『ビッグマウス』『言行不一致』

 自分の思ったことを口にし、目立つ人ほど敵を作りやすい。我々の日常生活にも当てはまるが、常に結果を求められるアスリートほど、この2つの言葉で批判される人たちもいない。



 楽天・オコエ瑠偉、日本ハム・斎藤佑樹の2人はプロ入り後、互いに『ビッグマウス』発言で、度々ファンたちから叩かれてきた。

 今や現代の球界を代表する『アンチヒーロー』といってもいい。注目が集まれば集まるほど、どうしても“強気”な発言は攻撃の対象となってしまう。

 だが、楽天・オコエ瑠偉は自分の思いを発信することを恐れない。最近ではスポーツ界のみならず、日本全体に一石を投じる発言をした。

「外人なんて高校野球で使うんじゃない。甲子園には黒人は出るな」

 ナイジェリア人の父親と日本人の母親を持つオコエ。肌色の違いを原因に受けた周囲からの心ない言動を、自身のツイッター上で打ち明けた。

 今回の書き込みは、世界的に問題になっているマイノリティ(人種的少数者)差別への抗議。米国での一連の出来事から始まった世界的な動きに対してオコエも自ら声を上げた。しかしこれは過去の屈辱を自ら掘り返すことでもあり、本人も辛かったに違いない。

「経験があるからこそ、悔いないように生きようと思うし、良くも悪くも今となってはちょっとやそっとのことじゃ動じなくなった」

 このオコエの様々な経験や思いを綴ったツイートには大きな反響が寄せられ、多くの激励、そして20万近い『いいね』がついた。

 同時に、いつものような批判も寄せられた。

「野球で結果を出してから言え」「口だけでなく行動で示せ」

 好き嫌いの多い選手ではあるが、今回の件に関してまで、少なくない数の批判の声が上がったのには驚かされた。

 オコエはファンの数以上に『アンチ』が存在する。

 確かに本業の野球では周囲を納得させるような成績を残せていない。加えて、プロ入り後の疑問符がつくような行動などから批判的な人もどうしても増えてしまう。

 オコエの場合、楽天入団直後から度肝を抜くような発言も多かった。

「遅くてもFA権取得までには、メジャーに行けるような選手になりたい」

 ドラフト指名時から壮大な未来予想図を公の場所で語っていた。そして入団時の背番号「9」(今年からは背番号「4」)は、トリプルスリーを意識しており、自ら希望したというのも有名な話だ。

 その後も年俸を超える高級車を購入したと思えば、キャンプ前の1月にガールフレンドとのハワイ旅行が発覚したりと、何かとグラウンド外での話題も多い。17年オフに参加したメキシコ・ウインターリーグでは「(自分の想定と)違っていたので、日本でしっかり練習したい」と予定を繰り上げて帰国したこともあった。

 毎年のようにキャンプ、オープン戦では好調だが、シーズンに入ると活躍できなくなる。プロ5年目の23歳は大卒ルーキーと同じ立ち位置。言い訳できない時期に入ってきてしまったのは間違いない。

 忘れてはならない男がもう1人、日本ハム・斎藤佑樹だ。

 高校時代、夏の甲子園で田中将大(現ヤンキース)擁する駒大苫小牧と引き分け再試合を演じた時は『ハンカチ王子』として社会現象を巻き起こした。そんな斎藤も今年で32歳。毎年のように「戦力外か?」と騒がれるようになったが、10年目のシーズンを迎えることができた。

 斎藤の場合も、発する言葉で何かと話題を提供してくれる。

 国民的スターとして高校卒業を迎えた時の発言はかわいいものであった。しかし大学入学あたりから発言は過激さを増して行く。

「自分が調子が悪くても抑えられる大学野球のレベルに萎えたのは事実」

 早稲田大時代の実績から考えれば、自然に出た言葉なのだろう。

 また「早稲田という最高のブランドを背負ってやっていきたい」と後に発したのをみても、強烈なプライドを持っていたのがわかる。

 プロ入り後も強気のトーンはまったく変わらない。

「いまは『持ってる人』ではなくて、背負ってます」
「20年で200勝したい」
「50歳まで現役でやりたい」

 甲子園優勝や大学日本一を達成した時代ならともかく、プロではまったく実績を残せていない。多くの“強気発言”が悲しく感じてしまうほどだ。

 たしかにプロの世界は「結果がすべて」ではある。最近では『ビッグマウス』発言をしようものなら、SNSを中心にネットで袋叩きにあってしまうような時代にもなった。

 しかし、競争力の激しい日本の野球界でプロになるような選手は生まれ持った才能に加え、そこにたどり着くまでに相当な努力を重ねてきたのは間違いない。そんな選ばれし人たちなのだから、選手としての野望や自信を大いに語るのは「アリ」なのではないか。

 かつてオリックスに在籍した川口知哉は、京都・平安高時代に「完全試合を達成します」と宣言して注目を浴びた。

 入団時には「背番号は投手なので10番台が良い。僕をいつから1軍で使うのか、監督に聞いてみたい」などとも発言した。

 97年ドラフト1位指名された甲子園準優勝左腕は、プロ通算9試合登板0勝でユニフォームを脱いだ。成績だけみれば期待外れだったが、今でも記憶に残り話題となることもよくある。『ビッグマウス』には自身への重圧を高め、批判されるリスクも伴う。無理にする必要ももちろんない。だが、注目を浴び、野球界を盛り上げるという意味では、自然に発せられる『ビッグマウス』はむしろ歓迎すべきではないか。

 そして今年、またおもしろい若者がプロの世界に入ってきた。

「新人王を獲る。本塁打は30本くらい」

 中日のドラフト1位の石川昂弥(東邦高)が入団時に語った。これくらいの威勢があった方がおもしろい。キャンプから「次世代のミスタードラゴンズ」とまで言われる逸材。今後カベにぶつかることもあり、批判する人も出てくるだろう。しかしそれを打ち破る姿に、多くのファンは惹きつけられる。

 新型コロナウイルス禍など、先行き不安だらけの世の中。ストレスを抱えている人も多い。目立つ人々に対する不平不満をぶつける様子がいたるところで見受けられるもの事実だ。

「叩かれても無視されても、見返すその日まで」

 AKB48に『アンチ』という楽曲がある。推しメンの数で生き残れるかどうかが決まる熾烈な世界を歌っている。まさに言い得て妙、スポーツ界も違いはない。

 オコエや斎藤など、尖った選手たちには『アンチ』を大きなパワーに変えて見返して欲しい。そしてファンたちも選手が発する『ビッグマウス』には「できるものならやってみろ!」と余裕を持って楽しむスタンスこそが、よりスポーツ界を盛り上げるのではないか。