指導した北島康介選手、萩野公介選手が、計五つの五輪金メダルを獲得している平井伯昌・競泳日本代表ヘッドコーチ。連載「金メダルへのコーチング」で選手を好成績へ導く、練習の裏側を明かす。第25回は、五輪本番で選手にかけた言葉について。



*     *  *
 コーチングの仕上げといえる五輪本番で、レースに向かう選手にどんな言葉をかけるか。不安や迷いが生まれないように、勝利が確信できる言葉を選びます。

「勇気を持って、ゆっくり行け」。2008年8月、北島康介が58秒91の世界新で2連覇を遂げた北京五輪男子100メートル平泳ぎ決勝の前に、伝えた言葉です。

 前々回に書いたアレクサンドル・ダーレオーエン(ノルウェー)らとの激戦を制し、直後のインタビューで北島が「何も言えねえ」と感極まった場面を覚えている方も多いでしょう。

 準決勝は勢いのあるダーレオーエンがブレンダン・ハンセン(米)の持つ世界記録に0秒03と迫る59秒16でトップ。スタートを失敗した北島は59秒55で2位通過でした。

 それでも焦りはありませんでした。前年の秋から続けた腕のかきの強化が実を結び、五輪前の練習で58秒台の世界新を出す手応えをつかんでいました。

 決勝前、まずこれまでの歩みを話しました。教え始めた中学2年から、100メートルで前半から突っ込めとか、200メートルでストローク数を減らせとか、指導のほとんどは「勇気を持て」ということだった。200メートルでテンポを落としてあれだけ伸びる泳ぎは、スピードが落ちるのが怖くて普通はできないぞ。そんな難しい課題を乗り越えて、ここまで来たんじゃないか、と。

 さらに「ゆっくりかいても速い」というトレーニングの成果が出ていることを話しました。北京五輪の目標は100メートルと200メートルで世界新を出して2連覇を果たすこと。そのためにキック中心だった泳ぎから腕のかきを強化して、「四輪駆動」を目指しました。

 五輪前年までは手を内側にかきこむときに急激に力を入れて加速していました。それを必要な力を水に当てながら大きくかく泳ぎに変えました。肩甲骨をうまく連動させて背中の大きな筋肉を使って水をとらえることができるので、ゆっくりかいても進むのです。

 五輪代表選考会の4月の日本選手権は200メートルで自己の日本記録を5年ぶりに更新し、高速水着と言われたレーザー・レーサーを着た6月のジャパンオープンでは200メートルで史上初めて2分8秒を切る2分7秒51の世界新を出しました。

 その後の高地合宿で100メートルでも背中を大きく使えるように、早くかきすぎず水をしっかりとらえるトレーニングができている。だから勇気を持って、ゆっくり行け。

 決勝のシミュレーションも伝えました。スタートしたら前に出ていて、50メートルはほぼ同時。ターンして浮き上がったら前に出る。接戦になるけれどリードを保てるから、絶対にテンポを上げるな──。

 想定通り、決勝で北島は「大きく大きく」と思いながら泳ぎ、ターン後もあわてない。残り15メートルのコースロープの印が見えたとき、「こんなに楽なのにもう85メートルまで来たのか」と思ったそうです。

 北島は今年の週刊朝日のインタビューで北京五輪の「勇気を持って──」のアドバイスについて聞かれ、「あの一言で、肩がすっと落ちた。一つの言葉で泳ぎが変わった。自分のベストレース」と振り返っています。私にとっても北島の度胸の良さと冷静さが強く印象に残るレースでした。(構成/本誌・堀井正明)

※週刊朝日  2020年7月3日号