夏の甲子園大会は中止となったものの全国各地で代替大会が続々と開幕しており、高校生ドラフト候補についても連日報道されている。早くもプロ志望を表明している選手もいるが、指名される可能性が高くても大学に進んで更に高い順位でのプロ入りを目指す選手も毎年存在している。いつプロ入りすれば良いかはその選手によって異なるのは当然だが、プロでの4年間と大学での4年間を経た選手、どちらがレギュラーを獲得している例が多いのか、またどんな傾向があるのかを検証してみたいと思う。



 レギュラーの基準は投手であればシーズン100イニング、もしくは40試合に登板。野手であればシーズン100試合出場とした。そして2008年の統一ドラフト以降で指名された選手で高校卒は5年以内、大学卒は1年目にこの基準を満たした選手を洗い出したところ以下のようになった。また今シーズン基準を満たす可能性が高い選手も予備軍として人数に加えている。

高校卒投手:40人

赤川克紀(2008年ヤクルト1位):4年目に156回2/3登板
八木亮祐(2008年ヤクルト2位):5年目に152回登板
西勇輝(2008年オリックス3位):3年目に130回2/3登板
日高亮(2008年ヤクルト4位):4年目に66試合登板
辛島航(2008年楽天6位):4年目に103回1/3登板
岡田俊哉(2009年中日1位):4年目に66試合登板
菊池雄星(2009年西武1位):4年目に108回登板
今村猛(2009年広島1位):2年目に54試合登板
国吉佑樹(2009年横浜育成1位):3年目に112回2/3登板
西野勇士(2009年ロッテ育成5位):5年目に139回2/3登板
塚原頌平(2010年オリックス4位):5年目に41試合登板
中崎翔太(2010年広島6位):5年目に69試合登板
千賀滉大(2010年ソフトバンク育成4位):3年目に51試合登板
武田翔太(2011年ソフトバンク1位):4年目に164回2/3登板
釜田佳直(2011年楽天2位):1年目に112回1/3登板
上沢直之(2011年日本ハム6位):3年目に135回1/3登板
藤浪晋太郎(2012年阪神1位):1年目に137回2/3登板
大谷翔平(2012年日本ハム1位):2年目に155回1/3登板
若松駿太(2012年中日7位):3年目に140回登板
松井裕樹(2013年楽天1位):1年目に116回登板
田口麗斗(2013年巨人3位):3年目に162回登板
二木康太(2013年ロッテ6位):3年目に116回1/3登板
砂田毅樹(2013年横浜育成1位):4年目に62試合登板
高橋光成(2014年西武1位):2年目に118回登板
高橋純平(2015年ソフトバンク1位):4年目に45試合登板
小笠原慎之介(2015年中日1位):2年目に119回登板
堀瑞輝(2016年日本ハム1位):3年目に53試合登板
今井達也(2016年西武1位):3年目に135回1/3登板
梅野雄吾(2016年ヤクルト3位):3年目に68試合登板
山本由伸(2016年オリックス4位):2年目に54試合登板
アドゥワ誠(2016年広島5位):2年目に53試合登板
種市篤暉(2016年ロッテ6位):3年目に116回2/3登板


予備軍:8人

高橋奎二(2015年ヤクルト3位):今季5年目
寺島成輝(2016年ヤクルト1位):今季4年目
藤嶋健人(2016年中日5位):今季4年目
榊原翼(2016年オリックス育成2位):今季4年目
長谷川宙輝(2016年ソフトバンク育成2位):今季4年目
平良海馬(2017年西武4位):今季3年目
遠藤淳志(2017年広島5位):今季3年目
山本拓実(2017年中日6位):今季3年目


大学卒投手:26人

沢村拓一(2010年巨人1位):200回登板
斎藤佑樹(2010年日本ハム1位):107回登板
福井優也(2010年広島1位):146回1/3登板
塩見貴洋(2010年楽天1位):154回2/3登板
野村祐輔(2011年広島1位):172回2/3登板
藤岡貴裕(2011年ロッテ1位):115回1/3登板
田島慎二(2011年中日3位):56試合登板
益田直也(2011年ロッテ4位):72試合登板
菅野智之(2012年巨人1位):176回登板
小川泰弘(2012年ヤクルト2位):178回登板
則本昂大(2012年楽天2位):170回登板
三嶋一輝(2012年横浜2位):146回1/3登板
大瀬良大地(2013年広島1位):151回登板
西宮悠介(2013年楽天5位):46試合登板
有原航平(2014年日本ハム1位):103回1/3登板
山崎康晃(2014年横浜1位):58試合登板
戸根千明(2014年巨人2位):46試合登板
今永昇太(2015年横浜1位):135回1/3登板
浜口遥大(2016年横浜1位):123回2/3登板
星知弥(2016年ヤクルト2位):110回1/3登板
黒木優太(2016年オリックス2位):55試合登板
東克樹(2017年横浜1位):154回登板
甲斐野央(2018年ソフトバンク1位):65試合登板
上茶谷大河(2018年横浜1位):134回登板


