新型コロナウイルス拡大の影響で延期されたものの、先月19日に3カ月遅れで開幕した日本のプロ野球。今月10日からは有観客の開催も始まり、徐々にではあるが野球が本格的に戻って来た感もある。



 海の向こうアメリカも、実施する試合数や今季支払われる年俸について、選手会とMLB機構の折り合いがつかず話し合いが難航したが、ようやく現地時間7月23日にシーズンがスタートすることが決まった。※以下、日付は全て現地時間

 だが、アメリカの新型コロナウイルスの感染状況は悪化の一途をたどっており、16日時点で世界最多となる350万人以上の感染者が確認されている。現在カブスでプレーするダルビッシュ有も、コロナ禍が広がる中での開催に懸念を示したとおり、万全な状態での開幕とは程遠い状況にあるのが現状だ。

 日本でもシーズン前に、阪神の藤浪晋太郎や巨人の坂本勇人らがコロナウイルスに感染したが、アメリカでは選手が多いとはいえ、感染した選手の数は日本とは比べものにならない。10日時点に確認されただけで、その数は71人に上るとMLBは発表している。

 その中には、2017年にナ・リーグの首位打者となったチャーリー・ブラックモン外野手(ロッキーズ)や、球宴に4度選出のフレディ・フリーマン一塁手(ブレーブス)など各チームの主力も含まれる。11日には名門ヤンキースの守護神を務めるアロルディス・チャップマン投手、14日には日本人プレイヤーの平野佳寿投手(マリナーズ)の陽性も報じられ、開幕が近づいている一方で、「本当に始めていいのか?」と不安が高まっているのは否定できない。

 事実、ウイルスが蔓延する中でのプレーに難色を示し、今シーズンは試合に出場しないことを決めた選手は多い。これまでに、マリナーズ時代にイチローとプレーしたことで日本でも有名なフェリックス・ヘルナンデス投手(ブレーブス)、サイ・ヤング賞の受賞歴もある左腕デービッド・プライス投手(ドジャース)、2012年にナ・リーグのMVPに輝いたバスター・ポージー捕手(ジャイアンツ)などが今季は出場しないことを発表している。

 他にも実績のある選手の名前も見られ、シーズンの行方にも大きな影響を及ぼしそうだ。だが、プレーしないことを選んだ選手の多くは、家族の健康に及ぼす影響に配慮するのが理由ということもあり、ライアン・ジーマーマン一塁手らが辞退を表明したナショナルズのマイク・リッゾGMは、選手の決断を尊重するコメントを残している。

 また、審判員の中にも今季は活動しないことを表明している人もいる。『MLB Network』のジョン・ヘイマン氏によると、ここまで70人いるメジャーリーグの審判員の中で11人が辞退を決断。今シーズンは60試合と大幅に試合数が縮小されたものの、限られた頭数で試合を開催しなければならなくなった。今季はマイナーリーグが全試合中止となったことから、人数合わせは可能と見られているが、審判のレベルも高水準を維持できなくなるのは濃厚だろう。

 そんな環境の中で行われるシーズンに、ファンも様々な意見を持っているようだ。『Yahoo! Sports』が、今季プレーしないことを決断した選手について報じた記事に対しては、以下のようなコメントが書き込まれていた。

「多くのプレイヤーが試合に出場しないことを決めたことで、何人かの選手にとってはメジャーでプレーする大きなチャンスになるだろうね。今季は控え選手の試合を観るような感じになるかもしれないけど、彼らが感染することがなければ、今シーズンの開幕には大賛成だ」

「ダッグアウトや、ブルペンでソーシャルディスタンスを確保するのは無理だよ。MLBの試合を開催することは、コロナウイルスの拡大を後押しすることになるだろう」

「(感染拡大が著しい)アリゾナや南カリフォルニア、フロリダ、テキサスの状況を目の当たりにした。仮に開幕しても、本当にシーズンを最後までやり切ることが出来るか、とても疑わしいよ。アリゾナ、フロリダ、テキサスの知事は健康問題を度外視した決断をするなんて、無責任だ」

「これは選手が決断したことだし、みんなそれをリスペクトする必要がある。簡単な判断ではない。選手によっては、家族の健康や自分自身の方が、野球より重要だからね」

 様々な意見が書き込まれたが、最後までシーズンが行われるか「疑わしい」というコメントも多数見受けられた。長距離の移動が伴うメジャーリーガーたちは、他の選手やスタッフと行動をともにすることが多く、感染リスクが高いのではないかとの懸念もある。シーズン中に陽性反応が出る選手も確実に出てくるであろう。加えて、法律やルールが違う州をまたぐこともあり、開幕後に多くの問題が噴出することも心配され、不安な点は少なくない。

 異例中の異例の環境下で行われる今季のメジャーリーグは果たしてどうなるのか。今季は筒香嘉智(レイズ)、秋山翔吾(レッズ)、山口俊(ブルージェイズ)の3人が新たに海を渡った。他にもすでにメジャーでプレーする日本人選手も多い。猛威を振るうコロナ禍の中で、彼らが最後まで健康を保ちシーズンを戦い切ることができるのを願うばかりだ。