあって、貫禄があっていいね。そして、その百獣の王にちょっかいを出すハイエナもいい根性をしているよ。ライオンを相手にチームで襲ったりして、インディー団体のややこしいレスラーみたいだね。誰とは言えないけど(笑)。

 さて、ペットと動物か。ペットといえば、嶋田家では猫を飼っていたことがある。俺は動物は嫌いではないけど、相撲部屋にずっといたり、プロレスで日本全国を回っていたりで、飼える環境ではなかったんだよね。それが結婚して、娘が生まれて何年かしたころ、大阪で後援してくれている人に「子猫が生まれたんだけど、引き取り手がいなくて困っている」と相談されたんだ。後援者ともその場で盛り上がってしまい、娘もまだ小さいし情操教育にもいいかと思って、大阪から新幹線で猫を連れて帰ったんだ。娘は動物に興味があったようだけど、すばしっこい動きをする猫を最初はずいぶん怖がっていたよ。

 我が家にやってきた猫はオスで、トムと名付けた。トム=富で、お金が俺のところに来るようにというよこしまな考えでつけた名前だ(笑)。そのおかげか、その後にメガネスーパーが立ち上げる新プロレス団体のSWSの話がきたりして、なかなかお金を運んでくれた招き猫だったよ。そうして飼い始めてしばらくしてから、女房が「オスだからお嫁さんがいた方がいいでしょ」と言うから、ペットショップでメスの猫を買ってきてミミと名付けた。やがて、トムとミミの子どもが生まれてべべと名付けられ、嶋田家の猫は3匹になった。生まれたほかの子は、知り合いの家に里子に出して、本人(猫)やその子孫が日本だけでなく、韓国やハワイにもいったんだよ。

 家族のためと思って飼ったのはいいが、トイレの掃除やエサの買い出しは俺の役目になってしまった。3匹もいるとトイレの掃除が大変なんだよ。それを毎朝俺がやって……。女房や娘にやらせてもいいんだけど、一番朝早く起きるうえに、きれい好きなもんだから、俺がやらざるを得ないんだよ!これは大変だったね。家族がもっと協力してくれると思ったが!(笑)

 まあ、それでも家に猫がいると、気持ちにワンクッションできて心が和むし、うちの猫は賢くてかわいかったよ。特にトムは賢かった。ある日、テーブルの上に晩ご飯の魚を置いていたら、猫の本能なのか、それを盗ってバーッと逃げていった。俺も自分の飯を盗られたもんだからカーッとなって追いかけて、部屋の隅に追い詰めたんだ。そしたらトムは俺に向かってガーッと威嚇してきてさ……。あまり追い詰めるとかわいそうだと我に返って、そこでやめたんだけど、トムはこのことをずっと忘れなかった。俺のベッドだけにおしっこをしやがった!俺の匂いがするから知っててやっているんだよ。女房や娘の性格がうつったのか、ジャンボ鶴田よりもしぶといやつだ!(笑)

 しかし、そんな猫たちも別れなければならなくなってしまった。嶋田家が引っ越しをしなければならなくなり、あちこち物件を探したんだけど、当時はどこもペットがダメでね……。「なんで猫がダメなんだ!」って怒ったけど、やっぱり動物の匂いはつきやすいからね。しょうがないから、知り合いに引き取ってもらったり、ペットショップにお願いして里親を探してもらったりして、どうにか新しい飼い主を見つけたよ。嫌々手放すことになって、すごく辛かったし、いい加減に試合放棄をしたような罪悪感があったなぁ。ただ、幸いにも猫たちはその後も長生きしてくれて、娘もよく会いに行っていたようで、幸せに過ごしていたようだ。

 ペットを飼ったのはそれが最初で最後。こんなに無意味に手放すんだったらもう飼うのをやめようと思ったよ。それに、家族がもっと世話してくれるかと思ったらしてくれないから! 