予備軍:2人

森下暢仁(2019年広島1位):今季1年目
橋本侑樹(2019年中日2位):今季1年目


 まず投手だが高校卒が40人、大学卒が26人という結果となった。5年間の猶予がある分、高校卒の方が多くなるのは妥当な結果と言えるだろう。ただ内訳を見てみると、大学卒で条件をクリアした26人のうち1位、2位の上位指名の選手が23人と9割近くを占めているのに対して、高校卒は40人中上位指名が17人と半数以下となっている。4位以下からも辛島、中崎、上沢、二木、山本由伸といったところが早くからチームの中心選手となり、育成選手からも国吉、千賀、砂田、榊原、長谷川と5人が条件に当てはまった。

 入団当時の評価はそれほど高くなくても、いわゆる“大化け”するケースがあるのが高校卒の魅力ということがよく伝わってくるだろう。しかしその一方で1位からチームの看板となった投手は菊池、大谷、松井くらいであり、意外と少ないことも分かる。故障で伸び悩むケースも多く、高校生投手の1位指名はやはりそれなりのリスクがあると言えるだろう。また大学生投手では、即戦力として期待できないと高い順位での指名が難しいということもこのデータから見えてくる。


 続いて野手を見てみたいと思う。


高校卒野手:27人

浅村栄斗(2008年西武3位):3年目に137試合出場
中島卓也(2008年日本ハム5位):4年目に105試合出場
筒香嘉智(2009年横浜1位):3年目に108試合出場
今宮健太(2009年ソフトバンク1位):3年目に126試合出場
西田哲朗(2009年楽天2位):5年目に131試合出場
堂林翔太(2009年広島2位):3年目に144試合出場
山田哲人(2010年ヤクルト1位):4年目に143試合出場
後藤駿太(2010年オリックス1位):3年目に117試合出場
西川遥輝(2010年日本ハム2位):4年目に143試合出場
近藤健介(2011年日本ハム3位):4年目に129試合出場
桑原将志(2011年横浜4位):5年目に133試合出場
大谷翔平(2012年日本ハム1位):4年目に104試合出場
鈴木誠也(2012年広島2位):4年目に129試合出場
北條史也(2012年阪神2位):4年目に122試合出場
田村龍弘(2012年ロッテ3位):3年目に117試合出場
森友哉(2013年西武1位):2年目に138試合出場
若月健矢(2013年オリックス3位):4年目に100試合出場
上林誠知(2013年ソフトバンク4位):4年目に134試合出場
岡本和真(2014年巨人1位):4年目に143試合出場
植田海(2014年阪神5位):4年目に104試合出場
平沢大河(2015年ロッテ1位):3年目に112試合出場
村上宗隆(2017年ヤクルト1位):2年目に143試合出場


予備軍:5人

坂倉将吾(2016年広島4位):今季4年目
鈴木将平(2016年西武4位):今季4年目
清宮幸太郎(2017年日本ハム1位):今季3年目
安田尚憲(2017年ロッテ1位):今季3年目
太田椋(2018年オリックス1位):今季2年目


大学卒野手:11人

伊志嶺翔大(2010年ロッテ1位):126試合出場
秋山翔吾(2010年西武3位):110試合出場
俊介(2009年阪神5位):124試合出場
野間峻祥(2014年広島1位):127試合出場
中村奨吾(2014年ロッテ1位):111試合出場
高山俊(2015年阪神1位):134試合出場
茂木栄五郎(2015年楽天3位):117試合出場
石井一成(2016年日本ハム2位):114試合出場
京田陽太(2016年中日2位):141試合出場
辰己涼介(2018年楽天1位):124試合出場
中川圭太(2018年オリックス7位):111試合出場


 野手は高校卒が大学卒の倍以上という結果となった。大学卒の顔ぶれを見ても、完全にレギュラーに定着できたのは今のところ秋山、中村、茂木、京田の4人だけである。いかに野手の即戦力が少ないかということがよく分かるだろう。また高校卒は育成出身こそいないものの、3位以下で入団した選手が10人と4割近くを占めており、こちらも投手と同様に大化けしたケースは少なくない。

 また投手と違うのは今宮、筒香、山田、森、岡本、村上と1位指名で早くからレギュラーに定着した選手のスケールの大きさだ。2006年高校生ドラフト1位の坂本勇人(巨人)もこのケースに当てはまり、今季出てきた選手では太田椋も続く可能性が十分にある。こう見ると、野手の穴を即戦力で埋めるのは相当難しいということが分かるだろう。

 ここ数年のドラフトを見ていても、高校生野手の1位指名が増加しているが、このデータを見てもその傾向はうなずけるものである。時間がかかると言われていた捕手も田村と森、長距離砲も岡本や村上の出現でプロが高校生を見る目も変わってきているはずだ。将来中心選手が担えるスケールの大きい高校生野手の人気は今後も高くなることが予想されるだろう。(文・西尾典文)

●西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。