西武、オリックスの監督を歴任した伊原春樹氏は、1980〜90年代の西武黄金期に、三塁コーチとしてリーグ5連覇に貢献。87年の巨人との日本シリーズでは、2死一塁で秋山幸二の中前安打の直後、センター・クロマティの緩慢な返球を見越して、一塁走者の辻発彦を本塁に突っ込ませた“伝説の走塁”の仕掛け人として知られている。

 また、“鬼軍曹”と恐れられたスパルタ指導や歯に衣着せぬ“伊原節”、携帯電話不要論、激辛カレー好きなどなど、グラウンドの内外で話題を提供している。

 中でも、巨人ヘッドコーチ時代に楽天・野村克也監督と繰り広げた足掛け2年にわたる“ルンバ騒動”は、“伊原伝説”を語るうえで欠かせないエピソードである。

 2008年5月29日の楽天戦(東京ドーム)。2点を追う巨人は9回2死一塁から矢野謙次が盗塁失敗でゲームセット。守る側は、一発長打だけを気をつけて「打者勝負に専念」の場面だから、二盗を許しても大勢に影響はない。ファースト・リックも一塁ベースから離れて守っていた。

 ところが、そんな走者有利な状況にもかかわらず、矢野は二塁でタッチアウト。点差を考えれば、無理に走る必要はなかったのだが……。試合後、野村監督も「バッカじゃなかろかルンバ♪」と鼻歌を口ずさみ、「巨人は面白い野球をするね」と皮肉った。

 ちなみに「バッカじゃなかろかルンバ」とは、「昭和枯れすすき」のヒットで知られる演歌デュオ・さくらと一郎が06年に発売したシングル盤「平成枯れすすき」のカップリング曲である。

 この“ルンバ発言”に噛みついたのが、伊原コーチだった。「ウチの(原辰徳)監督を侮辱するな」と激怒し、野村監督を「選手が成功すれば自分の手柄にし、失敗すれば責任を他人へ押しつける。年寄りだから仕方がない。考えを正す、思い直すということをしないのだろう」と口撃。

 さらに4月11日のオリックス戦で、尿意を我慢できなくなった野村監督がトイレに立っている間にサヨナラ勝利が決まった珍事まで槍玉に挙げ、「(野村監督を)敬ってるけどさあ。小便ちびって決勝打を見なかったなんて、叩かれるだろ。年寄りだから許されるんだよ」とからかった。

 野村監督も負けていない。翌日、「あの場面は120パーセント、歩いて(二塁へ)行けるようでなければな。そう思ったから言ったんだ。深い意味はない。原(監督)の指示ではないというのは、わかったんだよ。伊原が行かせたのなら、なお納得だ」と説明。「阪神のとき(1軍守備走塁総合コーチ)もメチャクチャしよった。『盗塁だけは僕に任せてください』と言うから任せたら、出たランナー、みんな走らせる。参ったよ」とやり返した。

 売り言葉に買い言葉とはいえ、阪神時代のことまでこき下ろされた伊原コーチは、この屈辱を忘れなかった。翌09年、交流戦で因縁の楽天に4戦全勝すると、「一字一句漏らさず書けよ」と報道陣に念押ししてから、「野村監督様。今年の交流戦は4連勝させていただき、ありがとうございます。これもひとえに『ノムラの考え』のお蔭でございます。昨年頂いたお言葉は非常に参考になりました。今日は1年間お預かりしていた、あのお言葉をそっくりそのままお返しさせていただきます。バッカじゃなかろかルンバ♪」と“ルンバ返し”で溜飲を下げたのだ。

 ネット上では「おとなげない」などの声も出たが、発言の真意は、1年前、野村監督にバカにされた走塁面で、相手の隙をつく積極果敢な走塁を見せ、進歩した成果を十分見せつけたことにあったようだ。

 1年もかけてリベンジの機会を狙っていた伊原コーチのしつこさを、野村監督は「オレに対する敵対心だよ。オレにやられるから腹が立つ。非常にいい(敵対)関係だよ」と評したが、実は両者の“いい関係”は、伊原コーチの西鉄選手時代にまで遡ることができる。

 72年5月3日の南海戦(大阪)、7番サードでスタメン出場した伊原は、2回に村上雅則の内角直球を左越えに先制ソロ。すると、2打席目で捕手の野村がささやいてきた。「おい、さっきは狙っていたんかい?もういっちょ行くか」。その言葉を真に受け、内角直球に的を絞ってバットを出したところ、なんと、外角への変化球。辛うじて当てたものの、二ゴロに打ち取られた。3、4打席目も無安打に抑えられ、チームも逆転負け……。野球少年時代は南海ファンで、野村にファンレターを出したこともあるという伊原だが、皮肉にも憧れの人からプロの厳しさを思い知らされたのである。

 その後、2人は79年に西武でチームメートになり、20年後、阪神の監督に就任した野村氏は、前出のとおり、伊原氏をコーチに迎えたが、わずか1シーズンでコンビ解消……。野村氏は「彼は自分で手柄をたてたい、自分が注目されたいという思いばかりが強いように、私には感じられた」(「プロ野球奇人変人列伝」詩想社)と批判し、伊原氏も14歳年長の野村氏に対し、一歩も引かず舌戦を挑みつづけた。

 野村氏が本心から伊原氏をこき下ろしていたのか、それとも愛情の裏返し的な部分もあったのか、今となっては知る由もないが、この“エール交換”の結果、ルンバは「ヘボ采配」を意味する隠語になった。(文・久保田龍雄)

●プロフィール
久保田龍雄/1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2019」(野球文明叢書)。