 ただ、犬、ドーベルマンは飼ってみたいと思ったね。飼い主に忠実で強いだろう。そう思ったのは俺が60歳を超えて衰えを感じ始めたときからだ。つまり強い用心棒がほしくなったんだな(笑)。ただね、おじいちゃんが犬に引っ張られて散歩しているのを見たときに「これがドーベルマンだったらヤバイな」と思って、少しテンパった俺もいる……。まあ、飼うのが実現するかはわからないけど、夢ではあるね。ただ今はマンション暮らしで、ドーベルマンを飼うならは一軒家じゃないとな。さすがに嫌だろう、マンションにドーベルマンがいたら(笑)。

 犬と言えば俺の相撲時代、当時絶好調だった横綱・大鵬関が後援者から犬をプレゼントされて飼おうとしたことがあった。ところが二所ノ関部屋は屋上にお稲荷さんをまつっていて、親方が「うちの鎮守様はキツネ、お稲荷さんだから、犬とは合わない。飼ってはダメだ」って言ってね、大鵬関もあきらめたんだ。今となってはわかるけど、当時15〜16歳だった俺は「なんでこんなことにまでこだわるんだ。別に飼ってもいいだろう」と思ったね。親方は頑として許さなかったし、当時勢いのあった大鵬関もすんなり親方の言うことを聞いたもんだよ。

 師弟関係っていうのはやはりすごいもので、大鵬関も親方に反発したことは……、1回だけあったな。大鵬関が横綱になって上り調子のとき、稽古場に40〜50人もファンが見学に来るんだ。当時は弟子がふがいない稽古をしていると、親方が竹刀で尻を叩いていて、それは横綱の大鵬関も例外ではなかった。そんな稽古が終わった後、大鵬関が親方のところに行って「親方、俺も横綱になったんですから、ファンの前で尻を叩くのはやめてください」と言ったんだよ。そしたら親方も「ああ、そうか。それもそうだな、わかった」って、それ以来竹刀で叩くのをやめた。親方にそんなことを言う大鵬関もすごいし、それを認める親方も懐が深い。まあ、小さかった部屋が大鵬関の活躍でビルに建て替えられたといのも多少はあったかもね……(笑)。

 俺が競馬好きだから馬も好きなんじゃないかって? そうだなあ、競馬はもともと当たったときの快感と思わぬ身銭が入ってくるのが嬉しくてやっていたからな。ただやっているうちに、厩務員さんが競走馬をピカピカに磨いているのを見て、そんな気持ちで競馬を見ていた自分が恥ずかしいと思うようになったね。それから、血統とか、そっちの方にも興味が変わっていったんだ。血統を見て、走っている馬が自分が若い時に金が無くて必死に買っていた馬の子だと分かると感慨があるねえ。

 競馬新聞も面白くてね。読んでいると「馬主、北島三郎」って書いてあったりして「演歌歌手の北島さんも馬を持ってるんだ」と知ったり、前川清さんも馬を持っているんだなって知るわけだ。北島さんの馬はずっと勝てなくて、俺も「なんでまだ馬を持ち続けているんだろう」って思っていてさ、さらに前川さんの馬がG1を取ったときには「北島さんは悔しいだろうな」なんて勝手に同情したりしてね。それが、キタサンブラックで何十億も稼いで、一気に取り返したし、苦労が報われてよかったよ。

 実は俺も一口馬主になったことがあるんだ。その馬は未勝利戦に一度勝っただけで、めっきり勝てなくなってしまって。俺は一口馬主を続けたかったんだが、家族がダメって言うもんでそれ以来やっていないよ。北島さんはずっと続けて成功を手にした一方で、俺は金が続かなかった……。

 馬にまつわる思い出もあって、今でも覚えてるのが俺が子どもの頃の親父の姿だ。当時はまだスバル360も走っていない時代だったけど、親父は農耕馬に乗って、バス停の停車場まで迎えに来てくれたりして、その姿をカッコいいなと思ったね。うちは福井の田舎で、耕運機がまだ高くてなかなか買えない時代だから、馬も大切な労働力だったんだね。俺が5歳くらいまでは各農家の納屋には馬がいたもんだ。だから親父も馬を持っていたんだけど、乗っているのは親父くらいだったよ。そんな光景を覚えているからか、俺も一度は馬に乗ってみたいね。馬は乗る人を見るし、乗ったときに馬がどういう人間か感じるらしい。天龍源一郎を乗せたら馬がどうなるか、やってみたいね。舐められるかもしれないな(笑)。

 まあ、俺のペットや動物にまつわる話はこんなところだ。そういえば、ほかのプロレスラーが動物好きでなにかを飼っていたなんて話は俺の周りでは耳に入ってこなかったね。馬場さんやジャンボが犬や猫を飼ったって話は聞いたことがない。全日本のプロレスラーは冷たい奴が多いんだろうね。あ、これはちゃんと書いといてよ!(笑)。

(構成・高橋ダイスケ)